大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「社長の恋愛」について

投稿日時:2009/02/26(木) 20:07rss

<質問>──────────────────

 社長で得した恋の話を教えてください

          (明治大学商学部 廣瀬勝也さん)

──────────────────────


廣瀬勝也さん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
ご質問ありがとうございます。
一緒になって考えていきたいと思います。

私と心友との3箇条の最後に「恋は死ぬまでせえ」と言うのがあります。

先日、あるパーティーに参加しました。 恋をしたお話です。

社員と少し遅れて参加したのですが、会場は100人以上は入る素敵な
レストランの1角に私たちのメンバーは30名ほどで集っていました。

3次会であったため、ウーロン茶を一杯いただいて、飲み干したかなっと
思うと、後ろから、「もう1杯、おかわりおもちしましょうか?」っと
微笑みかけるウエイトレスさんがいました。

彼女を観察していると、当宴会の担当は彼女1人でほとんど切り盛りしていました。 料理の投入。 皿の引き下げ、追加オーダーの注文。
重なるあちらこちらからの、飛び交うオーダーの声・声・声。


見た目も本当に可愛いので、酒の席ですから、チャチャを入れて誘う仲間もいます。
中には、彼女の立場を顧みず、名刺を渡しながら、身の上話しをしている方もいました。
そんな方もお店にとっては大切なお客様です。 
彼女は笑いながら、座っておられるお客様の目線に合わせるようにお話をしっかりと聞いていました。

隣にたまたま座っていたので、知ったのですが、アルバイトだというのです。

リッツカールトンさんの接客でもあるかのようなその親身なそしてチャーミングな彼女に恋をしてしまいました。

その子は私がトイレに行きたくなり、広い初めての会場でしたので、立ち上がり右左と探った様子をした姿を観ていたのですね。


「おトイレですか? ご案内いたします。 分かりづらくて申し訳ございません・・・。 」っと紳士用のトイレの扉まで開けてくれたのです。


その姿勢と彼女へのお客様への思いはあまりにも感心してしまいました。


下に心と書いて恋と言いますが、私は持ち歩いてます究極の当社のタオルと名刺を添えて、社員に渡して行ってきてもらいました。 
何もいきさつの知らない社員は「私からの御礼の気持ちだと」素直に渡してきてくれました。

帰り際に社員から「社長、あの彼女から御礼が言いたいと待っておられます」っと。
そこには最高の笑顔で御礼を言いながら、一枚の写真入りの名刺をくださる彼女がいました。年にしてまだ20代の方でしょう・・・。
このお店の経営者を観たい気持ちにまでなりましたね。 

帰り際、電車でとくとく切符と間違えて駅員さんに思わず改札で渡してしまいそうになるほど、その子のことを思いながら、電車に揺られてました。

社会的立場を理解していれば、恋は大いにするべきだと思います。



私は女性だけでなく、男性にも子供にも素敵なおばあちゃんにも恋をしてしまいます。 目線を向けるとその人のチャーミングなところにめっぽう弱いです。

廣瀬さん、東京におられると一車両に1人恋をしてしまいませんか?
きっと得する気持ちになる方を発見しますよ。


心の豊かになる恋をいっぱいしてほしいと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


rogo
【タオルはまかせたろ.com】
【タオルはまかせたろ.com楽天店】
オリジナルタオル制作e-towel.net

トラックバック一覧

コメント


あら

あの会場にはいよりんという絶世の美女がいたのに
寺田さんのハートは、お店のスタッフの彼女に
釘付けだったんですね!なんと!!

タオルって便利ですよね・・・
いい商品や。

Posted by いよりん at 2009/02/26 21:03:00 PASS:

あらま

恋いされるぐらいのサービスが提供
できたらホンモノだと思います。
私も経営者とご本人に会ってみたい気がします。。

Posted by 一橋 at 2009/02/28 01:23:00 PASS:

お返事遅れましたが

前回の一門百答でもお世話になりました。明治大学商学部の廣瀬勝也です。

トラックバックさせてもらいました記事でもコメントさせて頂いております。

お返事が遅れてしまったこと、自分まだまだと痛感する思いですが、先輩経営者とこうやって関われる機会に恵まれていること、本当に幸せだなと感じております。

Posted by 廣瀬勝也 at 2009/03/23 08:05:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

  • :寺田 元[07/24]
  • 教えてもらう前と後 | MBS
    • 高嶋さん こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田で...

  • :高嶋 博[07/24]
  • 教えてもらう前と後 | MBS
    • おはようございます。 見させていただきました! 凄くかっこよかったです。

  • :寺田 元[04/16]
  • 沖縄で会った縁者が来県
    • ももちゃん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田...

  • :てるや ももこ[04/14]
  • 沖縄で会った縁者が来県
    • わー!嬉しい!! 滋賀をたくさん案内してくださりありがとうございました!...

  • :寺田 元[03/17]
  • 仕事のあり方を学ぶ
    • 櫛田さん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田で...

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い