大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年10月14日(月)更新

二つの涙がある ラグビーW杯 日本対スコットランド

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

 

昨夜の日本列島は歴史に残る明暗のニュースが私のSNS上に流れた。

 

涙にも2種類が存在するのを改めて知る。

 

本州を通り抜けた台風19号とラグビーワールドカップ大会日本対スコットランド戦。
私は前を向くために読者が元気になる投稿を意識して書き続けてきているので
その意志をご理解頂きたい。


開催か中止か?のニュースが流れる中、主催者ならびに自治体の方々の努力から無事に
開催された裏方の皆さんをまずは私たちは感謝しなければならない。

ピッチに立つ選手が台風により被災された方々へ黙祷を捧げ国歌斉唱に続く際に観客の目にも涙が映し出された。


トライを決めた稲垣選手のインタビューにはラグビーしか元気を与えられないので少しでもラグビーを通じて伝えられればというコメントが出るのはラグビーというスポーツの本質を物語っていたと言えよう。

試合は国民がワンプレーごとに手に汗握り応援していたことが誰もが想像できるであろう。

 

彼らはこの日のためにと絶えず自分を信じてやってきたという。

 

それは単なる奢りではなく本物であることを試合を通じて国民皆んなが信じるようになった。

 

スクラムの強さ、タックルの速さ、パス回しのスピードは見ていても爽快だ。

 

相手チームが突っ込んできてももうラインが出来ている。

 

「何人の日本チームがグランドにいるんだ⁈」


相手はそう思ったに違いない。

ぶつかって倒れても倒れても素早いプレーに繋げられるポジションに戻れるのは彼らが何度も何度も死ぬほどの練習で培ってきたラグビーなのだ。

 

そして正確に蹴り出されるボールが自らの方向に転がり込むようにラグビーの神様は練習の成果を認めてくださっている。

 

信じ切った彼ら一人一人の姿勢こそ国民皆んなを信じさせてくれる応援に変えたのだ。

 

カントリーロードの替え歌から生まれたビクトリーロードの歌が彼らをひとつにしブレイブブロッサムズのユニフォームを着用したサポーターが呼応するシーンはスポーツが国を変える象徴に思えた。

 

スコットランド選手のタフな試合を挑んできたからこそあのような歴史的な試合になったことも忘れてはならない。

試合はいつもフェアである。

だからこそ心から感動するのだ。

 


ラグビーのノーサイドはそれを強く私たちに教えてくれる。

 

残念ながら台風の影響により試合が中止となった国もある。

カナダの選手は開催町であった釜石の被災地でボランティア活動をしたというニュースは感動とともに国を背負い代表となる選手の高い志が宿るからこそ出来る器なのだと改めて思う。

 

被災地の方々がすぐに彼らの取り組みが伝わる術もないかもしれない。

インフラが途絶えてしまっている状況で不安な日々が続かれることを思うと軽率な行動も言葉も見つけることは難しい。

 

明日は我が身であると考えて誰もが相手を思い自分を信じて生きていくことを強く思うようにラガーマンから私は又ひとつ教わった。

 

素晴らしい試合をありがとう。

 

本当に感動をありがとう。






 

2019年10月08日(火)更新

ラグビーWorld Cup 南アフリカ 対 カナダ観戦

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


先回の花園ラグビー場でイタリア対ナミビア戦に引き続き
南アフリカ 対 カナダ戦(プール B 神戸市御崎公園球技場)に
経営者会報ブログでおなじみのスマイルキッズ案内人こと原守男氏(旭電機化成株式会社 専務取締役)
のご案内で行ってきました。


日本開催で日本が3連勝という状態でのラグビーW杯は予想以上の盛り上がりを見せています。


チケット入手、グッズ入手が難しいと言われる中で2試合観戦できるのは
幸運としか言いようがありません。
なんせ、リアルで観るのとテレビで観るのとは全く違いますから。
偶然にも息子の同級生に遭遇!


試合は南アフリカ優勢の中進んで行きます。


この近距離で観戦できる感動は現場にいないと分かりません。


後半はカナダチームもW杯出場の素晴らしいトライを見せてくれました。
スタジアム一帯がカナダコールはしびれました!


何がラグビーで余韻を引きずるかといえばノーサイドの後の素晴らしい一帯感!
これを味わってほしいです。
ラグビーが本当に好きになりますよ。


たくさんの海外のみなさんが日本を満喫してくださってます。
ありがたいことですね・・・。


日本の大会に関わる皆さん、ボランティアさんふくめ日本で皆さんが
海外からの方々を温かく迎えておられるのが印象的です。


機会を与えてくださった原さんに心より感謝申し上げます。





 

2019年10月06日(日)更新

第45回唐崎学区市民運動会

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今年も学区運動会が秋晴れの晴天の中で開催されました。


日ごろの運動不足もありますので出来るだけ参加中は身体を動かすことを心掛けましたが
日光のもとにいるだけで体力を消耗してしまいます。


みんなでホールインワン



綱引き


玉入れの3つの競技に参加させていただきました。

地域が仲が良くていい環境であることがありがたいと思います。
感謝。
そして皆さん、本日はお疲れ様でした。




 
 

2019年10月05日(土)更新

ラグビーW杯見てますか!?

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

松尾選手⇨平尾選手⇨大畑選手⇨・・・イソップ!!
ラグビーをにわかに応援してもいいじゃないですか。
応援されてますか!!??


ジャパン代表選手の躍進に私は本当に心から感動する一人です。


本日サモア戦。


せめてせめてせめて!!!


最後まで諦めずに攻め続けた試合に感動しました。


ウエーブが起きたスタジアは大興奮状態でした。


タフな試合でしたが終わればノーサイドの清々しい選手の姿勢がラグビーの良さ。


キャプテンのリーチマイケル氏のエピソードを紹介しましょう。

注目が集まると試合にだけでなくメディアやファンへの時間調整が増えてきてしまいます。
仕方がないことかと思いますが彼はファンを大切にされています。

そこに一つの理由を彼は言います。

「小さい時にラグビーファンとして選手にサインを求めた際に断られた。
それがすごくショックだった・・・。自分はそうであってはならない」

テレビで偶然にもファンにサインのしすぎで背中をツッてしまい額に大きな
汗をかいて水を飲んでいる姿を見ました。
しばし休憩をして笑顔に戻りサインを続けたリーチマイケル選手の姿に
試合のピッチだけでなくすべてに対して何のための代表として取り組んでいるのかを
教わりました。

そしてラグビーというスポーツ精神の本質も知ることができるのです。


本当に素晴らしい試合に感動でした。

おめでとうございます!




 
 
 

2019年10月03日(木)更新

タオカントリーさんでゴルフ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今年3度目のラウンドとなりますゴルフコース。

大学時代の同級生の伊藤夫妻に招かれて滋賀県タラオカントリー東コースを
楽しんでまいりました。


台風の影響で少し風が強かったですが暑さもほどよく気持ちよかったです。
最終ホールに雨が降ってきてとても運良くラウンドできました。


今日もお世話になったタオルたち






気持ちよく活用させていただきました。
ありがとうございました。





 
«前へ
<<  2019年10月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31