大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


まかせたろ カンニングについて考える

投稿日時:2011/03/04(金) 20:37rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

京都大学などの入試問題を試験中にインターネットに投稿のニュース。

私は学校の授業中の試験でカンニングをしたことがあります。
親にいいように思われたい。成績がいいと思われたい。
誰もがぐらつく思春期。

私は大学受験に真剣に取り組み始めたのは最後の野球の大会が終わったあとでした。
みんなより遅れていたせいか、焦りもあったと当時は思います。
推薦入試の仲間は早くも決定していたりしたものです。
なんとか進路も決めなくちゃって。

しかし、一緒に朝早くから友達と集い、一緒に勉強することが楽しかったことも
思い出します。
塾にも何も通っていない時代。

しかしそこには学び舎をともにした友達がいました。

相談する本当の友達が・・・。


一緒に合格しようなっと。



京都産業大学の入試の時でした。

国語の試験の最中、答えが分かっているのに思い出せない場面に
出くわします・・・。

すると何気なく頭を上げたその瞬間に前の受験生の答案用紙が
見えてしまいました。
当時の受験会場は座席がだんだんと前に向かって傾斜していたので
目に入ったんですね。
その答えが私が思い出せそうで思い出せない問題の答えのところだったのです。
その答えは正解の自信がありました。

そこから、私は書くべきか、書かぬべきかという葛藤に入ってしまったのです。

当時は今回の生徒のように予備校へ通い、センター試験で不安を覚え
母親への愛情という複雑な気持ちは私は持ってませんでした。

ただ、ここで、書いてしまったら、後悔する。

そう思っていました。

それから、試験時間は過ぎ、私は産業大学の受験に失敗しました。

その後もことごとく、どこの大学の受験もダメでした。


もし産業大学の試験で回答を書いていたらっと今度はそっちのほうに
後悔しだしていたのです。


人は追い詰めらると無意識に悪いと思っていてもしてしまうことがあります。

私はあの経験が今もあり、良し悪しの判断の際に脳裏に浮かびます。

私から今回の学生やそして受験をする学生さんにお伝えすることができるのならば、

親友を持とうということ。
追い込まれる時は人生にはある。死のうだとか、逃げたいだとか、そんなときに
大丈夫!死んだらあかん。 そして次がある!必ずある。っと押してくれる仲間を持ってほしいと思います。

それから、チャンスは若いからまだまだある。ということ。
優しい人は心が折れそうな時、失敗に真正面からぶつかりすぎます。
私もそうでした。
でも、何度でもやり直せるということです。
今回のことを反省しているのなら、大きなチャンスがまだあると世間は
受け入れるようすることも大人の仕事かもしれません。


そして最後に周りと闘う前に自分と闘う方法をもっと学校やスポーツや家庭で、地域で学ぶ場を持たねばダメだということです。
パソコンの向こうからは何も自分が何ものなのかは気づかせてくれません。

自分の強い意志がなければ、合格しても社会で通用しないですからね。


角度を変えて、教育という社会の在り方。

日本はどこへ向かっているのでしょうか?

カンニングの徹底をする前に、抑制する前に、もっと大事な何かを見失いつつ
あるようです。


今、私は幸せです。


カンニングして合格していたとしたらやはり今、後悔していたでしょう。

でも、カンニングして回答を書かなかった勇気に感謝してます。

それを支えてくれた、当時の先生、家族、そして仲間に感謝してます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



汗を拭うな!

世界で輝け! 日の丸タオル 

10032801



日の丸タオル好評販売中



※日の丸タオルは(株)京都工芸の登録商標です




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック一覧

コメント


深・・・考・・・感・・・

非常にインパクトのある内容。
深く考えさせられ色々と感じました。
ある意味人生の分岐点でしたね。
普段のブログから思っていますが、まじめで正直、素直ですごい方だと。
お天道様は見ています。
人は騙せても、自分は騙せんから。
「経営者」としても「男」としても、「子供の親」としても、寺田さんをこれからも見習いたいと思います。

Posted by 山田敏晶 at 2011/03/05 07:01:00 PASS:

分岐点・・・そうだったかもしれませんね。

山田さん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
コメントありがとうございます。

何か世の中に起こる若者の心の葛藤に
深く考えさせられる事件が多いですね。

いつも自分だったらどうだろうかと考えながらニュースをみています。


>人は騙せても、自分は騙せんから。
   ↓
  ほんまにそうですよね。

まだまだ、未熟ですので私も山田さんにご高導いただきたく存じます。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Posted by 寺田 元 at 2011/03/05 09:45:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い