大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年12月11日(水)更新

人気店だったのに今は閑古鳥

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

仕入れや一部のメニュー構成・焼き鳥のたれ作りなどを店主に委ねて、
併せてロイヤリティを固定とすることで店主の独立を促す形でのチェーン展開を行っている焼き鳥屋さんは
どこであろうか察しがつくだろうか。

私の住む近くの駅前に出来て店主は現在4代目となる。
以前は家族ぐるみでまた社員たちとも足しげく通うほどで大繁盛店だった。
店主が気さくで親しみやすくオリジナルオーダーなんかも通るほど
楽しい会話ができたサードプレイスだったのだ。

2年ほど前であったか店舗の老朽化が進んで先代のオーナーが
閉店を決意されその後に別オーナーが立てなおして経営を引き継いだことになる。
チェーン店だから暖簾の名前は一緒だ。
店内も綺麗になって味も変わらないならまた繁盛するだろうなって誰もが思うかもしれない。

夏先に一度、店主へご挨拶も兼ねて一杯飲みがてらに焼き鳥を食べに一人で向かった。
時間が早いからか私が一番乗りであったので店主とひとつふたつ会話をしながら
食事をしようと試みるが会話のリズムが悪い・・・。

それでもいろいろな情報を聞き出しながら仲良くなろうとしたが
その日は早めに切り上げた。

昨日、久しぶりに次男と待ち合わせにその店に向かった。
先に到着したら以前と同じで私一人しかいない。
そして息子が来店。
帰るまで結局二人きりであった。
息子と募る話もしたかったが目の前に黙ったままいる店主がいると思うと小声にもなってしまう。
一緒にトークに入ってもらいたいけどそんな空気も出してくれない。
店舗に流れるBGMでさえ以前の空間ほどマッチせずに浮いてしまっているように
思えてしまう。

味が落ちたかといえばそうでもない。

何が依然と違うのだろう・・・?

結局はお客のサードプレイスになっていないのである。

会社でも家でもない居心地のいいお店が誰もが慕うようになるものだ。
しかし現在の店主はこちらが話しかけても無視をすることもあったり
無意味な動きをしたりとお客を見ていない。

付きだしもなくなってしまった。しかしファーストタッチの会話ができないことを
仕込みの都合で無くしたのなら代償は大きいことを分かっていない。

鳥が焼きあがるまでの箸休めが出来ないまま会話も好まないお店に一人でサラリーマンが
通い続けるかというと以前の常連さんの顔を浮かべると難しいであろうと思う。
ビールと焼き鳥数本でお疲れ様の乾杯を行う私たちのカウンターの先には
煙が目に沁みながらも一生懸命に焼いている優しく微笑む店主がいるのだ。

もう一度行きたいかっと聞かれると誰もが首を横に振ってしまうだろう。

小さい店構えだからこそ隣の客とも袖があたり場所が和やかになっていく。
そこに店主が目を配り低姿勢で愛想をふりまきまいどおおきにと感謝を述べる。

以前を知るから地元の方はそれ以上の店主の器量を待ち望んでいるのだろう。

久しぶりに寄せてもらってきたよというと誰もが同じような店の雰囲気を感じているようだ。
その情報がはしかのように伝染していき店の評価は下がってしまう。

そのお店を私は自社の方向へ向けて学びに変えていこうと思う。
人の振り見て我が振り直せだ。


次回は何かをきっかけに繁盛店に戻っていただくことを応援したい。

ご馳走様でした。







経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。
​​​​​​​


 

2019年12月10日(火)更新

息子の初ライブ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

音楽を聴くことが大好きな我が家の息子たち。
特に長男はロックが好きでいつの間にか私の音楽センスとは
違う現代ロックに移行していったのは高校に入った時のことだったろう。

大学受験から浪人生活の間にも彼の支えになっていたのは
音楽だったと思う。
絶えず受験が終わったらコンサートライブに行くことを
夢見ていたのを思い出す。

そして大学が受かった暁にゲットしたライブが今日。
母親を連れて行きたいと2枚のチケットを見事ゲットして喜んでいた顔は
本当にうれしいそうでした。


今からライブが始めるという前にアーチストオリジナルタオルをゲットした写真を
SNSで送ってきてくれました。
タオル屋でありながらも彼にとってはかけがえのないタオルになることかと
思います。


完全燃焼してきてほしいと思います。




経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。

 

2019年12月09日(月)更新

サザキヒロシ 大津ファミリーLIVE'2019 タオルの日の歌

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

先日のサザキヒロシさんのライブでタオルの日の歌を
子供達のダンスと一緒に披露してくれました。


 (注意:音声がでますのでご注意ください)

動画をADの大坪さんが送ってくださいました。
いつも感謝です。



経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。

2019年12月08日(日)更新

ブランチ大津京

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


以前は大津びわこ競輪場だった大津市二本松の場所は私の実家からも会社からも
車で5分ほど場所です。


今年の3月には広い敷地が整備されている状態で建物を全くできてませんでした。


先月29日にブランチ大津京の名称で
近江神宮外苑公園が隣接した複合型商業施設として完成しました。


大きな空間スペースをとった開放感ある施設で今日は冬の気候ではありましたが
陽だまりがとても気持ちよかったです。


店内は家族で楽しめるショッピング店を意識されたお店が多く大津京ならではの
特徴を感じられはしませんでしたが
たくさんの地域の家族連れがお越しになっていたので地元に愛される空間に
なっていければいいなっと思いました。

箱を作って終わりの行政の取り組みではなく地域で盛り上げていくイベントや
人の楽しみ方がどのような施設でも課題です。
大津の琵琶湖のほとりだからこそできる魅力ある方向性を考えていきたいと
思います。

以前に47都道府県で唯一Jリーグの試合を行える施設が滋賀県には無いと伺いました。
この場所から琵琶湖の上にスタジアムを設立して大型ビジョンモニターで応援できるような
スペースも十分に思えます。

人が共感できる昔に都があった大津京だからこそできる街に。



経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。


 

2019年12月07日(土)更新

我が家に自転車

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

 

自転車を買った。

実に長男が小学校6年生の時に欲しいというので買って以来で8年ぶりになる。

長男を連れて近くの自転車屋さんに行く。

ロードバイク用のコーナーに行く。

店員さんに素人なのでお話しを伺うと軽くてギアチェンジが豊富でスピードも出るので

琵琶湖の周囲を走るには最高だと教えていただく。

 

見ているだけもかっこいい。

欲しくなる。

3万円からスタートして上は4万、5万、10万円と上位ランクが次々にかっこよく見える。

息子もまたいで動かすとその気になっていく。

 

近所のバイトへの良き帰りに必要だという軽い気持ちで買いに来たのに

いつしか琵琶湖一周することを想像して自転車選びに没頭し、危なく2台を買いそうになっていた。

 

閉店間際であったのでその日は購入せずにカタログだけをもらって帰った。



 

そして別日に訪問して買ったのがこの折りたたみ自転車!!??

 

自転車の素人である親子は分かったんだな。ロードタイプはメンテナンスも大変で趣味の域に入ってないのに

維持が無理だったことを。

だって年に何回またがるのさ?

私に至っては以前の自転車も3年は使用してないし。

息子は近所のバイト通勤に使用するのにやはり使用感が適したものに落ち着いたということだ。

 

息子とは今日もサム空の中、お気に入りになった自転車でバイトに出かけて行った。

 



経営者会報ブログは年内で寄稿を終了します。
※新しいブログがスタートします。下記ロゴをクリックして
お気に入り登録お願いします。


 

«前へ
<<  2019年12月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31