大きくする 標準 小さくする


「情報公開の基準」について

投稿日時:2009/11/29(日) 18:20rss

<質問>------------------------------

個人情報保護法の成立以来、情報発信の枠組みが大きく変わってきたと
感じております。

個人的にも組織的な情報公開型企業を目指しており、すべて公開していこう
という方針で展開してきております。

しかし先日、社員とのコミュニケーションのなかで、「ブログで情報発信する
際に、写真と名前については公開を控えて欲しい」という声がありました。

社員からそうした要望が出るのも当然だと思います。配慮したいところですが
目指す方向性のあいだで、若干のジレンマを感じています。

会員のみなさまは、情報公開の基準をどういったあたりにおいているのか
(例:一定以上の個人情報に該当する部分は出さない 等)、お聞かせいただ
けましたら幸いです。

                  (治部電機株式会社 治部健社長)

----------------------------------




治部電機株式会社 治部さん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
いつもお世話になっております。
ご質問ありがとうございます。
一緒になって考えていきたいと思います。

私はブログを通じて書く際に自身に意志を持って書くようにしています。
意志とは自分が言い訳や嘘や楽しくないことさらに人を傷つけることや
気持ちが滅入ってしまう内容は一切書かないと決めています。

それでも年間、2~3件は記事の削除を求められることがあり、適切に
対応しお詫び申し上げ、削除することもあります。

全員に理解していただくことも無理ですし、ある意味良ければと思って
発している情報でもとらえ方によれば、中傷していることもあり得ます。

しかし自分の意志が中傷させたいからというためではないということを
明確にしていれば、いいのではないかと思っています。

情報を発信するのは本当に本当に勇気がいります。

勇気をもって情報発信という言葉に出会ったのは5年前。

そう思って毎日書き続けるブログは意志が曲がってないつもりで
書いているからこそ、個人情報の内容も受け容れてくださっていると理解しています。 
誰もその方に不幸を招くために発しているのでは無いということを
トップが伝えることが大切かと思います。

組織として、何処まで情報公開するか 皆さんには、基準をお持ちでしょうか
という問いには
情報を公開するにあたり責任や事故やつまらないトラブルになることを
念頭に置くのも必要ですが、世の中のいい意味での公開を無くして
楽しい喜びと感動を人に伝えていけるのかが、自分の中にはあります。

縛る法律・守る法律と理解するだけでなく、発する側の意志さえ、
取り違えなければ、いいのではないでしょうか?


世の中はつながっているのだと言いますよね。

人が人らしく生きるのに愛があれば掛け違いはないと信じることも
大切だと思ってます。


「ブログで情報発信する
際に、写真と名前については公開を控えて欲しい」という声がありました。

これを聞き社長のところは風通しのいい会社なんだと感じました。
やはり右向け右でなく意見を言ってもらってこそ考え、思い、そして決断できるのですものね。 それを聞く耳をもち悩む社長が素晴らしいと感じます。

社員のプライバシーで触れられないところまで私達トップは立ち入れませんが
それが何かを知ることがトップでは大事なことであり、一律に統一せずとも
いい部分も必要かと思います。
目指す方向性という言葉をお使いでしたのでベクトルさえしっかりしていれば
公開内容は千差万別でもいい落としどころがあると思います。

私は社として何故伝えたいのかを明確にすればいいと言い聞かせてます。

顔にコンプレックス。寝相にコンプレックス。歯磨き音にコンプレックス。
まちまちですからね。
 すべて私ですが(苦笑) (そんな細かいこととは違うと当然察してます。)



上手に言えませんが3年以上、情報を発信していて公開せぬことより
したことのプラスが多かったので何かの参考にしていただければ幸いです。



今後ともご高導のほどよろしくお願い申し上げます。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
汗を拭うな!
世界で輝け! 日の丸タオル 

 販売サイトはこちら
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

rogo
【タオルはまかせたろ.com】
【タオルはまかせたろ.com楽天店】
オリジナルタオル制作e-towel.net

トラックバック一覧

コメント


価値の伝達

寺田元さん

こんにちは!じぶです!
いつも何かとお世話になりまして、ありがとうございます!

今回も、小さな疑問へのお答え 重ねてお礼申し上げます。

寺田さんの「意思を持ち、意志とは自分が言い訳や嘘や楽しくないことさらに人を傷つけることや
気持ちが滅入ってしまう内容は一切書かないと決めています。」という点は、寺田さんらしさがニジミでていますね

そして、「私は社として何故伝えたいのかを明確にすればいいと言い聞かせてます。」という定義をもたれているのがすばらしいですね

ありがとうございます!
しっかりと価値の伝達をしたいと思います。

Posted by じぶけん at 2009/11/30 11:45:00 PASS:

治部さんおおきにです。

治部さん
こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。
いつもお世話になってます。
ツイッターも生かしながらどう、情報を公開していく流れを人間の脳がついていくかも、考慮していかねばなりませんね。

まあ根底にある一番大事なところさえ抑えていれば、踊らされることもないでしょう。

ありがとうございました。

Posted by 寺田 元 at 2009/11/30 19:25:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い