大きくする 標準 小さくする


まいど 16名 桃太郎を語る

投稿日時:2018/04/22(日) 00:06rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

大の大人16名が椅子を円にして座り、『桃太郎』のお話を読み上げる阪本氏に耳を傾ける。

ここは大阪淀屋橋のビジネスビルの4階、窓もない隔離された部屋。

ここまでの話のくだりを聞くと隣部屋で開催されているスピリチュアルなセミナーの方がまともに聞こえるかもしれない。(本当に開催されていた)

 

いやいや日頃の私のブログを拝読いただいている方は怪しい方向にいっているとは決して思っておられないと思いながら続きをお読み頂きたい。

 

実はこれはある勉強会の題材となっている課題本の一節なのだ。


世間一般に知られている桃太郎を皆さんは頭にすぐに浮かべられるであろうか。

代々語り継がれてきたお話ではあるので概ね皆さんが浮かんだストーリーは正しいことであろう。

お爺さんとお婆さんがどんぶらこと流れてくる桃を割ったら登場する桃太郎は鬼ヶ島に家来となるサルキジイヌをきびだんごと交換にいくというアレである。

 

【どんぶらこ】という擬音語ですら疑い無いように
私達の脳裏に焼きついているこのお話は私たち現代人の感覚で紐解くと
どのような感想が出るのかというのが題材である。

 

実は桃太郎のお話だけにとどまらず読み方、紐解き方によって視点が変わると感想が変わるのである。

お話にはそういった深い理屈では答えられない魅力があるのだ。

 

なぜ話し始めは老人が語るのか?

なぜ桃なのか?

鬼を退治にいく必要があったのか?

家来はなぜサルキジイヌなのか?

きびだんごの意味は何か?

 

そもそも何故強くなくてはいけないのか?

ひ弱な桃次郎が実在し彼の方が今の世の中では生きやすく親しみやすいと心の拠り所に出来るのは何故なのか?

テレビの影響もつ現代の子供達は桃太郎も金太郎も同一話で出てくる友達とCMをみて思ってやいないか?

 

16名の大人がまともに桃太郎を語る角度はどれも違う。

 

そこから今じゃあ、桃太郎の存在そのものをビジネスモデルのブランドに各々の経営に落としてみたら何が見えるかと問答していくのが阪本流の勉強会である。

 

桃太郎の話が生まれたその頃はこんな意味ある濃い題材になると思ってなかったであろう。

少なくとも子供達の前で紙芝居をしていたオッちゃんはおらんかったはずだ(笑)

 

20分の休憩を挟みテーマがごろっと変わるのも阪本流。

 

だからといって根幹はブレない。

あくまでもブランドという

インタレストとイノベーションの追求が課題だ。

JOYとWOWとLOVE&FUNを創造するにはかかせないと阪本氏。

 

今日はその中でソーシャルトラストつまり社会的信用を積み重ねることで自分の未来を創造してみるというワードでグループシェアをスタートする。
 


もちろんそれをやろうとセミナー開催当初から考えてきていたのでなくやりたくなったからやるというヒラメキも大事にする阪本氏が、トラストを今日のフックにしたのだ。

 

 

これからの経済はお金という信用ではなく人の繋がりから生まれる信用をどう創造するかにあると言う。

 

よくよく考えたら何も無い時代は社会的信用さえあれば生きることの喜びは99%与えられていたのかもしれない。

しかし競争という資本主義いやそれが共産主義、社会主義であろうが比べるという脳を人は働かせ出してしまった。

人間の持つ生理現象のせいで人はその豊さをお金という物理的なものに委ねてしまい
それを当たり前に生きてきた時代の方が長くなってしまったためお金の奴隷になったのだと。

 

この現代にはお金という存在そのものが価値を無くしてきていることに気づきだしたため
もう一度ソーシャルトラストを作り直すことをしなければならないというのが阪本氏の投げかけである。

 

ひとつのテーマが与えられると化学反応が生まれ熱量が上がると自分の世界観へ落としていくスピードが加速しているのが実感できる。

それは体験したものにしか分からないものであろう。

ただしその同志内で【信用】という基本がないと成り立たないのはいうまでもない。

まいどインターナショナルはそのスナック化がもう完全に出来ている。

 

今日も楽しい学びがたくさんあった。
ただ私は信用がお金で信頼が人と言い方を今までしてきている。
ここでは人をトラストするという意味で信用という言葉で統一させている。


人縁に感謝。懇親会場はまいどインターナショナルの同志であるレストランを貸し切って
開放感ある話でまた盛り上がる。 そこで生まれる発想はいつも破天荒だが楽しさは共通になっている。

次回は白雪姫だそうだ。

予習するかどうかは寝てから決めたい。






  ◎ふんわりコミュニケーション「タオルの日」
・Web site : http://www.funwari.site
・Brand movie: https://youtu.be/1W8JzONtCVA
・Facebook : https://www.facebook.com/funwari.0429/
・Twitter : https://twitter.com/funwari_0429
・Instagram : https://www.instagram.com/funwari_0429/  

4(よく)月29(ふく)日は「タオルの日」に登録されました。





【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中




ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト 
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い