大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


まかせたろのイタリア旅行4日目 フィレンツェ

投稿日時:2015/05/06(水) 23:56rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


予定とおりにフィレンツェ駅に列車は到着しました。
1時間半ほどの高速列車で移動したのですがまったく街の雰囲気が変わります。


ホテルは駅より最寄りのホテル ガリレオ フィレンツェに。
徒歩5分の好立地にありフィレンツェの主要街はここからアルノ川を挟んで歩いて回れる部分に集まっています。


皮商の露店が並ぶ空間は少しアジアを感じます。


そこを抜けるとドゥーオモとベルタワーが聳え立って現れます。
すごい迫力です。


村上さんは足が痛いということで一人で414段を10ユーロで上ることにしました。


離合するのも大変な狭い階段が続きます。結構きついです。



どんな雑誌にも象徴なる赤レンガの街並みを観光の拠点となっているドゥオーモを俯瞰しながら
地上では分からなかったフィレンツェの街を見つめることができました。



またローマとは違う街並みに感動です。


世界の有数なブランドを輩出しているイタリア。
ここフィレンツェもミラノに次いでファッションの街でもあります。
特に革製品はいたるところにお店があり今日はいくつかお土産も兼ねて
ショッピングに繰り出しました。
タオル地のスタイに手ミシンで名入れをしている職人がいました。


予約をしてなかったのですが地元トスカーナ料理で有名なオステリア・ディ・ジョヴァンニの
リストランテへ行くとOKと通されたのがワイン倉庫での食事会場は地下でした。
たくさんの方がもう召し上がっておられました。


フェンネル入りのサラミを前菜にイタリアワインを一本あけます。
最高のワインに


本場のビステッカは格別でした。

二人で100ユーロで食べれるのはリーズナブルです。


ほろ酔い気分で夜のフィレンツェの街をサンタ・マリア・ノヴェッラ広場あたりを散歩しながら
ホテルに戻りました。

皮や金工作とともに織物などの地場産業でも中世の頃より栄えていたと言われる街。
もちろんデザインは特に優れておりこのイメージをいかにしてタオルに落とし込むかが
メインテーマの旅です。
1842年創業という伝統リネンの老舗、ブサッティさんは外せませんでしたね。
完全ハンドメイドでひとつからでも作り上げるという繊維で織られた作品はどれも素晴らしいです。
綿と麻の比率で半々の商品が並んでいました。


アンテナを張っているとたくさんのリネンに巡り合います。




【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年10月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い