大きくする 標準 小さくする


登校拒否

投稿日時:2006/04/28(金) 20:33rss

桜の季節にそれぞれの新たな出発が始まる人もいます。

楽しみいっぱいの期待と少しの不安で春を迎えるのです。

息子の同級生は早くも学校へ行けなくなってしまった仲間が何名かいます。

今日はそのお母さんが来店されました。
さぞ、心配で仕方ないことでしょう・・・。

お声の掛けようが僕にはありませんでした。

現在の学校の状況を知らないのですが、登校拒否が多いと聞きます。
僕の時代は学年に1人だけでした。 

その子のお話をしたいと思います。








中学1年生の僕は人より精神的にも幼くおっちょこちょいでしたので
例外に漏れず学級委員に選ばれてしまいました。

担任の先生は歌の上手な女性の先生でした。

何週か過ぎて1人の女の子のクラスメートがずっと休んでいることに気づきました。
そのクラスメートは昨年も登校してないので進級できずにいました。

僕はまだ思春期にも目覚めていない子供でしたから何のためらいもなく毎日、
彼女に手紙を書きました。
それを近所のクラスメートが女の子のお家へ届けに行くのです。

最初はクラスメートのみんなが手紙を出してましたが、そのうち僕だけになっていました。
何を書いていたのでしょう? 今は全く内容は思い出せませんが毎日、毎日書いてました。

ある日、先生が一緒にその子のお家へ行くのでついてきてと言われました。

そこで彼女を初めて見ました。

「お母さん、今日はどうしても連れて行かせてもらいます!」っと泣きながら
彼女の手を強引に引っ張る先生。

全身が硬くなってお母さんの後ろで震えながら泣き叫んでいる彼女。

 その記憶は鮮明に覚えています。 

先生の涙、母の愛、女の子の行きたくても動かない身体・・・。

その日は結局、学校へは一緒に行くことが出来ませんでした。

僕はそれからも手紙を書き続けていました。

すると年賀状が彼女から来ました。

 「お元気ですか?私は日吉大社にお参りに行きました。人も少なくて静かで良かったです・・・。」

  と書いてあったことを覚えています。


さして幼い僕は彼女を救いたいとかどうしても学校に来て欲しいとか友達になりたいとかそんな感情はなかったように思います。

でも習慣のように彼女には手紙を書いてました。


 彼女は一度もクラスに姿を見せることなく僕は2年生になりました。

春を迎えた新学期に1年生の教室に元気な彼女の笑顔がありました。

演劇部にも入った彼女の姿がありました。

なんかすごくうれしかったのを覚えています。

僕が何かをしたわけではありませんが彼女が変われたことがうれしかったです。 自分が変わることが出来るのですよね。



今、大人になってもし、彼女に手紙を書くとすればこう書くでしょう。

そのときもずっと多分、僕はこんな風に書いていたんでしょうね。

 「1人じゃないで! 僕、おもろいで!」

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い