大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年07月25日(木)更新

矢野七三郎氏墓前へ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今治市大西町宮脇(丸山墓地)の地の墓前を紹介していただきました。

矢野七三郎氏の墓所となります。

矢野七三郎氏(1855~1889)は今治タオルソムリエ試験の教科書にも登場される人物です。

愛媛人物博物館~人物博物館展示の愛媛の偉人たち~によれば

伊予ネルの創始者。野間郡宮脇村(現、今治市大西町)出身。今治では江戸時代、綿の栽培が盛んで、
白木綿が全国で売られていたが、明治に入ると、関西地方の安くて質の良い製品に押され、
さらに外国からの輸入によって白木綿は売れなくなった。

七三郎は、家業の海運業や酒造業に携わっていたが、今治特産の白木綿の衰微を憂い、
家業を弟に譲って白木綿の生産に従事して新しい織物の方向を探求し、
紀州ネル(平織紀州ネル〔平織りの両毛ネル〕)に着目した。

明治18(1885)年、同志3名と和歌山へ赴き、ネル工場で働いて製綿技術を学び、
翌年1月、再度単身で現地へ行って製織技術を研究して紀州ネルを改良した「伊予ネル」という新製品を生み出した。

そして染色、毛掻き職人を各2名雇い、機械8台を購入して帰郷し、同年3月、
今治に綿ネル工場を建設して製織を開始した。
工場の完成直前に、暴風雨で倒壊するという不運もあったが、これに屈せず努力し、
伊予ネルは次第に認められるようになった。
七三郎は、伊予ネルの製造技術を周囲の人々に惜しまずに教えて奨励したため、
今治地域に織物産業が定着する契機となった。

明治22(1889)年、凶刃に倒れ、非業の死を遂げた。

とあります。

今治タオルの産業発展に貢献された方の墓前で感謝の意をお伝えしてまいりました。










   
 
 

2019年07月05日(金)更新

オンデマンド印刷内覧会

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

弊社の使用しているカラープリンターが消耗時期を迎え買い替えを考えている中
自社のオンデマンド印刷の内覧会の行っているのでということで
寄せていただいてきました。


マンションの1室に置けば6畳の端から端までのスペースは十分に使用してしまいます。


複数の従業員さんが事丁寧に使用方法を教えてくださいました。


うちわ、和紙、名刺、シール、ラミネート、不織布などあらゆる資材に印刷が1枚可能となれば
自らの会社のオリジナルあふれるデザインを生かして広報活動が可能となるオンデマンド印刷。

用途が広がる分、自社の取り組みの中で何ができるかを落とし込み
損益分岐点を考えた上での検討となってきます。

手に届く時代まできていることを実感いたします。
その分、今までの既存の業種は厳しくなるということも言えます。

他業種を見ながら自社を確認するにも大変参考になりました。








   
 

2019年06月04日(火)更新

タオルの日推進委員会 会議6月

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


タオルの日推進委員会の取り組みの中で年間スケージュールとして大枠を決める会議を行いました。
大前提の議題と同じ進行はしていくものの準議題として進めていくものを分けていくことで
月一回の貴重な時間を有意義にしていこうというものです。
またチーム分けしていくことで議題内容を深堀してからテーブルに乗せていくことも
決定しました。

様々な取り組みをしていくことは最終的に整合性がなければいけないのですが
初めてのことはどうしても正解がなく意見が分散して前へ進んでいかないものです。
今年はそれも反省として今回から何をするかを明確化することで進めるようしていこうと
思います。



会議後の親睦会は毎回同業種の中でのタオルの話で盛り上がります。

業界の繁栄を願う経営者の刺激をいつもいただきます。

感謝







   
 

2019年04月29日(月)更新

4月29日はよくふくタオルの日

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今年で日本タオル卸連合会でタオルの日の活動を開始して
2回目の記念日を迎えます。
ふんわりコミュニケーションとしてタオルの気持ちになって
考えていただける日になれればと活動をしております。

タオルの日の歌を作成くださった左嵜啓史さんと
タオルの日の動画キャンペーンで見事サザキヒロシ賞を受賞された
加納泰輔とハニーメローズのバンドの皆さんによるコラボレーション動画が
仕上がりました。



皆さんが楽しい時間をこのように共有いただけることをうれしく
思います。


私は今年は海外から体を張ってタオルの日の広報活動をしております!


経営者の村上さんにも趣旨に賛同いただきタオルの日のTシャツでバンコクの寺院で
広報活動をしていただきました。


ワットプラケオ寺院で気温38度の中で撮影しながら広報してます。


ワットポーでも広報活動をいたしました。


村上さん、暑い中、ご尽力ありがとうございます!



これからもタオルの日を通じて皆さんに広報活動を進めてまいりたいと思います。



◎ふんわりコミュニケーション「タオルの日」

・Web site : http://www.funwari.site

・Brand movie: https://youtu.be/1W8JzONtCVA

・Facebook : https://www.facebook.com/funwari.0429/

・Twitter : https://twitter.com/funwari_0429

・Instagram : https://www.instagram.com/funwari_0429/  



4(よく)月29(ふく)日は「タオルの日」に登録されました。







 





   
 

2019年03月11日(月)更新

新作タオルの撮影に長男と妻と

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

ここに2年前のFacebookの記事がある。

まだ高校生だった息子をタオルの撮影現場にモデルとして使用した。
あれからちょうど2年となる今日、再びタオルの撮影をするために
息子に無理をいってアルバイトとして参加してもらった。

成長していく息子の姿と今でも親父と向き合ってくれることに私は本当にうれしい。


仕事のプライベートも私は家族を大切にすることを原点にしながら今まで
経営をしてきた。
それはタオルという優しい商品をお客様に届けるまでに自らの家庭が充実していないと
商品に伝わっていかないという独自の思いがある。

おかげさまで我が家は妻も子供も私の仕事に理解をしてくれているのが
本当にありがたいことであると思う。

いつも私がそんな気持ちでいられるのはすべての生き方に対して
感謝しているからに他ならない。

私は今年もこの日3・11のことを忘れないし日々忘れることも無いよう毎年被災地へも足を運ぶ。
8年という歳月を経て定点観測に伺う場所は少しずつ復興が進んでいても
決して失われた尊い命は戻らないという現実を私たちは受け止めないといけないと。
生かせていただいているものは切なる思いを胸に
日々をありがたく思うように私たち家族は心がけていこうと話す。



自分のできることを正直にそして社会に向けて発信していくことを
これからも続けていきたい。
本日は酒谷カメラマンに長男は大変お世話になりました。
仕事の楽しさを教えていただき感謝いたします。




◎ふんわりコミュニケーション「タオルの日」
・Web site : http://www.funwari.site
・Brand movie: https://youtu.be/1W8JzONtCVA
・Facebook : https://www.facebook.com/funwari.0429/
・Twitter : https://twitter.com/funwari_0429
・Instagram : https://www.instagram.com/funwari_0429/  

4(よく)月29(ふく)日は「タオルの日」に登録されました。





 
«前へ
<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30