大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


びわ湖サイクリング

投稿日時:2011/04/10(日) 18:13rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今日は滋賀県は絶好のサイクリング日和です。
昨日から3年生になったらびわ湖大橋から近江大橋をびわ湖でくるっと1周しようねっと
次男に行ってました。

3年生になるくらいからですとこのコースは最適です。
びわ湖1周のびわいちは大変ですが、橋から橋はゆっくり行っても十分楽しめます。

ではでは唐崎から出発しますコースをご案内いたしますね。
























毎日牛乳さんの前の桜は毎年、入学式の際には思い出の桜となる名物です。


朝、7時50分に通過します。


























雄琴温泉の足湯を入らせていただく場所があります。
無料ですが、たくさんの方が朝からお越しになってました。
まだ、かじかんだ手と足元をゆっくりと温めてぽっかぽかです。


























天神川にはこの時期には鯉のぼりが泳ぎます。

さあ、堅田まであと少しです。


























8時50分 堅田のびわ湖大橋を渡ります。
イズミヤさんの前の桜も綺麗です。

























月に1回15分だけ動く観覧車。
まだ動いているのを見たことはありませんが。。


























びわ湖大橋を渡るところに道の駅があります。
びわ湖の名産物や朝採り野菜が豊富でにぎわってますので立ち寄ると楽しいですよ。
ここで子どもとキャッチボール。

























びわ湖大橋の一番水面から高い位置にはまず立ち止って下を見てください。
結構高いですよ。

























先ほど立ち寄った道の駅が向こうに見えます。
その後ろに比良山系です。

























橋を渡りきり守山市の湖岸を走ります。
びわ湖大橋も遠くになっていきます。

























ここからは快適なサイクリングロードとなってます。
道幅も広く多くのランナーたサイクリングを楽しむ人がいます。
水面にはバス釣りを楽しむ人やバーベキューを楽しむ人でいっぱいです。
信号がほとんど無いのでドライブコースでも人気です。

























びわ湖のヨシです。


























子どもは快調です。
























少しヤクルトを飲みながら湖面沿いで休憩。
前ではウエイクボードをする演技に見とれてました。

























道の駅カラスマ半島には動物ふれあいの場所とイチゴ収穫をさせていただく場所が
あります。

のどが渇いたのでイチゴのハウスに3人で入りました。


























大きなイチゴがいっぱい。
ここは摘みながら食べるのでなく摘んだイチゴを出口で計ってもらって
買い取りします。
だから入園は何人で入っても採った分だけなので体験したい方はぴったりですね。




























食べる分だけ摘み取って1パック350gでしたので1000円支払いました。
その場で洗って天気のいい外で食べるのは本当においしいですよ。

ここで11時半でした。昼食をここでするのもいいかと思いますが、
まだ、おなかが減ってないというので我が家はいちごだけ食べて出発しました。

























ここから用水路がずっと片脇に続きます。
車では意識してなかったのが自転車だったら発見するんですよね。

よくよく見ると、

























大きな亀が日向ぼっこしてます。

その数が半端やないです。

100匹以上いました。
























鴨も気持ちよく泳いでいます。

























子どもがにわかに競争しだしてスピードアップしますが、私はお尻が痛くて・・・。

























右端に向こう岸に大津プリンスホテル。左には近江大橋が見えてきました。
あと少しです。

このあたりで12時半です。
イオンモールが見えてきますのでここでおにぎりを買いました。

























近江大橋を渡ります!
気温もだいぶ高くなってきて半そでで十分です。

























渡りきると膳所城の桜が満開です。すごい人です。

























綺麗な桜に感動です。


























浜大津港のあるびわ湖ホテルとボウリングや映画館のある複合施設アーカスを
超えるとあと少し。

ゴールは2時です。


楽しい一日ありがとうございました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
photo_bab927a9c4840220e0eafdebd65d3959.jpg

【タオルはまかせたろ.com】

【タオルはまかせたろ.com楽天店】

オリジナルタオル制作e-towel.net

トラックバック一覧

コメント


今日はロングやったな(笑)

Posted by タイスケ at 2011/04/11 08:52:48 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年8月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い