大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2019年07月09日(火)更新

寸胴鍋の煮沸消毒

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

先日の串カツ屋さんはオープン厨房であったため料理含め資材のあり方が全て見える。


以前に訪れた際に驚いたのだが
串カツの受け皿の上におしぼりが最初からセットされて出てくることだった。

私は衛生上、この取り組みはどうかと疑問に思っていた。

するとこれはリネンサプライ業者で依頼しているおしぼりではなく自店洗濯であることが判明。


大きめのずん胴鍋に水洗いした使用済みおしぼりを投入して煮沸させていく。
私の滞在時間は約30分ほどだったけど一度も取り出されていない。


タオルの繊維としては良くないが殺菌の観点からいえばほぼ死滅しているので安心といえよう。

串カツなんでも100円という限界価格でのアイデアといえばアイデアだが湯沸かし時間のコストとレンタルおしぼりのコストを天秤にかける前に安心安全美味いが客寄せの中では重要なんだと思う。

そんなこと思いながら鍋の写真を撮られてる方は寺田さんだけですよと隣に一緒になったライターさんに言われてはんかんだ。










   






 

2019年07月08日(月)更新

ニンニク注射

 

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

旅先の体調不良は人生に数回経験している。
なんとか乗り切れる場合とそうでないと場合の判断は翌日以降の日程がキャンセルの効かない必須内容が三つ以上詰まるどうかだと最近は思っている。
どうしてもキャンセルしてはならないと思えば思うほど
身体が化学反応で抑制を仕切りにかけてくる。いわゆる熱が上がったり扁桃腺が腫れてくるのだ。

少々の風邪で大丈夫と出張前に医者に行き、薬を処方されていても全く持って効かず
今回は身体は熱を帯びてきてました。

頓服の服用で1日目を乗り切るが飲み会の深夜であるがため
2日目は玉の汗が流れて気合とばかりに頓服をさらに処方して重なる暴飲暴食をしてホテルで倒れるように寝る。

流石に3日目は起きた時から身体が宙を浮いている。
午前の商談を済ませて得意先さんに近くのお医者さんを紹介頂き一旦ホテルで仮眠。
夕方の飲み会にはなんとか持ち越し参加させていただくが美味しい料理もほぼ味がない。

酒が進むと身体は無反応になるが喉も鼻も芳しくない状態である。
さらに梅雨空の低気圧が身体を重くさせていく。



ありがたいことにお誘いいただいたゴルフは雨のため中止となりホテルで寝ることを決め込んで午前中を過ごし
経営者の方に紹介頂いたニンニク注射をはじめて受けてみた。



いわゆるビタミン注射だが保険適用外とあって上は1万円以上するコースもあるから驚きだ。
治したいのは山々だがますばベーシックの1000円程の注射を受けた。

診察を済ませて右手にブスッと受けると口からニンニク臭のような香りが漂ってくる。

そしてホテルで仮眠。

翌朝、なんと身体の気だるさがなくなっていた。
たしかに昔からこのような処方は受けていたように思うが病は気からか
なんの効能もあるかないかの分からない注射をしたことになるがなんとか出張の全日程をこなすことができた。


やはり無理は出来ない年であるが年々お誘いが多くなり自己管理が大切なことを感じる。

普段からビタミン剤や栄養剤など飲まない食事管理だけだがそろそろ身体から黄色信号が点滅してそうだ。

心と身体のケアをしながら楽しい50代を送りたいと病をする事でみつめなおせた出張でした。

お気遣いいただきました皆さまには大変ご迷惑をおかけしましたことをこの場を借りてお詫び申し上げます。





 








   

 

