大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


学生さんにいただいた質問から

投稿日時:2006/11/05(日) 19:51rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。

かれこれ明治大学の商学部の学生さんより質問をいただいて
29回を数えます。

次回30段は如何なものかと思いながら楽しみにしております。
私が楽しみにさせて頂いている理由のひとつは現代の学生さんの
感性を知りたいことと自分の経営知識の再確認をさせていただける
点で毎回、ご返信をさせていただいてます。

参考になるお答えにはつながらない場合もございますが、他の社長様の
ブログをお読みさせていただくとなるほど!っと思うお答えが多く、
私が学ぶ点があります。

学生さんが一度、勇気を持って質問をされる。
  ↓
オーナーが時間を割いて真剣に解答される。
  ↓
それに気付きを得た学生さんから自らの言葉で御礼のコメントが入る
  ↓
オーナーはその返信から感性を受け取ることが出来る。
  ↓
ある学生さんにおいては何度も他のブログにも感心をいただくこともある。
または新たなアクションを起こそうする方もいる。
  ↓
結びつきが深くなりサイト同士でコメントしあったりお手紙をいただく。
  ↓
さらに縁が深まる。  
  ↓
それをお読みいただく一般の読者から一方通行のブログでないので
楽しく拝読しているとのお声をいただく。
  ↓
さらにしっかりと毎日配信していこうと思う!


 忙しいと逃げることはせず、その学生さんを受け止めることを
 しないとなるとネットの向こうのお客様を満足させることが出来ないと
 思い、全身全霊で精一杯、一問一答に時間を費やす。


 横の繋がりがブログにより広がることがうれしい。
 生身の人間の血が流れることになる。 それがブログの良さなのだ。



【明大商学部3年 遠藤正人さん】

【明治大学商学部 布施彰子】

【明治大学商学部4年 坂野和哉さん】

【明治大学商学部 4年 沢田栄太さん】

【明治大学商学部 高津明徳さん】

【久米信行企業ブログ】

【経営会報ブログ】

トラックバック一覧

コメント


私も毎週楽しみにしています!

まいど、寺田さん! 日本実業出版社・大西です。

「明大生との毎週一問百答」に毎週回答をいただきまして、ありがとうございます。
私もこのコーナーは本当に楽しみにしております。学生さんたちの質問は素朴だけれどもラディカルな内容が多く、時にはハラハラしておりますが、経営者ブロガーのみなさまからの真摯なリアクションに、こちらまで身が引き締まる思いがします。
一般のメディアで紹介されるような紋切り型の経営理論には収まらない回答に、魅力を感じます。一概に白とも黒とも言えないゾーンに真実がある、そんなことを毎週学ばせていただいております。

今週分は明日アップする予定です。

今後とも、何とぞよろしくお願い致します!

Posted by 経営者会報ブログ編集部・大西啓之 at 2006/11/06 13:25:00 PASS:

大西さんも気張っておられるようで!

大西さん、コメントありがとうございます!
大西さんの出版社へ学生さんが訪れたブログを読みました。学生さんにも動きが出ているようで素晴らしいことですね。 色々な方向性を探りながら新たな発見が期待できるこのブログに魅力を感じております。今後ともよろしくお願い申し上げます。

Posted by 寺田 元 at 2006/11/06 17:32:00 PASS:

私のブログを紹介していただきありがとうございます。

お久しぶりです。私は、たびたび寺田さんのブログに勇気付けられます。最近ブログが続いていません。ですが、また、頑張ろうって思いました。僕より忙しい寺田さんが時間を割いてまで、学生のためにブログで学生の質問に返答しているその姿に起業するならば、これだけの根気が必要なんだ、自分も頑張らねばという気持ちを持ちました。また、ブログで息づまる時もあると思いますが、その時は寺田さんのブログを見て頑張ろうと思います。ありがとうございました。

Posted by 遠藤正人 at 2006/11/17 12:49:00 PASS:

身の丈で生きる

遠藤さん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。

いつも遠藤さんの異国での生活を気に掛けてブログにアクセスしております。

日々、生活で吸収することが多いことでしょう!

物事や感情はすぐに書かないと後回しにするとなかなか、形に残せませんね。
私は特にそうです。

当たり前のことをやることが一番大変です。
意識していても出来ないから、人間なんです。
身の丈で無理せずに生き様をお書きください。

さらなる進化した遠藤さんに期待しております。

Posted by 寺田 元 at 2006/11/17 21:28:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年8月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

  • :寺田 元[07/24]
  • 教えてもらう前と後 | MBS
    • 高嶋さん こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田で...

  • :高嶋 博[07/24]
  • 教えてもらう前と後 | MBS
    • おはようございます。 見させていただきました! 凄くかっこよかったです。

  • :寺田 元[04/16]
  • 沖縄で会った縁者が来県
    • ももちゃん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田...

  • :てるや ももこ[04/14]
  • 沖縄で会った縁者が来県
    • わー!嬉しい!! 滋賀をたくさん案内してくださりありがとうございました!...

  • :寺田 元[03/17]
  • 仕事のあり方を学ぶ
    • 櫛田さん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田で...

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い