大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


信頼の掛け算 魔の5分

投稿日時:2018/04/24(火) 16:17rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

先日キングコングの西野さんのトークショーで
突如客席から立ち上がり私は舞台の前でマイクを握らせていただく幸運をいただいた。

もちろんそれは仕込んだ訳でもなく前へ行って目立ちたいという野心願望があった
わけでもない。

なぜ、私は咄嗟に身体が動き300人の前で温かい眼差しと拍手をいただいたのか・・・?

のちにお会いする縁者さんから「素晴らしいタイミングでしたね」
「感動しました」などと温かいお言葉をいただいた。
ありがたいことだ。


中にはうまいことやりよるな、計算されてたんやろという妬みや嫉みも生んだ形に
見える人もいて当然であろう。
私のことを知らない人も無数にいるし、誰やねんという叱咤もあるだろう。
お前を見にきたわけでないと。

しかし私はすごく大きなものを手にいれた。
それは無料で得ることができた広告で無料の信用も同時にいただけたのである。


4月16日の西野さんの講演内容にも使われていたテーマの【現代のお金と広告】に
ぴったりと完全につながる行動を私はとったまでである。
おまけに西野さんの講演の中でタオルの話が出てくるから完全に仕込みだという人さえいたほど絶妙のタイミングだった。

何度も言いますが仕込んだわけではない。

シンクロした内容に通じていくことが起こったことで
私が普段、遠吠えをしていても広まらなかった広報活動が
私の熱量に触れて拡散してくださる縁者は広くなった実感がある。


みなさんのフェイスブックやブログにコメントにとありがたいことに
多数アップいただいている。


5分しか前に立ってないにも関わらず私の写真が撮られ
西野さんや主催者の先生たちと一緒に並べていただけ投稿してくださっている。




どれもこれも客席の皆さんが撮ってくださっている写真ばかりである。

では何が起きたのかを少し今から冷静に振り返ってみよう。

司会を依頼されていた近藤さんは私の友人であるコンちゃんの奥さんで
昨年はご夫婦で参加したベトナム旅行でも親交を深めていた間柄。

声が透き通っていて司会としての品を持ち合わせ華麗さもある。
西野さんの進行にも主催者である村上さんも講演する阪本さんも
絶大な信用を得ている状態は間違いなかった。

事態は阪本さんのオープニングトークショーを終え
次に西野さんの登場となる間に起きた。

西野さんの準備がトイレ待ちで5分の遅延が起きるという合図が
後ろの扉で見えた。

私は偶然にも最前列の席でその合図を見てしまった。
同時に困惑する司会者の姿を見てしまう。

一生懸命に場をつなごうとしている中で彼女がよしと思って発した言葉が
実は私を前に行かせていただくことになるのであった。

「せっかくの機会ですので皆さん、名刺交換をしてもらえたら・・・」

その言葉が出た瞬間、まずい・・・と私が思いとっさに前へ出てしまったというわけ・・・。

彼女は間違いではない。

私が深読みしたのかもしれないが
たまたま私はこのイベントの受付をしていたため参加者の顔ぶれも知っていた。

本当にやりだす人が出てしまい会場がざわついてしまっては
これから登壇する西野さんの話の入り方が失礼にあたると感じ
彼女を救いたいという一心から私は前へ出たというのが本音である。

人間は経験が生きる。

マイクを握らせていただく機会も今まで
数回あったことで緊張があるわけでもなく話でとまどうこともない。

なんとかこの「魔の5分」を笑顔の5分にしたいと必死だったので
たまたま席取り用に用意していたタオルの日のチラシをもとに
タオルの日の告知をさせていただいた。

毎日毎日タオルの日は4月29日だという広報を行なってきている私にとって
それは体に身についたことである。
しかし、私はただタオルの日という記念日を宣伝するのは違うと思っており
みなさんが本当にタオルという生活の脇役である存在だけどタオルが犠牲になって
くれて私たちによりそい優しく包んでくれているというストーリーを語ったのだ。

少しでもこの瞬間にタオルのことを考えてくれたら記憶に残りインプットされる。
そしてタオルソムリエとしての活動も伝えられる。
何も自社のタオルを売ることも他社と競争することもしていないので
みなさんが受け入れてくださり、この魔の5分を笑顔の5分に変えられたのだと思う。
笑ってくださった皆さんの笑顔が今の印象に残っています。

司会の彼女から閉会になった際にお礼を言われた。
来場された皆さんからはすごい咄嗟に出れましたね。
仕込んだくらい上手にやりましたね。
普段は何をされているのですか?
4月29日はタオルの日って覚えましたよ。
とお声を書けていただいた。

こちらこそ失礼してすみませんという気持ちでいたことが
受け入れてくださる方がいて縁が生まれ信頼が生まれていった。

滋賀には使い古された三方良しの心が私はいつも
商売と離れていても支えている。
講演者・来場者・企画者に今回はなる。誰もがよかったという取り組みになる
お手伝いが出来たことをうれしく思う。

その対価としてお金には変えられないものを私はたくさんいただき
そしてお金をかけない最高の広告ができ、そして
信用を皆様からいただいた。

西野さんの本に書かれている革命のファンファーレを偶然にも
地でやっていたことになる。

全ては行動の中に感動がある。行動の中に喜びがある。
私の人生の理念の中にすべてがある。





  ◎ふんわりコミュニケーション「タオルの日」
・Web site : http://www.funwari.site
・Brand movie: https://youtu.be/1W8JzONtCVA
・Facebook : https://www.facebook.com/funwari.0429/
・Twitter : https://twitter.com/funwari_0429
・Instagram : https://www.instagram.com/funwari_0429/  
・YouTube :https://www.youtube.com/channel/UC0AvyWtLXRmVm8uG8rHfxeQ


4(よく)月29(ふく)日は「タオルの日」に登録されました。





【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中




ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年5月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い