2019年07月07日(日)更新

センベロ立石の会に参加

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。



東京に来る楽しみは食事である。それも誰と食べるかが大事でなんぼ

高級店であったとしても緊張して食べれば味がない。

今回は日本メンズファション協会の事務局のみなさんと

仲間に入れてもらいながら立石の昼のみ紹介をいただき即参加表明を出させていただいた。





今回は私を入れてこの6人で15時に立石駅に集合してスタート。





どこかで飲んで来ていると入れない玄人感いっぱいのもつ焼の宇ち津さんからスタート。





15時の時間でも中はいっぱいでいつも並んで入る。しかし回転が早いから待っていることも苦でない。





空いた席から通されるので6人で言っても同じ席に座れるとは限らない。

3人は奥の席にいたままで交わることがなかった。





私たちもバラバラの席であったが店主の機転で席を揃えてくれるので何回も移動することは

しばしば。それもまたいいものだ。





名物はどての煮込みだ。入れていただきたい部位部を言うと入れてもらえる。





しんきといって生は1本ずつから注文できる。てっぽうとがつをいただく。

どれも1本200円で店内にメニューは一切ない。





たれや塩を部位ごとに言うと出てくるが誰かに紹介されて行かない限り注文の仕方がわからない

玄人店であるがこれがまた楽しい世界。



3人で飲んで食って1000円なり!





裏手にある栄寿司さんは銀座級の味と同伴者がいうほど美味しいお寿司。

だけどどれをたべても110円・220円・330円とリーズンブルすぎる。

110円を一人4貫ずつと小ビールで1000円で釣りがくる。

中は撮影禁止なのでネタは訪問されてからのお楽しみということで。





ほろ酔い気分になりながら鳥房さんで鳥の丸揚げ(素揚げ)をお土産に予約

550円から揚げてくれる。





やっているお店は多くどこも賑わっている。 続いて入るのは串カツ100円ショップさん。





うずら、しいたけ、チーズ焼きとレモンサワーでお釣りがくる。



まさに天国。





次のお店の開店前にわかばさんでお団子を買う。食べる食べる1品100円なり。







下町の昭和の街は酒も入り絶好調。だけど日はまだ沈まない・・・。





名店蘭州さんは水餃子が本当に美味しい。





お腹いっぱいなのに小粒なのでパクパクといけるから不思議だ。





こういうお店の素朴なラーメンがうまいんだよっとさらに注文。

ここも1000円までで済ませていく。





仕上げは昭和スナック。2杯1000円のスナックでカラオケ大会。





50を超えてからこんなに楽しい世界があるのかと堪能。



懐かしい昭和歌謡の連発。





みなさんの楽しい時間が明日への活力。



最初から最後まで笑わせていただきました。



ありがとうございました。















   

 

