大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


愛犬と「幸せ家族」になる方法

投稿日時:2015/11/07(土) 08:54rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


愛犬と「幸せ家族」になる方法 (PHP文庫)

「口へんに犬」と書いて吠えると下世話に言うが
親友でもある一夫ちゃんが愛犬を題材に本を出版されたと聞いたからには
犬でなくてもウワーオゥ!と吠えたくなるもんだ!

こりゃーめでたいと出版発売と同時に完読させていただいた。
まずはおめでとうございます。 

数々の生き様を知った私からすると天変地異の人生を送られた著者作家の安藤一夫ちゃん。
親しみやすいおおらかなユーモアトーク満載の人柄だがご苦労も多い。
今はそれも笑いに変え、人生を豊かに生きる姿を身をもって皆さんに伝授してくださる。

その包容力たる男のかっこよさや頼りがいある風貌はどこから来るのだろうか・・・?
すべては家族として迎え入れる愛犬の存在にあったのだとこの本を読みそう感じてしまう・・・。

といっても単なる愛犬と幸せに暮らす方法をくそまじめに語れる性格の一夫ちゃんではない(笑)

「犬が吠えるのはリーダーたる飼い主の責任だ」と一丁前のくだりは
プロのドッグサロン経営の逸材だと見逃しても、
昔取った杵柄の男女関係の色恋沙汰話が時折混じるあたりは一夫節がたっぷりでクスリと笑ってしまう。
どちらを伝えたいのか読み手がこんがらがるほどで奥さん(著書の中では奥と書かれている)に本を
通じて一夫道を正当化したかったのかと誤解すらしてしまう(笑)
いやいや一夫ちゃんに言わせれば世の男性の代弁者になったのだと言うであろう。

兎にも角にも愛犬を持つご家庭が多くなり、また愛犬の長寿化の時代になりつつある今、如何に人間の理解を
してくれる犬と幸せに暮らせるかを解説した分かりやすい一冊に仕上がっていているのは確かであり読みやすい。

押し付けがましいハウツー本でなく自らの意見がふんだんに詰まり(偏りもあってこれがまたいい!)経験してきたプロだからこそ語れる目線が説得力となっている。

間違った愛犬との過ごし方をしていたと気づかれることも多いはずであろう。

実のところ我が家では生まれてからこのかた愛犬と過ごした経験はない。
小さい時に貧しいかったこともあるが共働きの自営業という環境ではペットを飼ってやれる責任を持てなかったのが最大の理由であろう。

友達の家に行くと人懐っこく寄ってくるマルチーズや親戚のおじいちゃんが買っていた柴犬と散歩に行く楽しみや女房の家に飼われていた紀州犬の仔犬などと戯れたりする愛くるしさはいつかは我が家にも愛犬がいたらとついつい思ってしまう。

そんな愛犬と住む初心者の方にもわかりやすく失敗しない愛犬との選び方や接し方までも詳しく書かれているから心強い一冊でもあった。(そのうちにゲンチャンにはこの子がええよと子犬を選んでくれるかも)

知らないで犬を飼うことでお互いがストレスを溜めることは意味がないと一夫ちゃんは言う。

人間と犬が共有して生きながら屈託のない愛犬の愛を感じて欲しいと綴られている。
そして最期を看取る意味とは…⁉︎

クライマックスを迎えるまでのアップダウンのジェットコースターストーリーは読み応え充分である。


この一冊を読んで犬と向き合うとまた違う意味で愛おしくなるはずである。

素敵な本をありがとう。







【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】

 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年8月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い