大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


人気店だったのに今は閑古鳥

投稿日時:2019/12/11(水) 15:54rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

仕入れや一部のメニュー構成・焼き鳥のたれ作りなどを店主に委ねて、
併せてロイヤリティを固定とすることで店主の独立を促す形でのチェーン展開を行っている焼き鳥屋さんは
どこであろうか察しがつくだろうか。

私の住む近くの駅前に出来て店主は現在4代目となる。
以前は家族ぐるみでまた社員たちとも足しげく通うほどで大繁盛店だった。
店主が気さくで親しみやすくオリジナルオーダーなんかも通るほど
楽しい会話ができたサードプレイスだったのだ。

2年ほど前であったか店舗の老朽化が進んで先代のオーナーが
閉店を決意されその後に別オーナーが立てなおして経営を引き継いだことになる。
チェーン店だから暖簾の名前は一緒だ。
店内も綺麗になって味も変わらないならまた繁盛するだろうなって誰もが思うかもしれない。

夏先に一度、店主へご挨拶も兼ねて一杯飲みがてらに焼き鳥を食べに一人で向かった。
時間が早いからか私が一番乗りであったので店主とひとつふたつ会話をしながら
食事をしようと試みるが会話のリズムが悪い・・・。

それでもいろいろな情報を聞き出しながら仲良くなろうとしたが
その日は早めに切り上げた。

昨日、久しぶりに次男と待ち合わせにその店に向かった。
先に到着したら以前と同じで私一人しかいない。
そして息子が来店。
帰るまで結局二人きりであった。
息子と募る話もしたかったが目の前に黙ったままいる店主がいると思うと小声にもなってしまう。
一緒にトークに入ってもらいたいけどそんな空気も出してくれない。
店舗に流れるBGMでさえ以前の空間ほどマッチせずに浮いてしまっているように
思えてしまう。

味が落ちたかといえばそうでもない。

何が依然と違うのだろう・・・?

結局はお客のサードプレイスになっていないのである。

会社でも家でもない居心地のいいお店が誰もが慕うようになるものだ。
しかし現在の店主はこちらが話しかけても無視をすることもあったり
無意味な動きをしたりとお客を見ていない。

付きだしもなくなってしまった。しかしファーストタッチの会話ができないことを
仕込みの都合で無くしたのなら代償は大きいことを分かっていない。

鳥が焼きあがるまでの箸休めが出来ないまま会話も好まないお店に一人でサラリーマンが
通い続けるかというと以前の常連さんの顔を浮かべると難しいであろうと思う。
ビールと焼き鳥数本でお疲れ様の乾杯を行う私たちのカウンターの先には
煙が目に沁みながらも一生懸命に焼いている優しく微笑む店主がいるのだ。

もう一度行きたいかっと聞かれると誰もが首を横に振ってしまうだろう。

小さい店構えだからこそ隣の客とも袖があたり場所が和やかになっていく。
そこに店主が目を配り低姿勢で愛想をふりまきまいどおおきにと感謝を述べる。

以前を知るから地元の方はそれ以上の店主の器量を待ち望んでいるのだろう。

久しぶりに寄せてもらってきたよというと誰もが同じような店の雰囲気を感じているようだ。
その情報がはしかのように伝染していき店の評価は下がってしまう。

そのお店を私は自社の方向へ向けて学びに変えていこうと思う。
人の振り見て我が振り直せだ。


次回は何かをきっかけに繁盛店に戻っていただくことを応援したい。

ご馳走様でした。







経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。
​​​​​​​


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い