大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


「コンサルタントは役に立つか」

投稿日時:2006/12/14(木) 20:01rss

<質問>
いわゆる「経営コンサルタント」は、何らかの役に立ちますか。
たとえば、コンサルタントがどんな知識を持ち、どんなフォローをしてくれると、
御社の経営に貢献できますでしょうか。

                 (明治大学商学部 布施彰子さん)


布施さん、
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。
ご無沙汰しております。

【槇本 健吾様】のブログで確か将来の夢をコンサルタントとして考えておられることを思い出しました。
しっかりした解答をされる方だとその頃から思っておりました。
布施さんの夢への参考になりますように一緒に考えていきたいと思います。


現在、経営コンサルタントの方とセミナーを通じて2週間に一度、お会いしております。
とても熱心な方ですので他の会社の方も目をギラギラして真剣に聞いておられます。

コンサルはワクチンだと思っております。

会社の中だけでは風通しがいいのかどうかも分からない場合が出てくると思います。
又、私は上手にアドバイスを聞ける人でありたいと思っています。
聞ける練習も絶えずしないとエゴがふくらむと教わりました。
その通りですね。

上手にアドバイスできる人がコンサルであると理解しております。

コンサルの中では中小企業診断士さんもふまえてたくさんおられます。
お出会いしてきた中で肩書きは立派ですが時代錯誤も甚だという方も
アドバイスをしてこられます。
自分よりも弱い人には親切にできるんですね。
与える時には気分がいいからです。 納得ですね。

しかし、やはりこちらが聞く耳をしっかりして果敢に身にしようと思っているなら
コンサルタントも真剣でなけらば駄目だと思います。

皆さんは真剣だとして私はその先生方から自分なりに何かをアドバイスとして
受け入れるようにはしてますが、少しずれている方も正直おられます。

どちらにも責任はありますね。

コンサルタントの仕事は知識も必要ですが、相手のワクチンを打ち間違えたら
意味が無いです。
先様が本当にお困りの内容をすぐに把握することが大事ですね。

色々なタイプでコンサルタントをされる方がおられますが、布施さんの目指すコンサルタントのイメージはどのような形態を指すのでしょうかね・・・?


少し、微熱があり、解答になりきってなかったでしょうか?
失礼しました。

【遠州(静岡県西部)・静岡県大好きガイド】より

【タオルはまかせたろ.com】

トラックバック一覧

コメント


いつもお答え頂きありがとうございます!

株式会社京都工芸
代表取締役 寺田元さま

ご体調はいかがですか?
明治大学商学部の布施彰子です。
いつもご回答くださり、ありがとうございます!

今回はコンサルタントについて、ストレートに伺ったつもりでした。
細かいことはともかく、「まず、役に立つと思われているかどうか」「ではどう役に立っている(いた)のか」と伺ってみたいと思いました。
まずはそこから考えてみよう、と。
実際に利用されたことのある経営者のかたから伺える機会を頂きまして、とても嬉しいです!

ご回答を拝見していて、中には上から目線を送るようなコンサルタントのかたもいらっしゃるのだと残念に思いました。
アドバイスというものは、自分が気持ちよくなるためにするのではなく、相手の問題解決や発展のために行われるべきものですよね。

また、情報は新しくなっていくものですし、知識もそれに応じた勉強を積んでいくことも不可欠です。
でも、実際にはそうでないようなコンサルタントのかたもいるようなので、残念に思うと同時に
やはり自分はそうでない人材になれるようにしなければと強く感じました。

(これはあくまで私の印象なのですが)
何かを相談したり、教えたりする仕事の場合
どこか上から目線を送るような感じのかたがいるのは事実だと思います。
一般に、人から尊敬をされるような(あくまで一般論ですが)肩書きや身分であるかたに
やはりそうのようなかたがより多く見られるような気がします。
大変失礼なことを申し上げるかもしれませんが、
そのようなかたをお見掛けすると、あることを疑問に思うのです。

それは、
「偉くなりたかったのか」とれとも「偉い(役に立つような)ことをしたかったのか」どちらなのだろう?
ということです。
目的は何なのだろう?と素直に疑問に思いました。

私たちの講義の師匠である久米繊維工業の久米信行先生がおっしゃるには、
「凄い人ほど腰が低いものです」
「凄い人ほど謙虚なのです」
「凄い人ほど人のために貢献することを惜しみません」
等々・・・(沢山ありました)
改めて言われると、心に刺さる言葉の数々であると思います。
今回、寺田社長さまのご回答の中にも、通ずるものを感じました。

もちろん、お金を稼いだり、偉い立場につくことは凄いことだと思います。
何らかの人を上回る努力がないと、大部分のものはなれないと思うので。
でも、その先には更に大切なものがあると思うのです。
それが、「ちゃんとワクチンを選んで打てるひと」なんだと思います。

私が目指すのは、
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」
というような人材です。
ですので実る前には、雨風に当たり虫に食われつつ、形がいびつでも時間が掛かっても、
伸びることを目指す穂でありたいと思っています。
(伸びないと垂れる穂にならないので(笑))

客観性という意味では、上からということではなく、高い位置から離れてものを見ることも必要かとは思いますが
地面に目を近づければ、また違う世界が広がると思います。
いろんな段階の視野を持ち調整できるような、そんなバランスのとれた人材になりたいです。


ところで、
ドーナツのタオル可愛らしいですね♪
というか、美味しそうですね・・・

先月末に静岡へ出掛け、今月頭に豊橋、岡崎、名古屋、岐阜の羽島(岐阜はお隣ですよね)へと
用事があり、
2週続けて出掛けていました。
食べ物が美味しいので、ついつい物凄い量を食べてしまい・・・(ブログに載せる取材と称して?!)
さらに忘年会もあったので、ただ今食事を調整中なので、ドーナツが夢に出てきそうです(笑)
とても可愛いと思いました。


この度もご回答ありがとうございました。
ご迷惑でなければ、どうぞまたよろしくお願い致します!

Posted by 明治大学商学部布施彰子 at 2006/12/28 18:04:00 PASS:

立つ位置を考えていきましょう。

布施さん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。
わぁっ。布施節炸裂ですね!
しっかりと文面にまとめていかれるところがすごいですね。
布施さんの姿勢がすごく伝わりました。
一般に全員のコンサルの方は素晴らしいと思っておられる社員が多いのも事実です。
しかし、布施さんには次のことを注意願いたい。
車いすの方の視線でモノを見ると今までの自分の目線との感覚のズレがあるもんです。 同じ観点からだけでなく色々な角度から接するコンサルを目指してくださいませ。
きっと素晴らしい人材になられることだと思います。 応援してますね。

私も上から目線で語れないところがあり、布施さんを含め学生さんには質問をいただき、一緒に学ばせていただき深めていることが多いです。

一緒に今後も進化していきましょうね。

ブログの記事も楽しみにしてますね。
食べ過ぎ、おおいに結構じゃないですか!!(笑)

Posted by 寺田 元 at 2006/12/28 19:04:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年5月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い