大きくする 標準 小さくする
次ページ

2019年06月16日(日)更新

白鳥君来社

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

経営者の勉強会で仲良くなった白鳥君。 しらとりとは読まないで
はくちょうという苗字の白鳥君は自らの持ち物はひとつのカバンのみで
生活ができるといいコンサル業を営む際には委託者は金が無いから頼むので
お金ではなくクライアントの商品と交換するというスタイルであるため
靴もシャツもカバンも車も全部コンサルしたクライアントさんのものだと
言ってました。


そんな彼も同じ勉強会の仲間を通じて一緒に仕事をするようになり
ステイタスが上がったのかお金で対価をいただくスタイルに変更し
自らが買ったジャケットを着て本日は弊社の会社を見学に来られました。

仲間になった会社へ実際に行き自身にインプットアウトプットさせながら
コンサルをしていくことにしているそうです。

以前の私が通ってきた同じような生き方を見ているようで応援したい気持ちで
弊社の取り組みで伝えられることはすべて見てもらいました。

今は自らをコンサルタントとは言わずアクセラレータ(加速請負人)という言葉で自分を表現していこうと
しています。


気づけば昼から夜までずっと弊社に居てくれました。
私がお世話になった方々も思い返せばこのように接してくれてたと思います。
自然と私が白鳥君にできるようになれたのも皆さんのおかげと感じるいい機会になりました。



またおいでね。







   
 

2019年06月15日(土)更新

餅の縁を紡ぐ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

世嬉の一酒造さんへ初めて訪問させていただいたのは
2015年10月07日(水)とブログに記録が残っています。 こちら



今回は被災地へ訪問するにあたり京都のもち専門料理の大将の北村さんを
宮城ECの皆さんの計らいで世嬉の一酒造さんへお連れさせていただきました。
佐藤社長のお母さんは以前に餅の勉強をしたいと実は京都の北村さんのところまで
お邪魔して勉強をさせていただいたということでご縁がつながりました。

また大将の北村さんも30年前に東北へ訪問時に食べたもち料理の資料を探っていたところ
そのテレビで紹介されたお店のレシピを考案されたのがお母さんであったということで
まさに餅が繋いだ縁と言わざるを得ません。


餅を様々な味でいただく餅懐石は本当に美味しいかったです。


見た目も説明もひと手間以上のものが掛けられている。


果報もちの説明を読みながら食べていると


私は萩の小枝が3番目に出てまいりました。

ちょうど今日が食して3日目!


離れていてもつながっているご縁とは誠に不思議なものですが
このような笑顔を見ていますとやはり行動することが大切だなって思いますね。

ますますお元気でいていただきたいと思います。






   
 

2019年06月14日(金)更新

上を向いて歩こう2019

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


東日本大震災が起きてから毎年定点観測に宮城県南三陸町へ訪問することができるのは
当時からずっと親交を持ちながら訪問させてくださる元気な皆さんと
つながっていれるからだと改めて思います。


防災庁舎の前で津波の被害に会われた語り部が観光支援で訪問される方々に
当時の様子をお話しされていました。 涙を抑えながらお話をお伺いされている姿が印象的でした。


縦横無尽に重機がけたたましい音を立てトラックが走っていた光景は一部は残ってますが
公園が整備され球場には芝が敷かれ田植えの苗が緑を取り戻してる光景を見ながら
着実に復興へ前進している様子は伺えます。


今年も同じ場所にきて関西の恩師お二人に挟まれながら
【上を向いて歩こう!】ポーズを高台から撮っていただきました。


一緒に二日間宿を共にした宮城ECのみなさんにも大変お世話になりました。


変わりゆく街の風景もまた故郷であるならば私の心の故郷はこの地であるように
思えるまでになりました。

人の絆が結んでくれる故郷、南三陸。

感謝と合掌の繰り返し。 また来年も必ず訪問するためには私の普段の初心の
心を忘れなようにと思うのです。



201609301214_1.jpg
2012年

201609301214_2.jpg
2013年

201609301214_3.jpg
2014年

201609301214_4.jpg
2015年

201609301214_5.jpg
2016年




201703031622_6.jpg
2017年



2018年











   

2019年06月13日(木)更新

東日本大震災の南三陸町へ定点観測と巡礼

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

2011年3月11日 東日本大震災発生。あれから8年・・・。
今年は昨年の暮れから講演をその場でやるということを決めていました。
私ではなく京都でもち料理屋を営む【きた村】の大将をお連れして・・・。

北村さんへの被災地訪問は初めてです。
一度は訪問したいと思っているということをお店で伺った際に
一緒に飲んでいた岸本さんと速攻でじゃあ、段取りしようとその場で決めたことを
思い出します。


本日開催された京料理とおもてなしの心と題した講演テーマは
東北の食の文化に携わる皆さんにも深く響いた内容になっておりました。


お互いに人へ思いやりがあっての命の在り方。

毎年訪れる意味を考えさせられるこの場所に私は常々感謝しております。

企画含め段取りをいただきました皆さんに深く感謝いたします。






   


