大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


アンコ椿 信用 郵便局

投稿日時:2007/01/15(月) 20:56rss

 ♪三日おくれの 便りをのせて
     船が行く行く 波浮港~  
   
         (アンコ椿は恋の花 都はるみさん)


こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。
小正月の本日も御挨拶回りとご注文の配送に各郵便局様へ伺った。
どこの局も忙しくてお客様は満員状態である。

そう言えば今年の年賀状は遅れが生じて元旦に届かず、クレームの電話が
通年の3倍だったという記事を各新聞で見た。

郵便局さんの言い訳があまりよろしくなかったのか、さらにクレームに
輪を掛けたところもある。
各紙書き方はマチマチであった。
 ●年末に襲った冬型気圧配置の為、便に影響が出た。
 ●2億枚の処理能力を持つ機械でも年末に投函されたはがきを
  さばききれなかった・・・。
 ●アルバイトの人員不足・・・。

 話しは戻るがアンコ椿は恋の花は恋のせつなさを都はるみさんが
 こぶし回しもって歌い上げた名曲であるが、この時代は誰も3日遅れてても
 クレームなど言わなかったであろうに・・・。

 又、待つ事への女心も歌詞から読み取れたりしてなんとも言えないもんだ。

しかし現代は・・・、
日本は特にスピードが信用の第一条件であり、届くはずのものが
届かないと不安にもなるし、先様のご迷惑を考えると黙ってはいられない。
欧米では遅延するのが当然のごとく注文しても数週間待たされることも
多々ある・・・。 国民性の違いであるから仕方ない。

しかし、クレームを言う前に自問自答も必要でないかと思った。

年末ギリギリに投函した年賀状の受付は12月1日から開始している。
早めの投函を呼びかけてもこれも国民性なのかギリギリにしか行動が
移せない・・・。
せめて20日のクリスマス前に投函していようものならばこういった事態も
防げたかもしれない。

そして元旦に届いてからそして書き出すという返信型の方もたくさんいることを
知った。 年賀状の意味をはき違えている方も多い・・・。

郵便局さんは通常1月2日の集配はしてなかったのに今年は遅れているからか、
配達している学生アルバイトの姿を見かけたし年賀状もポストに入っていた。 このアルバイトの子を見ていると応援したくもなるもんだ。

郵便局さんは遅れたら謝るのみで言い訳は世間には通用しないことを
局員の方は知っている。
国民はアンコ椿の気持ちで待つ正月でもよかろうにとも思える。

これから郵便局民営化されていく中、サービスの向上と信用を掲げて
競争の時代に入る。
言い訳もクレームもない心の架け橋の郵便物であってほしいもんだ。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2021年5月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い