2019年07月06日(土)更新

社長令嬢と寿司屋

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。



タイトルを見るだけだとなんとも昭和チックな匂いをプンプンと感じていただく

ことであろう。



社長令嬢という言葉つかいが果たして存在するのかと一旦ネットで検索したほどである。

確かに社長の娘さんの位置付けになっているのだから言葉として間違いではないようである。

今回ご一緒いただいたその令嬢は今治での老舗タオルメーカーさんの娘さんである。

またさらに東京で寿司屋に一緒に行くのであるから私がごときが甚だ大きな行動に出たものだ。



っとなることであろう。単なるすけべな親父に映る内容となろう。





私が唯一通いなれた東京神田のガード下。

その中でも足を踏み入れたのは数ヶ月前の寿司屋さんだが入口がこんな感じでスナックなんだか

寿司屋さんなんだか目録検討がつかない場所だが常連さんに愛され大将と息子さんの粋がいい。

私はとてもこのお店が先回でとても気に入った。



失礼を承知でこのお店に令嬢をお誘いしたのである。

タオル業界に入ってから今までにこの老舗タオルメーカーの

現社長様とその息子さんとも一献させていただく機会をいただいた経緯がある。

社員のみなさんにもいつもよくしていただく。私ごときにうれしいことだ。

そして先回お世話いただいている令嬢にだけは一緒に飲んでいないことを

伝えて本日実現を迎えたのである。





昭和映画の「社長さん、いっぱいどうぞ!」なんて言われながら酌をされ

社長なんて言われるのもいいもんだなって粋がって注文をドバドバ入れながら

数万円の寿司を払いながら生きられる昭和の良き時代を想像しても今は令和の時代。

そんなやましい関係はこの公の場で公開するのであるからまずはないことを踏まえて

続きを読んでいただこう。



歴史ある寿司屋さんの暖簾の奥ではスナックから流れるカラオケをBGMに吐き放たれた玄関からの

梅雨空の湿った空調を心地よくも不快にも思いながら

江戸前の寿司をリーズナブルに大将と軽快なトークを交わしながら食う。



令嬢といえどタオル業界でお世話になっているのは無論こちらの方で

お猪口に注ぎながら普段の感謝を伝える。

それでもいつも気遣いながらよくしてくださる彼女の姿勢は素晴らしい。



忙しい激務の中で来てくれた小夜ちゃんに感謝しながら本音のトークが言えることが

私はうれしく思う。



生半可フェイスブックでアップすると彼女のファンが多く羨ましく思っていただく

投稿も多く、一緒に飲みながらお礼が言わせていただいたことに光栄に思う次第。



それだけ彼女が魅力的で会社に献身的でその先のお客様に普段から親身に対応されていることだと

思います。

私も含めて本当に感謝しております。



長い歴史をもつ業界ゆえの大変さも含めて微力ながら私もお力添えできるよう

今後も努めていきたいと思います。



本日はありがとうございました。















   





 

2019年07月05日(金)更新

オンデマンド印刷内覧会

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

弊社の使用しているカラープリンターが消耗時期を迎え買い替えを考えている中
自社のオンデマンド印刷の内覧会の行っているのでということで
寄せていただいてきました。


マンションの1室に置けば6畳の端から端までのスペースは十分に使用してしまいます。


複数の従業員さんが事丁寧に使用方法を教えてくださいました。


うちわ、和紙、名刺、シール、ラミネート、不織布などあらゆる資材に印刷が1枚可能となれば
自らの会社のオリジナルあふれるデザインを生かして広報活動が可能となるオンデマンド印刷。

用途が広がる分、自社の取り組みの中で何ができるかを落とし込み
損益分岐点を考えた上での検討となってきます。

手に届く時代まできていることを実感いたします。
その分、今までの既存の業種は厳しくなるということも言えます。

他業種を見ながら自社を確認するにも大変参考になりました。








   
 

2019年07月04日(木)更新

タオルの日推進委員会と東名阪情報交換会

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


日東タオル社が経営されるカフェMORATEX。

今回のタオルの日推進委員会は会場を大阪から東京へ移しこの場を借りて
会議を行いました。


70年続く東京のタオル問屋である日東タオルさんは自宅兼加工場であったこの場所を
耐震補強の対応を済ませて新しくカフェとしてオープンさせられました。


カフェの前にタオルや雑貨を販売されています。


昔からこの東神田から馬喰町は様々な問屋街として小売屋さんの仕入れ街として
賑わいを見せてました。


東京タオル商業卸組合に加盟されているタオル問屋さんも界隈にあります。


それぞれの会社が特徴を出した経営をされているのを教えていただきました。


会議は総勢9名の人数でタオルの日推進委員会の意見交換とアイデアの共有を行いながら
今後の意思共有に努める内容となりました。


夜の懇親会場には14名のタオルの会社が集まって親睦会が開催されました。

厳しい時代と楽しい時代を知る100年以上の歴史のある会社さんもおられ
色々と学ばせていただきました。

お招きいただきありがとうございました。








   

 

2019年07月03日(水)更新

テレビ取材御礼

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

東京より某テレビ番組企画でタオルの特集をされるにあたり弊社に
撮影取材にお越しくださいました。

東京でのヒアリング取材を経て今回は滋賀のオフィスで撮影くださり
タオルへの熱量を感じました!