 

2019年06月12日(水)更新

シキボウ社と打ち合わせ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


タオルヤーンクラブでタオルの糸開発を一緒に勉強している
シキボウ社の浅田さんが糸の提案で来社くださいました。

シキボウ社の糸はタオルでも多数使用されており
弊社でも日の丸タオルの一部はシキボウ社のオリンピアコットンを採用させていただいたり
コットンUSAの認可をいただいて販売中のUSAバンプミニバスタオル
ソフトで太い繊維を使用することでボリュームあふれる風合いが特徴になっています。


新たなタオル糸の素材提案をいただけることでエンドユーザーの声を一番近くで
聞くことが出来る弊社とコラボしていくことで業界の底上げになれれば
本望です。

課題は多いですがもモノづくりの醍醐味でもあります。
楽しんでいいタオルにつなげていけるようしたいと思います。








   

2019年06月11日(火)更新

東京店で販売予定商品の商談

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


9月にオープン予定の東京ショップに展開する弊社のタオルを
藤高社のオフィスを借りて藤高小夜子さんにも入っていただき
商談させていただきました。


こちらのショップには親友の奥さんも務めているのでご縁の大きい場所です。



女性の観点からカラーチョイスをしてくださった小夜ちゃん。
長く検討していた配色がある程度イメージが出来ました。


後は阿部ちゃんのスタッフのところでカラーネーミングをお願いして
染色にかけていく段取りです。

9月オープンまでには仕上げたいきたいと思います。






   

 

2019年06月10日(月)更新

銀座ロフトを見学

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


銀座ロフトさんが1階2階をリニューアルオープンさせたということで
見学に寄せていただきました。


ロフトフードラボとしてロフトさんとして初の食を取り入れたいわば
旗艦店として登場しました。


ポップアップコーナーも大きく敷地を取り素晴らしいデザイン枠を演出されているのが
特徴的でした。

大変勉強になりました。







   

2019年06月09日(日)更新

阿部ログの阿部ちゃんと銀座で焼き鳥

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

東京銀座での商談が終わり滋賀へ帰省する新幹線の時間まで
美味しい焼き鳥屋さんを紹介するねっと阿部ログとして食リポートを
フェイスブックで配信している阿部ちゃんに連れて行ってもらったのは
鳥正さん。

銀座で二代目の店主が炭火でゆっくりと焼いてくださる。


メニューは店内に無いので初めて入ることはまずできないお店。
阿部ちゃん曰く、ここは顔馴染みの行きつけの店として活用する方だけで経営をされている。
オーダーはお母さんにお任せと告げるだけで素晴らしい焼き加減で焼き鳥が
ひと串ずつ出てくる。


最後の鳥スープの上に焼きおにぎりが串に刺さってかじりながら、スープにつけながらいただく
絶品で締める!

至福の時間でした。



阿部ちゃん、毎回素敵な美味しいお店をありがとう。







   


 

2019年06月08日(土)更新

銀座のおつまみ専門店「岡田かめや」さん

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

以前はテレビ番組【タモリ倶楽部】で取り上げられ
最近では「坂上&指原のつぶれない店」という番組に出て行列ができたいたという
老舗の乾物屋である銀座のおつまみ専門店「岡田かめや」さんは
タオルショップ藤高さんの真横です。

藤高さんに案内して入ると夜のスナックやクラブで見かける乾きものが
店内にずらり!

お客さんは業者の方が多いようで両袋を抱えてたくさん買われに来てました。

私も番組で紹介され藤高さんのお気に入りのテラミスチョコとカズチーとカレーおかきをゲットしました。


気さくな岡田さんは写真も撮ってくださいました。

忙しい中、ご対応に感謝です。

ますますのご繁盛を!







   
 

2019年06月07日(金)更新

へーそうなんだ、取材

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

 


テレビ取材を銀座の喫茶店でありました。

地下に入る喫茶店は都会そのもの。

田舎者であることをまずはさらけ出し心を平常心にする術を身につけてます。

若い頃は肩肘張った格好をつけてましたがいつしか力が抜けて身の丈で取材も受けれるようになってきたのです。

 

タオルソムリエとしてご対応させていただきながら皆さんの様々な疑問が
実は私が当たり前になってしまっているだけで
まだまだ一般的には誤解も多く情報発信不足なんだと感じました。

 

私は直接物作りの現場にいるわけではないので消費者と現場をすり合わせながら社会に必要とされている情報を精査していくことが役目と感じています。

 

身近すぎるタオルだからこそ実は意識されにくいもの。

しかし国民的にタオル大好き人の集合だと私は思っています。

 

タオルに対する番組として取り扱ってもらえることを本当に感謝してます。

うまく構成が進みますように応援いたします。

 

取材くださり感謝いたします。








   

次へ»

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い