大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


なんにもしてないから、(前編)

投稿日時:2009/02/01(日) 22:40rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です

昨日と、うって変わって雲一つない青空だ。
東京に着いてからほとんど、食事が喉が通らなかったのに、東京の朝が
晴れだったことに又、心にスイッチが入った。


ホテルの朝食のおにぎりを3つたいらげて、浜町公園にある神社に一礼をし、
感謝をのべて、改札に向かった。

目黒からバスに乗り、2回目の訪問・・・。
初日の強風の冷たい小雨の降るナーバスな自分とは違い
キャリアケースも引きずることなく、抱え込むように目指す先へ向かっていた!

白い住居にトレーニングルームがかすかに垣根から見える。
空調はボーンと音を唸らせているが、人の気配は全く感じない・・・。

インターホンを鳴らす。

そしてもう一度、鳴らす。

レンズの向こうをまばたきすることなく出来るだけ穏やかな表情で
突っ立ている自分がいた。 3分くらい経ってたんだろうな・・・。

その向かい側のマンションで縄跳びで遊ぶ子供の声で我に返った。
息をするのを忘れていたようで慌てて息をした・・・。
もう少しで過呼吸になりそうだった・・・。

当てもなく、考えもまとまらないままに、ご自宅の周りをぐるりと回り、早朝のランニングをするランナーと何人もすれ違った。 
スーツケースを抱える私を見て「また、ファンがどこからか、来たんだろう・・・」っ的な目で見ているように感じてしまう程、気持ちが沈んでいく
自分に向き合えずにいた・・・。

(私はここで何をしているんだろう・・・?)

勉強会でお世話になっている先輩に電話をした。
明るい元気な性格でみんなからはパパの愛称で親しまれている。

「今から寄せていただいていいですか?」 「どうぞ♪」 明るいパパの声だ。



パパには二人の子供がいる。
5歳長男と7歳長女で自宅に残してきた私の息子達と年が近い。


かわいい子供達は人なつっこくて、すぐに私を受け入れてくれて遊んでくれた。


09020101
奥さんはキッチンと居間を行ったり来たりとケーキだ、ゼリーだと東京の有名店の品をあれやこれやと揃えてくれる。 


遅めの昼食だと夫婦でサンドイッチを作ってくれたので、ベランダの眩しいくらいの日差しの中で、子供達と楽しく食べた。


パパはその間に隣に住むIさんに電話をしてくれたらしい。
「今、湘南にシェパードと行ってるから、戻ってきたらタオル預かってあげるって」・・・。


一瞬、何を言っているのか分からなかった。 そんな簡単なことなのか?
愚問をもう一度、してみた。 でも答えは一緒だった。

「簡単なことだろ!」 っと返事が返ってきた・・・。
奥さんは今から来るからと誰が来るのか分からないけどもギョーザ作りに
必死だ。

それをパパが丁寧に皮を器用に包む。

私は二人の子供と英語版の機関車トーマスのアニメを観ながら、言葉は分からなくてもストーリーは分かるもんだなって変に5歳の子を膝に乗せながら2時間近く観ていた。


ピンポーンとなって勢いよく二人の子供と女性が一人やってきた。
めちゃくちゃ底抜け明るいWさんという女性はたらふくお酒を飲んでも
変わらず、明るく笑っていた。
そして風のように帰って行った。



続いて二人の夫婦がやってきた。 会った瞬間から物腰の柔らかいそして懐の深そうなご主人と花粉症でタオルで鼻を押さえながら、笑顔の優しい美人な奥さんだった。  この方がIさんだった。 初対面だったのに元ちゃんと言って
朗らかにお話をしてくださった。

続いてピンポーンと鳴り、2階の住民から鍋を借りにくる人がいた。

「ここはほんまに東京なのか?」っと思えるくらい、昭和のままの近隣同士のつきあいが深い。 それもマンションだぞ!

でも、それはパパと奥さんの雰囲気がそうさせるものだと出会えば誰もが感じることであろう・・・。


Iさんの奥さんがすぐに私の夢の諸事情を理解して、悦子婦人に電話をかけてくださった。
もう夕方6時を回っていたことを初めて時計を見て知り、私はなんて長いこと、この居心地のいい空間に居ているのだろうと思った。


ドキドキしながら、Iさんの電話が終わるのを待ったが、悦子さんの携帯は電源が入っていなかったらしい・・・。



09020106
夕食はパパ特製のギョーザだ! なんでこのタイミングで私の好物のギョーザが
出てくるのかなんて、もう何も不思議に思うこともなかった・・・。

人間は全て成るようになっているんだと昨晩滋賀の社長に電話で教わっていたから。

Iさんご夫婦もパパのギョーザが久しぶりに食べられるとうれしそうにしていたようだ。

 旨かった。 身がたっぷりのギョーザになかなか手に入らないラー油をいっぱいつけて食べた。  


10個ほど食べた頃かな・・・? 



   Iさんの携帯が鳴って「悦子さんだ♪」と外へ出て行かれた。



もうギョーザが喉を通らなくなって固まっていく自分がそこにいた・・・。
私の体はなんてわかりやすく出来ているんだろう・・・。
緊張すると胃がかくれんぼしてしまうようだ・・・。



部屋に戻ってくるのは10分か、20分か、いや、もっと短い3分くらいだったのかもしれない・・・。
それだけ、緊張している自分がいる・・・。

部屋に戻ってくるなり、私を少しチラッと見てから、
Iさんは「つまようじ貸して。歯に海苔が付いていて恥ずかしい・・・」・・・。
  どこでしゃべっていてその自分に気づいたんだろう?

私は冷静なのか? それとも・・・。間違いなく冷静ではない。 つばが全く飲め込めないことに気づくのにそんなに時間はかからなかったのだから・・・。


「元ちゃんちょっと待ってね」 そう言ってIさんは又、部屋を後にした。 



続く・・・







 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2022年12月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い