大きくする 標準 小さくする
前ページ

2008年02月16日(土)更新

しんの家田村工務店を家庭訪問

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。

久しぶりにテラダの企業訪問ならぬ家庭訪問をしてきました。
まさに大工さんが建てたホヤホヤのお家ですから家庭訪問なんですが、まだ、家庭の匂いはこれからの展示会場でした!


しんの家作りの大工職人の一見、阪神にいる○野選手そっくりの田村さんに家の魅力とこだわりをお聞きしてきました。
いかにも職人らしく話すのは苦手なタイプですが、楽しかったですわ。
 (G:テラダ T:田村職人)

田村工務店1

G:このお家のここをどうしても取り入れたかった譲れないところはどこですか?

T:木のこだわり作りをしているのですが、大工の木の家というと使い勝手が悪いイメージをもたれます。そうではないというところを工夫しました。


田村工務店2
T:玄関が圧迫されないように開放的にしました。
方角がここは北向きやしどうしても暗くなる。 だからドアの上の窓を大きくとり
収納は多めに玄関のスペースはおいてます。 下駄箱などもすぐに入った時に見える位置でなく奥にすることによって空間を生かしています。

G:なるほど・・・。 (某番組の渡辺さん風に)

田村工務店3
確かに玄関の上にある窓は晴れた日には最高やと感じさせます


田村工務店4

G:色・カラーも工夫されてますね?

T:リビングは一番広くとって開放的にしています。 しかし暖房効率のことなども考えると扉を自由に取り外しできるように敷居を付けました。
白とダークブラウンで色は整えてます。

 (リビングの左奥はキッチンスペースがあり右側には書斎がある)

田村工務店5

T:キッチンは今はオープンキッチンが主流ですが、焼肉をしたり少し来客があったときに目隠しすることを思えばドアを設けるほうがいいと思いました。

G:ほんまや。 納得です! 我が家は全部の部屋に焼肉すると匂いがしてしまいますわ。

田村工務店6
閉めても明るいキッチンであり、妻の空間がしっかり持てるのはうれしいやろな・・・。


田村工務店7

G:その他にこだわりは?

T:木の家でも洋風にすることが出来ますが、和の畳の部屋が欲しかったんです。 琉球畳を敷きこちらもドアの取り外しができるのでリビングと合体できます。

G:ええですね~。 この収納の下から自然光が入るようになっているのは家を楽しみながら建てているのが伺えますね・・・。

T:間取りを決めるのが楽しいですね。 そして墨ツボで墨付けが楽しいです。
建つまでの楽しみと棟上げの楽しみなど大工にはそれぞれ楽しいと思いながら仕事ができます。

G:私も新築した人間ですが、棟上げの時は見にいきましたね・・・。
T:棟上げの柱に紙を巻くのですが、いつもこう書きます。

  『住む人の気持ちになって作る家』

G:ええ言葉ですね。 いい加減に建てない! そうですよね。
 世間のどこそこみたいな人に聞かせないと!

 
G:木の良さは何ですか?


T:木にも色々ありますが、一切プレカットしていない(機械加工)。
木を見て適材適所の場所に使っている。木は生き物やから熱を加えるとパリパリもいう。 木を手で刻んで建てるのが大工として何より楽しい。
洋風では木か鉄筋か分からないが、木をつかうと香りがいい。 削り方ひとつとっても全然違う!


G:熱いなあ・・・。 木に関しては・・・。

T:親父はもっと木に詳しい。 木を見ただけで何の木か分かる。
技術は越えられてもそこはまだ越えることが出来ないです。


G:嫌なことってあるの?

T;リフォームもお受けします。 キッチンをリフォームするのにでも住みながら作業をさせていただくわけですが、例えば、リフォーム仕立てのキッチンでも
今、心込めて仕上げた場所にくちゃくちゃに食器を流しに置かれたりすると寂しくなりますね。 生活の匂いがたまにガッカリします。

G:それはどんなところでもありそうな話しですが、依頼する側の気持ちも大事ですね。 気付きをありがとうございます。



田村工務店8

2階の寝室や子供部屋も見せていただきました。 ベランダも屋根裏収納も広くうらやましい限りです。


G:しばし当社のタオルの写真撮影上に開放してもらえませんか?(笑)

T:どうぞ使ってください!



田村工務店9

田村さんの家へのテーマがここにあった。

田村工務店10

G:長らくお邪魔しました。

T:こちらこそ緊張しました。 2月まで展示会場としてますのでいつでも来てください!


しんの家 田村工務店



 家庭訪問手記
家作りは本当に家を愛している大工さんに出逢えるのが一番居心地のいい家になると感じました。
住宅メーカーの良さも大工さんの本当の家作りの良さもどちらもやはり実際にあってお話しするのがいいんですよね。
今回もいい家庭訪問ができました。
田村工務店の田村さん、ありがとうございました。


田村工務店11

来場粗品ですっとタオルをいただいた。 なかなかいいタオルをお使いのようで
関西電力さん! オール電化を宣伝しますしタオルは私にまかせたろ!
【タオルはまかせたろ.com】




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【タオルはまかせたろ.com】
rogo

2008年02月07日(木)更新

建物賃貸借契約書

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。

本日は建物賃貸借契約書の新規契約を交わしました。
当社は自社ビルではありません。
親切な大家さんからお借りした大事な借地で商売をしております。

年に数度しかお会いしませんが、感謝の気持ちを持ちながら大事にその土地を
お借りしております。
もうこの場所へ移転して10年以上経過しております。
いい土地に巡り会えて周囲の環境もとてもいいところです。

自社ビルなんて一番最後でいいと思っています。
まずは、お客様に喜んでもらえる環境とシステム作りと社員教育。
見栄を張るより地道な経営がむいています。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【タオルはまかせたろ.com】
rogo
«前へ

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い