大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


業績の転換

投稿日時:2019/12/17(火) 17:22rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

営業職を長く経験していると相手の気持ちも分かる。
情で商品を購入したり時には保険に入ったり
多めに料理屋を頼みボトルを降ろしてしまったりと持ちつ持たれつの事情がある。

保険なんかは最たるものでセールレディが通い普段からおもてなしなどされると
一生の保険という買い物なんかでも情に流され加入してしまったという経験がある人も
多いのではないだろうか。


私は営業のノルマとうものはお客様との絆つくりをしていく中でこの人から買いたい、
お願いしたいになっていってこそ達成できるものであると思っている。
どこにでも売っているものをあなたから買いたいが広がり情を越えた時に愛になる。


今回大手のディーラーさんの営業マンから今月は厳しいので
来年の車検予定のものを今月にお願いできないかと相談があった。

もちろん、営業マンとは顔なじみで毎回車のトラブルの際も助けてくださる営業マンの頼みだから
気前よく受け入れて代車が届き我が車を車検に出した。
来年に行うのも今年のうちにするのも同じだからという判断だった。

しかし何か朝から胸騒ぎが否めない・・・。

車という業績の中でいえば今後はますます世間のニーズのズレから
販売は難しくなっていく。
今までとはいかないことは営業マンと話していても当の昔に理解している。

なのに今、なぜ厚意にしている営業マンからこんな頼みごとがくるのだろうか・・・?
新車が必要になったら彼から買うこともずっと伝えている。
車検もずっとお願いしている。
そんな私にお願いするということは深い意味がある。
多分、来年もこのような同じことが起こる確率が高い。もちろん金額に関しては
伝えたように早くても遅くても変わらないからいいのだが、
そのうちに車をどうか買ってもらえないかと言うてくるのではないか・・・。

そうなってしまうと気持ちのモチベーションが逆転してしまう。
彼から買わない方向へと・・・。
車が欲しいから私は営業マンとつながっているのではない。
縁者として大切に思っているからである。

私の著書の売らないから売れるは決して押し付けをしてはいけないことを
書いた。
人はどうも情に入る方向を時に間違えてしまう場合がある。

そういう私も若いころはよく営業で外周りしている際に売れない商品を情で販売していた経験がある。
今思うと大きな愛で受け入れてくださっていたのだろうと恥ずかしさと感謝がよみがえるものだ。

しかしこの年になってもすまんがタオルを10枚買っておいてくれとは
言わない。 相手が不要なものは不要であり情で買っていただいても商品も自分の気持ちも
後味がすごく悪いものになってしまう。 ごめんな、かんにんなっと反省している営業は
この時代は見透かされてしまう。それでも悪いなっと思えていれば貸を変えそうと人は動くものだ。

反省もせずに助かった、いやラッキーだと思うなら次はない。

人の絆はじっくりと固く結んで作り上げてもはさみでばっさりといとも簡単に切れてしまうことも
ある。

今は商品が売れないとよく聞く。
同じことをしていても売れない。

ではどうするべきか・・・?

絆をもっと深くするのはどうすることかと一生懸命に考えることが大事である。
言葉を変えれば相手の立場になってその向こうに見える感動と喜びを創造しないと
深くはならない。

甘えるときも大事である。そこから深くなる時もあるから。
だけど方向を間違えてはならない。
浅くなるのも深くなるのもおもいやりと愛を感じるかにかかっている。









経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。

 





 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2020年7月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い