大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


タイへの旅 空港からホテル市内の行き方

投稿日時:2019/04/27(土) 23:14rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

村上さんとタイへ来ております。
以前よりタイの進出をされている企業経営者の方と縁をもったり
大使館の奥さんの経営されるバッグメーカーさんと親しくしていただいていたりと
大変興味にある国でした。

タイの魅力を自分なりにお伝えできればと思います。


関西空港を出立してタイ・エアアジア空港会社を利用してドン ムアン国際空港へ到着です。
今回はエアーアジア航空のフライト13時50分で現地に13時50分到着予定ですが
30分ほど遅れて到着です。(飛行代は32000円ほど)
気温は33度の蒸し暑い気候で早くも夏を感じています。
検査場を出た時間は15時過ぎ。


ホテルは少し古いですがバンコクで3番目に高い建物である
バイヨーク スカイ ホテルという高層ホテルを予約しました。
3泊で一室二人合計7898バーツ(約27500円ほど) 一人1日3300円ほどで
安いですね。


開業したのは1998年とやや古いですが、2010年に改築されていて選んだ理由は
なんといっても高層階のスカイバーがあるからです。
バー好きな私にとってここでいただくお酒は格別だという理由と街を知らないため
目印として迷子になっても目立つ建物と思いました。



ドンムアン空港での最低限の両替だけ チップ分も含めて1万円ほど
します。レートは0.2698で27000円弱の両替を済ませます。
日本で両替してくるより現地の方が安くさらに空港より市内の方がレート(この時は0.2820でした)
がいいですがタクシーの乗るためにここで両替しておきます。
検査場の中でも両替場がありますが検査後にもあるので急いで両替をするより
長蛇の列が少ないうちに並んで検査を済ませる方がいいでしょう。
検査は約40分ほどゴールデンウィーク中なので待ちましたので。


空港からの移動はタクシーが一番です。
空港正面玄関より左に進むと8番出口の横にタクシーを呼べる場所があるので
ここで順番を待ちます。待ちチケットをもらって順番に呼ばれます。
行き先のホテルなどの住所や名所を現地表記の言葉でスクショを持ったものを見せると
スムーズです。


タクシーはドンムアン空港からバンコク市内への距離は約30km約300バーツほどです。
渋滞が多いバンコクではタクシーは有料道路(別料金で50バーツ必要)
を走る選択をされる方がいいと思います。
降車時は運転手に手数料50バーツをと初乗りは35バーツからスタートして目的地までの
運賃を支払う形になります。
私はメーターを活用してくれているか必ず私は運転手さんの証明書とともにこの写真を撮っておきます。
途中渋滞しますがゴールデンウィークとして訪問した割にはスムーズで約40分ほどで
ホテルに到着しました。
運賃は195バーツとメーターにあったのでチップの手数料50バーツとあわせて
250バーツと高速50バーツで支払いできました。



さてさてホテルですが
景色が良くて日本人スタッフもいる上にリーズナブルで日本でこのランクのホテルは
10,000円以下では宿泊できないでしょう。


近い駅はエアポートレールリンク(電車)のラーチャプラロップ駅(Ratchaprarop)の1番出口を降りると
歩いて5分ほどの立地です。


切符はコインです。入場はタッチするだけで降車時はコインを入れるところがあるので
入れるとゲートが開きます。後日記載しますがアジアティーク ザ リバーフロント
向かう際に利用した電車の降り方でご紹介しますね。

バンコクの路線図はここを参考にしてください
ちなみに
BTS = 電車
MRT = 地下鉄
チャオプラヤーエクスプレスという水上の交通機関を言います。
タクシーはバンコク市内ではたくさん走ってますので困らないと思います。
トゥクトゥクは観光用なので一度は乗車してもいいかと思いますがあまりに今回は暑いので
私たちは乗りませんでした。


最上階のBARに上がるとこのような写真スポットがいっぱいあります。


もっとも驚いたのは一番上の階は窓もなく外に出られるのです。
風が強くあまりにも高いため恐怖さえ感じる絶景が広がってました。


84階から見下ろした景色です。


梅雨に入っていく時期ではありますが今日は天気に恵まれ綺麗な夜景を楽しむことが
できました。



朝の朝食時の景色です。スカイフロアでも食べられるので風が気持ちいいです。


街が一望です。


朝食は豊富で和洋中すべてあります。
私は普段朝食はとらないのですがカノムクロック(タイのたこ焼き!)は甘くて美味しかったです!



さてさて、どのような経験をさせていただくのか楽しみです。


◎ふんわりコミュニケーション「タオルの日」

・Web site : http://www.funwari.site

・Brand movie: https://youtu.be/1W8JzONtCVA

・Facebook : https://www.facebook.com/funwari.0429/

・Twitter : https://twitter.com/funwari_0429

・Instagram : https://www.instagram.com/funwari_0429/  



4(よく)月29(ふく)日は「タオルの日」に登録されました。







 





   


朝食は78階と82階のレストランで食べられます。
会場からはバンコクを一望できるので普段は朝食をとらないのですがせっかくなので満喫することにしました。
しかし料理の種類が多いです。
さらにホテル上階に最上階である85階には展望台あります。

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い