大きくする 標準 小さくする


天下一の軽口男 木下 昌輝氏著

投稿日時:2016/05/08(日) 18:02rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


天下一の軽口男 木下 昌輝氏著​


世の中を感動させて元気にさせてくれるものに常々「笑いとスポーツや」と
言い続けて久しい。

新幹線を待つホームで一冊の本を手にした。
最後のサイン入りの本であったからかもしれない。
普段はお会いしていない著書のサインに興味を持つことはないのだが
笑いという言葉に敏感に反応してしまったのだろう。

日曜日の朝から一気に読み上げた天下一の軽口男
自分の若かりし頃に主人公の彦八になぞらえて読み進んだ。
関西弁の調子も自らに置き換えやすかったのもあるであろう。

思えば学校でも町内会でも人を笑わせることが好きな子供であった。
女装もしたしモノマネもした。
舞台は田舎の親戚での前での歌マネやった。

当時を回想すると幼い子供がすることやからそないに似ているものでもないし
照れも恥じらいも交えながらやしおもしろいものでもなかったのかもしれない。

それでも親戚のおっちゃんやおばちゃんは温かい笑いを与えてくれた。
それが子供心にうれしくてなんどもなんども演じたり歌ったりして
人前にでることに気後れしない自分に育て上げてくれたんだと感謝の気持ちが
湧いてくる。

エスカレートして地蔵盆の夏の祭りでは櫓を組んでくださった上で
町内会の祭りで絶えず歌を歌ってモノマネをしていた。
十八番は千昌夫さんの味噌汁の詩。
今でも歌詞を見ずに歌える唯一の曲であるから相当歌い込んだモノマネとなってしまい
ゲンといえば千昌夫ならぬ元昌夫やと言われるほどに記憶に刻んだものである。

人を腹から笑わせることは本人が一番気持ちいい。
本人が気持ちよくないとそれは相手も気持ちよく笑わない。

そんなことを悟った生き方をしていたのにしばらくこの本を読むまで
遠い記憶として忘れてしまっていたことに気づいた。

主人公の生き方はお笑いの世界の厳しさや妬みや嫉みが常日頃ある中でも
誰のためにやり遂げたのか何が自らの才にあっているのか何をもって世に問いたいのかを
凝縮した一冊になっている。

笑いの芸の世界は深い。

しかし芸は普段の生活からしか沸き立たない。

笑いを共感させてこそ波動となって自らに返ってくる。

結婚したら毎日3回笑わせる!と女房を口説いたことを思い出した。
今は毎日3回怒られている・・・。

えげつないぼんくらになってもうた。


毎日鬼の形相でしかめっつらして生きるより口角を上げて笑っていきる人生がええ。


そんなことを感じさせる一冊である。

ぜひ。



【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】

オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト
 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年12月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い