大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


甲子園 球児の夏は終わらない! 

投稿日時:2006/08/20(日) 16:56rss

甲子園決勝戦

主役はまだ決まらない! 
すごい熱い試合やった。
甲子園に歓声があがった。

球児であった私はテレビの前から離れることはできなかった。

素晴らしい感動の裏にあるドラマを書き留めておきたい。

    

3連投の早稲田のエース斎藤君について

淡々とベンチではオレンジのそしてマウンドでは青いハンドタオルで顔を拭いて素晴らしいマウンド裁きをみせるハンカチ王子。

最後の打者に見せた15回表の147キロのストレートに甲子園は酔いしれた。

絶妙なコントロールと憎いほどの斬れた変化球は素晴らしい!

そのピッチングの幅を持たせているのが白川君のキャッチングであったと思う。
ワンバウンドのボールもひとつも後ろにそらせることなく身体で受け止めるキャッチャーの存在は投手としては頼もしい限りである。
ランナーを背負ってからも低めに又、フォークも自信をもって投げ込めるので斎藤君のピッチングが生きてくる。

ホームランを打たれた球はバッター三木君を褒めるべきだと思う。



駒大苫小牧の岡川くんについて

8打席ノーヒットで7番の岡川君に満塁のチャンスに打席が回ってきました。
彼の心境はどんな感じだったのだろう・・・。
監督はスクイズのサイン・・・。空振りにて3塁ランナーがタッチアウト・・・。

彼にはなんといたずらな神さんが甲子園にはいるんやろか・・・。

しかし岡川君の精神力は強かったね。
その後ライト前に自らのヒットで繋いだ。彼の甲子園には悔いが残ることが
無くなった。
次打席でもヒットを放つんだから。
スタメンに入ったり外れたりと苦しんだ分、精神力がついているんだなと感じた。 みんなで闘っている駒大の強さが感じた場面でした。

スタンドに目を向けると敗者チームから交換した帽子をかぶって応援する生徒達。 自然と甲子園でわき上がった流行りというが美しいことだと思う。
敗者の分まで自分たちがスタンドで応援する姿はスポーツ精神のいいところだと思う。
アルプスから魂込めての応援はどれだけ力強いことであろうか・・・。

駒大は3年間、アルプスで色々な体験をしてきたことでしょう。
暑さでの患者も出たと聞きますがそれなりの経験を生かして対策もしていたようで。
いろんな形での思い出に残る甲子園。 精一杯の自分を出し切ってほしいですね。

球審が悩んだ一球がありました。それほど両投手がきわどい球を投げていました。 ジャッジも素晴らしく球児をもり立てたことは忘れてはならない。
ありがとう! 心を込めてジャッジが響く甲子園。


ツーアウト満塁。 サヨナラの場面に守る選手は自分のところへ打球が来いっ!っと思えるかどうかが気持ちの強さだと思う。
大観衆の中、自分のプレーが出来ることを楽しんだ方がいい。
駒大選手はその楽しみ方を本当に知っていると思った。

この試合を早稲田大先輩の療養中の王貞治監督は斎藤君のいういい薬となり勇気と感動をもらわれたことだと思います。

明日は再試合です。

気持ちが強い方が主役となることでしょう。

その強い気持ちがこれからの人生で幾度も己を救うことになるんです。

素晴らしい甲子園での球児を見続けていきたく思います。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2024年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い