大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


タオルソムリエ 祝アースマラソン完走の寛平さんを語る

投稿日時:2011/01/22(土) 20:49rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

アースマラソン。 完走。

寛平さんが数々の名言を私たちに残してくださいました。
「俺は幸せ者もんや。」 と発言されたゴールの感想はランナーなら
共感できるはず。

私が小さいころ沿道で走る瀬古選手にフラッグを振りながら
声援を送ったことをおもい返します。

なんでみんなは応援するのか分かっていなかったあの頃・・・。

でも走った経験を持つとその声援がどんな
ものなのかが分かってきます。

ランナーにとって声援がないのは過酷な道。

何も考えずに走るなんてあり得ない。

必ず自身への自問自答が起こり
不安と逃げたい気持ちと周囲への
感謝が交互に起こる。

くる日もくる日も異国を走り、
人種間を飛び越え、「子供の笑顔は共通やった」と
語る寛平さんの言葉には苦しい道のりと
乗り越えられたのは何故だったのかがその一言から感じられます。

その笑顔と言葉の壁を超えた温かい声援がなければ
この偉業は達成しなかったでしょう。

奥様の存在を大にして表現される寛平さんだが
走行中は第二の女房として
サポートしたスタッフ達の姿は表に出ない。それでいい。

食事から体のケアも含め彼なしでは
できないと寛平さんは伝えてスタートされている。

息子や故清志郎さんの応援歌や
見えないところで応援に駆けつける仲間の存在。

それをギャグに変えながら私たちに茶の間に振りまく
お笑いのプロ魂。

癌の告知を受けても前へ進む意味はなんなのか・・・。
走ってたものにしか分からない選択かもしれない。

人のことはナントでも言える。
ヒトは勝手な評価をする生き物だから。

でも本人は本当に苦しんでおられたと思う。

振り子が大きかった分、感動のゴールになるのだと思います。

誰のために何のためにっと質問するのは愚問である。

行動の中に感動がある。
行動の中に喜びがある。

その後にできた轍の深さにヒトは感動するのであると。

一日50km。


マラソンを経験したヒトならこの距離がどれだけ
すごいか感覚で伝わるであろう。

温度差の激しい条件などが加わり、世界の風をうけ、
日の丸を背負う覚悟を持ち挑むサムライを
寛平さんに感じて応援している自分がずっといました。

2年前一緒のホノルルマラソンを走って
その後からずっと走り続けてこられた寛平さん。

私の二年間と寛平さんさんの二年間は
比べる必要はない。

しかし、もし贅沢な日本で生きてるヒトの
中で、今生きているのか死んでいるのか
分からないと嘆く暇があるなら
とりあえず走ってみるのがいいっと伝えたい。 
当然自分自身にも。

走る。ただ、それだけなのに
ヒトは感謝や喜びに気づくことがある。

前へ進むことが生きることだとみえるもんだ。

そしてそこに自分の道を知り
自分のためによくやったっといってやる!

そんな人生が素晴らしい。

寛平さんがそう教えてくださったように。



本当に感動をありがとうございました。

「わしゃ止まったら死ぬんじゃー」のギャグを
そのまま人生におきかえた寛平さん。

ゆっくり休んでくださいはいらんお節介かしれない。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



汗を拭うな!

世界で輝け! 日の丸タオル 

10032801



日の丸タオル好評販売中



※日の丸タオルは(株)京都工芸の登録商標です




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラックバック一覧

コメント


ホンマ感動でした!!

寺田さん

こんばんわ。1/21のゴールを見に行って寛平さんに触ってきたハタナカです。

寛平さん!ホンマ凄いですね。
1日50㎞は凄すぎます。凄さが良く分かります。

昨年の12月から私は、月200㎞をノルマに走っています。2ヶ月連続達成ですが・・・まだまだ足元にも及びません。

今年は、よっちゃんと二人で160Kmのトレイルランのレースに出ます。その為に、月に2回六甲縦走(56㎞)のトレーニングを課しています。

又、そんなアホ達にも付き合ってくださいね(笑)。

Posted by ハタナカきゃぷてん@ウレタン屋 at 2011/01/24 21:07:00 PASS:

さすが、キャプテン

ハタナカさん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
さすが、生カンペイさんに会いにいくなんて素晴らしい!
また、そのパワーをもって自身に挑戦されているキャプテンはさらにすごいです。
応援してます! タオルならいつでも言うてください。

Posted by 寺田 元 at 2011/01/25 08:30:00 PASS:

泣いたよ!

こんばんわ。

ワタククシも寛平ちゃんのゴールを見に
大阪城に行ってきました。

鳥肌立ちまくりデス。
本当に、感動を頂きました。




行動の中に感動がある。
行動の中に喜びがある。

↑大好きな言葉です。

行動こそ、真実です。
胸に誓って、ワンパクに生きています。



チャレンジって素敵やなぁって
改めて思いました。

Posted by よっちゃん at 2011/01/25 19:15:00 PASS:

よっちゃんもさすがやね

よっちゃn
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
ここにもまた、熱い一人がいましたね。

行動の中に感動がある。
行動の中に喜びがある。

↑大好きな言葉です。
  ↓
 弊社経営理念に共感いただくよっちゃんが好きです!

しかし、ほんまに熱いというのが文面から伝わりますわ。。。

Posted by 寺田 元 at 2011/01/26 16:07:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2023年2月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い