ありがたいことです。
いろいろなタオル業界のニュースがありますが私ができることを
真摯に誠意をもってお伝えできればと思います。

遠路ありがとうございました。








   

2019年07月02日(火)更新

まかせたろの新マークを刺繍したタオル

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


頭にタオルを巻くキムタク巻きというネーミングが出来る前よりタオルを巻いてました。
まかせたろの印調のロゴ刺繍がちょうどセンターに来るようにしてましたが
今回から新しいシンボルマークのタオルソムリエ君を刺繍してみました。


正方形の印影も難しいですが円形はさらにタオルにはゆがんでいくので
もっと難しいそうですと刺繍職人。

しかし綺麗に刺繍してくれました。

メディア関連の際は小道具として使用しています。

アイコンとして覚えていただけますと幸いです。







   
 

2019年07月01日(月)更新

リユースの本質がここに

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


ライナスの毛布とは、子供、特に幼児が特定の人形や玩具を離さずに持ち続け、
それに執着することで安心感を得ている状態のことを言います。

その最たるものがタオルである方も多いと私はいつも思っています。

『ヨタヨタやけどお気に入り!そこまで使ってほしいタオルがあります。』

このキャッチコピーは私がインターネット通販を始めた時から使い続けているコピーです。

私が捨てられないタオルがあってその想いで今の仕事を起業して14年・・・。


同じように上記のタオルは当サイトでお買い求めいただいたお客様から
届いたタオルです。
弊社のリユースタオル活動に賛同していただく中にこのタオルが入ってました。

家で使っていないタオルをまとめて郵送させていただきたいと思います。
その際、娘が愛用していた貴社様のタオルハンカチも2枚ほど入れさせていただきますね。
あまりにもくたびれていますし、小さすぎてリユースにならないと思うのですが、
娘に「捨てる」と話したところ悲しがり、「リユースに出す」と言ったところ納得し
てくれましたので(笑)



というお母さんと娘さんのお気持ちがこもったタオルでした。



私はこのリユースタオルを手にしたときに、このご家庭でこのタオルがどれだけ
愛されていたのだろうかと涙してしまいました・・・。

娘さんが自分のタオルとして大切に愛着もって使ってくださっていたこと。
かわいいアップリケを付けて娘オリジナルタオルとしているお母さんの愛が
いっぱい詰まったタオルになってました。

タオルとしての拭くという役目は十分に終わっているかもしれませんが
それ以上の親子の安心感がここにはあるんだと思います。

人の役に私のタオルも使っていただけるという取り組みに理解してくださった
娘さんとお母さんのお気持ちを大切にしていきたいと思います。

もちろんリユースいただいたタオルは再活用していくことが前提ではありますが
私たちの作成しているタオルがどのように喜んでいただいているかを再確認し
次のモノづくりに生かすことも取り組みの本質だと思っています。

単にエコの観点や再利用で消費を促すということ以外にタオルへの愛を持って
活動することがわが社の思う道です。

ありがとうございました。







   


 

2019年06月30日(日)更新

岡山から鍼灸師さん来社

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

9年間鍼灸師として活躍されておられます土井さんが
新店舗で移動に伴いタオルも新調されるということで
わざわざ岡山からタオルを選びに滋賀までお越しくださいました。


なかなかわが社のショールームに入ってすぐにタオルを触ってくださる方は少ないのですが
さずがに手先が敏感なお仕事柄、さまざまなタオルをひとつひとつ触って確かめておられました。


クライアントさんごとに掛けるタオルも選んでいただきたいということで
風合いや質感などをもとに3種類お選びさせていただきました。

コーヒーの香りが絶えない施術場にしたいという土井さんは施術のみならず
タオルにまで行き届いた環境にされたいとこだわりがある方で
洗濯方法や干し方や洗濯機の選び方までお伝えさせていただいた次第です。




タオルにここまでこだわりを持っていただけると本当に選び甲斐もありました。

素敵なお店のオープンは8月1日ということです!
末永くタオルが商売繁盛を見守り続けたいと思います!


お越しいただきありがとうございました。






   


 
 
«前へ 次へ»

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い