大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「すべき経験・避けたい経験」について

投稿日時:2009/06/08(月) 20:01rss

<質問>────────────────────────

学生時代の楽しかったこと
学生時代にためになったこと
学生時代の失敗談

がありましたら、教えてください。

           (明治大学商学部 田嶋僚大さん)

────────────────────────────



田嶋僚大さん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
ご質問ありがとうございます。
学生さんの質問をいただいていると昔を懐かしく振り返らせていただくことも
うれしいです。
一緒になって考えていきたいと思います。


学生時代の楽しかったこと

汗まみれになって白球を追いかけた部活。
春の大会。夏の学校での合宿。朝練。夜練。秋の遠征。冬のランニング。

季節ごとにある先生の呼び出しと早朝勉強と先生の自宅への補修勉強。
今思えば、本当に何も嫌でなかった。 どの先生も熱心な先生でした。

1日に6食の大食いの食事。 帰り道でみんなで食べた餃子やたこ焼きにシェーク。
修学旅行で花札しながら徹夜して見た桜島の日の出。
応援団長として縦割りの学年がひとつになって燃え上がった体育祭。
初めて舞台にたった文化祭。
淡い恋をもって長電話しながら受験勉強を迎えた刹那な冬。
自分たちの手で卒業式を作らせてくれた先生がいた最後の日。


金もゲームも携帯も無かったけど楽しかったな・・・。


大学に入り、自由の時間がやけにうざったい気持ちになりました。
目標ややりたいことが無いとダラダラと先を見ずに生きてしまいます。
合コンやダンパなどしてハメを外しタレント活動をしたりしますが、
イマイチ、スッとしませんでした。

そんな中、アルバイトで経験を積んだことは大きかったですね。
たくさんのバイトをして商売の楽しさを学びました。

アルバイト先のトラックで大阪-東京を乗せてもらい、人情と大人の世界を
知ります。

寿司屋では、出前の中で各ご家庭の匂いを感じました。

漬け物屋では職人のこだわりを見せつけられます。

喫茶店では、お客様の喜ばれることは何かを考えるようになりました。

どれも楽しいバイトでしたね・・・。




学生時代にためになったこと


足が成長期のために痛み、ほとんど練習が出来ない時期が続きました。
自分のことしか見えてなかった時代です。
中学の時には初めて補欠となり、補欠の気持ちが分かるようになりました。

高校時代はほとんど、試合に出られないし練習も別メニューが続きました。
でも辞めたいと一度も思わなかっです。
大好きなことをしている喜びがあったんですね。
そして、最高の仲間がいたからだと思います。

あきらめない。 友情。 まっすぐ。 

ダサイ言葉かもしれんませんが、辛いこともあの日を思えば乗り越えられる。
そんな時間をあの学生の時に味わったことが社会の少々の壁にぶつかっても
前へ進めていると思います。


学生時代の失敗談

たくさん失敗はしましたね・・・。
大学時代は特に失敗が多かったですね。
金が無いので暑いからクーラーが買えず外で寝て、栄養失調で救急車で運ばれたり、コンパで酒の飲み過ぎで記憶がなくなったり、大家さんに騒ぎすぎて追い出されかけたり、人に迷惑をかけることが多かったです。

みなまで書かなくても田嶋さんには善悪が理解できるでしょう!


しかし周囲には本当に優しい友人があふれ、第二のおふくろや、第三のおやじまで感じさせてくれる大人もいっぱいいました。
今でもふっとその人たちに逢いたいと思い返します。どないしてはるんやろなぁって。

真剣に怒り、真剣に愛してくださった学生時代の大人に感謝するとともに
自分がその方々と同じ世代になってきた今を思うとまだまだ、成長してない自分に恥ずかしく思うばかりです。


人生は経験と出逢いをたくさん持つ。 
感謝の心が自然とわき上がりますよ。


素敵な学生生活を過ごしてくださいね。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


rogo
【タオルはまかせたろ.com】
【タオルはまかせたろ.com楽天店】
オリジナルタオル制作e-towel.net

トラックバック一覧

コメント


ありがとうございます

株式会社京都工芸 代表取締役 寺田 元様
コメントありがとうございます。

はじめまして、商学部三年 田嶋 僚大です。

楽しかったこと
>>金もゲームも携帯も無かったけど楽しかったな・・・。
この言葉、今学生である僕も、上のようなモノよりも、
仲間と過ごしたことが大切であるように思えます。
いつの時代も、大切なことは人なんでしょうか。

今僕も、目標もなく過ごしています。
寺田さんのように、アルバイトなど、
積極的にいろいろなことに挑戦して、
そこで素晴らしいことを見つけ、
自分に合ったものを探すべきなのかなと感じます。

ためになったこと
補欠なら補欠のその位置にたって、初めてわかることがあり、
またそこでも自分の支えになることを見つけることは、できるんですね。
僕では、なにくそと奮起するか、仕方ないとあきらめるか。
そんなことにとらわれてしまいそうです。
喜びを見つけ、壁にもくじけないように、ならないといけないと思います。

失敗したこと
思い返して、逢いたい人々、自分にも深く思い返せば、
感謝してもし足りない人が、たくさんいるはずで、
そういった人たちへの感謝を忘れないよう。素直に生きていこうと思います。
そして、そういった出会いをもっと増やせるよう、
残り少ない学生生活ですが、頑張ろうと思います。

Posted by 田嶋 僚大 at 2009/06/12 21:49:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い