大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


青森八戸虎鯖へ異業種交流会の旅

投稿日時:2017/02/20(月) 12:35rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

毎日ブログを書くとどうなりますか?
と聞かれることがよくあります。

私と同じように毎日ブログで発信続けておられる板長がここ青森八戸におられます。
名前は谷口圭介さん。同じ日本実業出版社が運営する経営者会報ブロガーです。

今回は全国の異業種経営者がブログの縁で導かれ、八戸でセミナーも兼ねて
集うということになり私も参加させていただいてきました。
八戸に入るのは実は二回目となります。
2013年02月22日(金)テストマーケティング研究所&講演会in八戸と題して
谷口さんのところへお邪魔しているログが残っております。
また来たいという思っていたことが現実となりました。

関西より東海道新幹線で東京まで向かい上越新幹線に乗り換え約7時間の旅。

201702201106_1.jpg
駅には久しぶりの再会となる谷口さんのお出迎えとそもにちょうど八戸えんぶりの季節とあって
大きな案内が駅内に広がっています。


201702201116_1.jpg
まずは日本実業出版社さんが企画されたセミナー会場のあるはっちへ向かいます。

(株)創の村上肇さんに「SNS時代、社長はいかに情報発信すべきか」をテーマに第一部の講演をいただきました。

第二部は久米繊維工業(株)の久米信行さんの司会進行のもと私もパネリストとして登壇させて
いただく機会をいただき一緒に八戸ニューシティホテルホテルの谷口圭介さんと
大阪から参加されました三元ラセン管工業(株)の高嶋博さんと一緒にディスカッションをいたしました。

201702201116_2.jpg
懇親会場で向かう途中、見事な八戸えんぶりの舞を見ることができました。
烏帽子のきらびやかな衣装と松明が夜の舞の中で見事に調和されていて迫力がありました。

201702201116_3.jpg
懇親会場の七味家さんでは地元経営者や役所の皆さんと交流を深めさせていただきました。


201702201116_4.jpg
翌朝は小型観光バスを貸切り「日本一元気な朝ごはん!」のキャッチフレーズである
八戸市営魚菜小売市場で朝食に出かけました。

201702201116_5.jpg
新鮮な刺身や魚介類と豊富な海の幸をシェアしながらよばれます。


201702201126_1.jpg
朝食後は漁港スーパーへ立ち寄りました。
漁師の皆さんがここで調達して海へ出て行きます。

201702201126_2.jpg
タオルは濃いカラーのタオルが多く漁師さんにあわせて品揃えされているようです。


201702201126_3.jpg
一路、奥入瀬渓流に沿いながら素晴らしい滝を眺め十和田湖を目指します。
晴天であったところから一転、青森の肌に凍てつく寒さを体験します。

201702201126_4.jpg
厳かな十和田神社は深い雪に埋もれていました。

201702201126_5.jpg
久米さんに祝詞をあげていただき一同で参拝いたしました。

201702201126_6.jpg
極寒の十和田湖の前のおとめの像で記念撮影した時は青森の冬を体験したような気持でしたね。


201702201126_7.jpg
バスのステップ台にはタオルが必需品と改めて感じた次第です。


201702201126_8.jpg
森のホテルさんで洋食ランチを奥入瀬ビールとともにいただきながら会食しました。

201702201126_9.jpg
露天風呂で雪景色を見ながら皆さんと裸のおつきあいをさせていただきました。
我が社のタオルをご利用いただき感謝です。


201702201126_10.jpg
十和田市現代美術館では素晴らしい現代アートを堪能いたしました。


201702201133_1.jpg
イオンスーパーセンター十和田店に立ち寄り一緒に参加していたブロガーである
オレンジトーヨー(株)の小高集さんがレジェンドと再会される場に居合わせることができたのもご縁です。
「7年前お二人とのご縁がなければMERIはこの世に誕生していません、「出逢いは必然」本当に感謝です」と
ご自身のフェイスブックに投稿された内容が印象的でした。

私が11年前にタオル職人と出逢ったのと同じように
布ぞうりから生まれたルームシューズ MERI (メリ)は
レジェンドのご夫婦なくては今はないのですから。

201702201133_2.jpg
ホテルへ戻るとメインとなる谷口板長自らが腕を振るう冬の鯖と鱈を堪能する料理のおもてなしです!

201702201137_1.jpg
全国の百貨店の催事で絶大なるファンをもつ虎鯖寿し!
最高に美味しいです。

201702201137_2.jpg
白子は鮮度がいいので生で。

201702201137_3.jpg
板長自らが鱈鍋を取り分けていただき最高のお料理をおなか一杯いただきました!

皆さんに喜んでいただきたい!という谷口さんのお気持ちがあふれ出していました!



ブログを書くことで何が変わりましたか?


そう聞かれるとこう答えます。

素晴らしい縁が広がると。 

自らが発信することで広がる可能性はやってみないと想像もつきません。

自分の世界を越えてつながっていくご縁に感謝です。


このたびも素晴らしいご縁で導かれましたことに深謝・・・。


【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】

オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト












 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
b6c40a360c7a62386014960ab7af65ed.png?1495668722
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い