大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


倉敷の暮らしと文化

投稿日時:2013/03/17(日) 21:35rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

勉強会の仲間に岡山県倉敷を案内いただいた。
倉敷駅を一歩出ればチボリの痕跡を残したアウトレットモールが
息吹を吹き返しつつある。

一路、アスファルトジャングルを抜けると酒津の公園が待ち受けていた。
まもなく桜の名所として親しまれているこの地は高梁川がゆっくりと流れ
時を一度にゆるやかにする。

案内人が一番目に紹介したかったここに佇む水辺のカフェは、旧民家をそのまま
残して三世代が笑顔になれる空間をコンセプトにオープンされて
日々満席の状態が続く。
ここでいただいたカレーは絶品であった。



水辺のカフェのオーナーでもある三宅商店の辻信行さんは倉敷には無くてはならない存在の方である。
食事中に挨拶に来られた後、直々に5分だけお時間いいですか?っと
倉敷の街を探索しながらガイドをしてくださった。
これほど情熱的に倉敷を語りブランドを創り上げるために活動される方が他にはいないというほど
オープンリーダー的存在である。




話が過熱して高梁川の渡し船に乗りたいということになり無料の乗船にまでおつきあいくださった。




倉敷の江戸時代から明治時代を主とし一部昭和初期にかけての町並みが残る美観地区へ
向かうとそこは時代の変化に向き合いながらもよき人々の文化を共存し、今も行き続ける
元気さがあった。
白壁となまこ壁が美しいコントラストにたくさんの観光客がカメラのシャッターを切る。







IVYスクエアの概観はつたが圧巻で独特な趣で訪れた外国人も和洋の洋館に
心をときめかすのだ。




その美観地区の中に以前の勉強会で一緒だった(株)バイストンの武鑓さんのお店もあり
倉敷頒布の品々を手にしながらマイ箸入れを買った。




観光客のそれぞれが名物をほおばりならおいしいねと会話も弾む雰囲気を街全体が
創り上げている。


リットン調査団が倉敷岡山を訪れ、人類の遺産であるこの地を見たことが幸いして
第二次世界大戦の爆撃候補地であったこの場所の投下を除外することにしたのは
有名な話である。





投下を逃れ、町並みが当時のままに残るのもこの大原美術館の存在が大きくある。
個人収集の遺産としての美術品は類を見ないすごさであることを館内に足を踏みいれれば
わかる。
時間があるならここは半日はかけてゆっくり回られることをオススメする。
巨匠フレディック・モネ・セザンヌ・ゴーギャン・ルノアール・エル・グレコの作品は
目に焼きつく洗練を受ける。






美観地区にも三宅商店が長蛇の列である。




同じ系列の林源十郎商店の奥にあるテラス風のピザを食べるカフェで
辻さんもお招きしてみんなで食事をさせていただいた。


中学校の修学旅行で来た時以来の倉敷は私の想像を超えるコトの作り方が
整っていた。
辻さんが街に残したいという志を聞いたことでさらにこの街が
好きになってしまった。

時をおいてまた訪問したいと思う。


日の丸タオルフェイスブック
http://www.facebook.com/hinomarutowel

勝つためのタオル【vs我】フェイスブック
http://www.facebook.com/vswaretowel



ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【タオルはまかせたろ.com】

【タオルはまかせたろ.com楽天店】

オリジナルタオル制作e-towel.net


トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い