大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


ボクシング 宮田ジム

投稿日時:2008/04/24(木) 19:25rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】ソムリエの寺田です。

宮田ジム1

ご縁逢って世界チャンピオン内藤大助選手を育てた宮田会長とお話をさせていただく時間をいただきました。
するどい眼、優しい眼、このふたつから宮田ジムに何故、ボクサーがたくさん集まるのか、分かった気がします。


宮田ジム2

そして今回の私のミッションは”世界で一番愛されないタオル”それはセコンドが
選手に投げ入れるタオルについて聞くことだったのです。

どうしても試合には必要だけど、選手には投げ入れられて欲しくないタオル。
自分の辛い練習の全てが一瞬にストップする意味をもつタオル投入。

ここにどんなドラマがあるのか? どうしても聞きたかったんです。

宮田会長にボクシングに必要なタオルは何なのかを率直に聞くことができました。
想像していたことと私の想いとかけ離れた部分がたくさんありました。


宮田ジム3
宮田さんがどのようなおもいで選手をみているのか・・・。



ソムリエ:【セコンドの条件って何ですか?】
宮田ジム4

会長:まずは選手の命をあずかっているということですね。
勝敗に関係なく、試合を止める勇気があるかどうかってこと。
自分の選手が負けている時に、すばやくタオルを投げ入れて危機的な状態から保護してやることが大事ですね。

そして宮田さんはこう続けた。

選手は怒りますけど、ギャフンといったら2度とリングに上がりません。
ギャフンという前にタオルを入れると選手はなんでタオルを投げ入れるんだっ!
コノヤローって思うから又、次にがんばれるんです!

宮田ジム5
私は想像していた答えとそれ以上に選手への次への為へのタオルの投入
だということにはっと思いましたね。
セコンドの選手をさらに先に育てるおもいがタオルの投入であるってことを・・・。
深い愛情を感じました。(写真中央:宮田会長)


ソムリエ:タオルを投げ入れるタイミングってどこで判断されるんですか?
宮田ジム6
会長:それは長年のキャリアですね。
プロボクシング3000試合以上やってますので、選手を救うのも目的です。
選手の1人1人の体調、バロメーターが頭に入っている。
だから、一度に自分はプロは25人以上育てない。

宮田ジム9
自分が管理出来るのが25人までだという宮田さん。
しかしそれは他の人よりはるかに多いキャパでもある。


ソムリエ:ボクサーにとってこれだと決めているタオルってあるもんですか?
miyatagym19
会長:無いですね。選手が験(げん)を担いで持ってきたタオルを使用します。
練習をしてきて調子が上がった時のタオルを持ってきますね。

宮田ジム11
(現在宮田ジムには2名のプロの女性ボクサーも誕生している)


ソムリエ:私はボクサー専用のボクシング協会規格認定を受けたタオルを作成したいと思っているですが、もしもリングに投げ入れるタオルに載せるとしたらどういう言葉を載せたいですか?
宮田ジム17
会長:そりゃ~もうGOOD LUCKですよ!
たとえタオルを投げ入れても、選手はその試合を負けることで成長しているんですよ。
タイミングよくタオルを投げ入れますから、まさにGOOD LUCKなんですね。
一番いいところで負けさせてやる。
がんばらないうちに負けさせるのはダメだけど、これ以上やると危険だけど、ここまでっていうときにタオルを投げ入れるんです。


宮田ジム16
テレビや会場で観戦していると、「アホかまだやれるのにタオル投げ入れややがってっ」とブーイングしてしまうが、とても深い意味と愛情を当人達はお持ちなんだと初めて知りました。
レフリーが試合をストップをする前に僕たちが試合を止めますと宮田さん。
だからタオルを投げ入れる回数は本当に多いという。



ソムリエ:宮田さんにとってボクシングを一言でいうと?
宮田ジム15
会長:いや~難しいな・・・。
ボクシングのおかげで幸せになることを人に伝えていきたい。
人生は楽しいためにあるんだよって。
僕より人生を楽しんでいる人はいないんじゃないかなって思います。
楽しさを伝える手段が僕にはボクシングだったんだと思います。


最後に宮田さんがこの世の中で一番大事なものは何か?って
教えてくださいました。

宮田ジム19
会長:この世の中で一番大事なもの・・・。それは才能でも運でも実力でもありません!
それは・・・。

 かわいげです!


一番好きな言葉はかわいげかな・・・ですって。

ちなみにご自身の20歳からのキャッチフレーズは『sweet&mellow(あまくてとろけそう)』だそうだ。


ほんまに気さくな方で淡々とお話をいただいた。ありがとうございました。

その時折に選手をしかっりと見つめる視線はさすが、っと感じながらも・・・。




宮田ジム12
ボクシングとその情熱にかける選手を【タオルはまかせたろ.com】は応援します!
スポーツタオル【GOOD LUCK】販売中



プロのボクサーの練習も観ることができましたが、試合前ですので
映像をお見せできませんが、練習生のファイト姿を動画で撮ってきました。
音声が出ますので再生時はご注意くださいませ。




宮田ジムさんのホームページ



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【タオルはまかせたろ.com】
rogo

トラックバック一覧

コメント


おつかれさまです!

バタバタの中での取材、おつかれさまでした!!
すごくええブログです。
リアリティー感、溢れてます。
「GOOD LUCK!!」

Posted by タイスケ at 2008/04/25 00:05:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年11月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い