大きくする 標準 小さくする


投稿日時:2006/04/24(月) 07:20rss

お大師さん

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。

社長ブログに参加させていただき1ヶ月が経ちました。


社長様の色々なブログを拝見させていただき、大変参考にさせていただいてます。

このブログにあたり、まだ、御礼を申し上げねばならない方がおられます。

そのご恩は1ヶ月、休むことなく僕がブログを書き続けた時にさせていただこうと決めておりました。


そう、久米繊維工業株式会社の久米社長です!




世界遺産で名高い比叡山の北のはずれに横川という土地にお大師さんがあります。昨日はそちらへ久米社長への御礼の気持ちを伝えに行ってきました。


(比叡山というと、大抵は根本中堂のある東塔が有名であります。

釈迦堂のある西塔や横川の地に足を踏み入れる人は少ないです。

比叡山というのは、東塔・西塔・横川という三地区の聖域を中心にして成り立っています。)



妻のお父さんは毎月、こちらの横川のお大師さんへお参りに行きます。

本日はお供させていただきました。





ブログへ参加させていただきました感謝の気持ちも報告させていただいてきました。



そしてもうひとつ・・・。



先回、旅先でこんな言葉を目にしましたので・・・。





受けた恩は忘れてはいけません。かけた恩はすぐに忘れなさい。



痛タタタっ。 っと思いました。


人間が出来てない自分を見つめてしまいましたね。

かけた恩はどこかで期待している弱い自分がいたことを感じてしまいました。
 そうです。 僕は受けた恩は本当に忘れることが無いよう努めてますが、かけた恩をどこかでと思う心を持っているのも事実でした。

このことを反省しに行ってきました。




久米社長へのご恩は忘れることはございません。


この度、この場をかりて深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

又、僕が200人の素晴らしい縁者が出来ることが久米社長への何よりのご恩返しと考えております。

その為にコツコツと情報発信をしていきたいと思っています。





おみくじ発祥の地

「お大師さん」と言えば、比叡山では第十八世天台座主、慈恵(じえ)大師良源(912~985)のことだ。1月3日に亡くなったことから元三(がんざん)大師とも呼ばれ、今も人々の信仰を集める。学問を盛んにして、火災などで荒れ果てた伽藍(がらん)を整備し、「比叡山中興の祖」と仰がれた。



また、ここはおみくじ発祥の寺といわれている。今でも、先ず僧侶の前で自分の悩み事を話し、おみくじを授受する。

トラックバック一覧

コメント


ご恩

先日は、ブログにて弊社商品に加え本まで、ご紹介いただいてありがとうございました。    金曜日から、台北に行っておりまして昨日戻りました。    お礼コメントが遅くなって申し訳ありませんでした。    寺田さんは、きちんと毎日ブログ更新なさっていて凄いと感心しておりましたが、そうですか  久米繊維工業株式会社の久米社長のお力があったのですね。        ―――――――かけた恩はどこかで期待している弱い自分がいたことを感じてしまいました。―――――――     わかります。私は、父の教えに従い、したことの答えはいつか誰かに還ると信じて、常々今私が出来ることを、精一杯しているつもりですが、振り返ってみれば、寺田さんと同じく弱い自分が顔を出す時もあったような気がします。    私もこれを機会に反省します。     いつも楽しい日記をありがとうございます。    あっ  忘れていました。どうぞ Please you call me Yohko   Yohko~☆   

Posted by 波多野容子 at 2006/04/24 09:04:00 PASS:

明大生から質問第2弾、第3弾が届いています!

「経営者会報」編集部の大西です。
いつもブログを楽しく拝見しております。

さっそくですが、先週に続きまして、明大生からブロガーのみなさまに質問が届いています。今回は「第2弾」「第3弾」と2つのお題になります。詳細については、経営者会報ブログの「編集部ブログ」をご参照いただくとしまして、さっそく質問内容をご案内します。

<質問・第2弾>
経営者として、人を雇い入れる場合、
その人のどこに着目して選びますか?
(明治大学商学部 大滝 浩司さんより )
<質問・第3弾>
理論からだけでは分からない、実際の経営を通して初めて知ったことや、
また体得できたものなどがありましたら教えてください。
(明治大学商学部・3年3組 33番・山口尚美さんより)

ぜひ、明日以降のブログで上記のどちらか、あるいは片方だけでも構いませんので、ご回答をいただければと思います。
なお、ご返事を書いていただいた際には、下記URLにトラックバックを貼っていただけると、非常に助かります。
第2弾→http://editors.keikai.topblog.jp/blog/d/10000380.trackback
第3弾→http://editors.keikai.topblog.jp/blog/d/10000381.trackback

楽しみにお待ちしておりますので、よろしくお願い致します!

Posted by 「経営者会報」編集部・大西啓之 at 2006/04/24 18:17:00 PASS:

容子さんへお帰りなさい!

容子さん、こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。台北よりお帰りなさいませ!新たな発見はございましたでしょうか?! お疲れのところ、ご丁寧にコメントいただきまして恐縮です・・・。 偉大なお父様のお言葉、心にとめて精進したいと思います。ありがとうございました。

Posted by 【タオルはまかせたろ.com】 at 2006/04/24 19:36:00 PASS:

大西さんへ、お題へ向けて

まいど!大西さん、【タオルはまかせたろ.com】京都工芸の寺田です。 難しい質問ですね・・・。一緒に学生さんに混じって勉強している気分です。 自分なりに今晩寝ながら考えますね。 

Posted by 【タオルはまかせたろ.com】 at 2006/04/24 19:40:00 PASS:
名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い