大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年07月01日(月)更新

リユースの本質がここに

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


ライナスの毛布とは、子供、特に幼児が特定の人形や玩具を離さずに持ち続け、
それに執着することで安心感を得ている状態のことを言います。

その最たるものがタオルである方も多いと私はいつも思っています。

『ヨタヨタやけどお気に入り!そこまで使ってほしいタオルがあります。』

このキャッチコピーは私がインターネット通販を始めた時から使い続けているコピーです。

私が捨てられないタオルがあってその想いで今の仕事を起業して14年・・・。


同じように上記のタオルは当サイトでお買い求めいただいたお客様から
届いたタオルです。
弊社のリユースタオル活動に賛同していただく中にこのタオルが入ってました。

家で使っていないタオルをまとめて郵送させていただきたいと思います。
その際、娘が愛用していた貴社様のタオルハンカチも2枚ほど入れさせていただきますね。
あまりにもくたびれていますし、小さすぎてリユースにならないと思うのですが、
娘に「捨てる」と話したところ悲しがり、「リユースに出す」と言ったところ納得し
てくれましたので(笑)



というお母さんと娘さんのお気持ちがこもったタオルでした。



私はこのリユースタオルを手にしたときに、このご家庭でこのタオルがどれだけ
愛されていたのだろうかと涙してしまいました・・・。

娘さんが自分のタオルとして大切に愛着もって使ってくださっていたこと。
かわいいアップリケを付けて娘オリジナルタオルとしているお母さんの愛が
いっぱい詰まったタオルになってました。

タオルとしての拭くという役目は十分に終わっているかもしれませんが
それ以上の親子の安心感がここにはあるんだと思います。

人の役に私のタオルも使っていただけるという取り組みに理解してくださった
娘さんとお母さんのお気持ちを大切にしていきたいと思います。

もちろんリユースいただいたタオルは再活用していくことが前提ではありますが
私たちの作成しているタオルがどのように喜んでいただいているかを再確認し
次のモノづくりに生かすことも取り組みの本質だと思っています。

単にエコの観点や再利用で消費を促すということ以外にタオルへの愛を持って
活動することがわが社の思う道です。

ありがとうございました。







   


 

2019年06月20日(木)更新

実践!社員の取り組み

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

社員が外部セミナーに行きだしてから様々な学びを実践しようと
してくれてます。


その一環に他のスタッフに相談してお客様にレターを入れるという内容があります。
新しく物事をスタートする際は人は億劫になってしまいますが
しっかりと説明することで社員への意気込みに応じようと
スタッフも協力的に取り組んでくれるようになりました!

経営者が親方日の丸でトップダウンで伝えても動かないことでも
社員同士が楽しみながら行うことで前へ進むことは意外と多いと思います。

よくある経営者像では経験から話をしてしまうことで
失敗を未然に防ごうとしたり圧力をかけてしまい企画の腰を折ってしまいがちです。

最終に責任を取ることがトップの役目であるという自覚を態度で示し
やりたいことをやれる環境にするように私は挑戦しています。

これは諦めるということです。

社員たちスタッフたちに対して諦める境地にいこうと考えるようになりました。

諦めるという言葉は世間では誤解を多く持たれていますが
漢和辞典で「諦」を調べると悪い意味はひとつもありません。

諦めるとは明らかにすることであり悟りを開くことだと書かれています。

まさに!  諦める!


取り組みの過程の真理・真髄を明らかにして本質を知ることで悟りを持ち
任せていくことこそが人の成長になると思えるようになりました。

諦めるとすべてがうまくいきます。


自分本位で経営をしてしまいお互いが息苦しい環境になるのは
経営者がボトルネックになっていることが多いです。

自らがボトルネックだと伝えていくことで自発的に行動をとろうとする社員を見ていて
思いました。
人の環境変化は自身の反省から始まります。

手段はそれぞれありますが手段はどうでもよく
その先にある行動の目的をしっかりと見据えて諦めることこそ
前へ進む健全たる経営に導かれていく思いますがいかがでしょうか・・・。









   

 

2019年06月11日(火)更新

東京店で販売予定商品の商談

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


9月にオープン予定の東京ショップに展開する弊社のタオルを
藤高社のオフィスを借りて藤高小夜子さんにも入っていただき
商談させていただきました。


こちらのショップには親友の奥さんも務めているのでご縁の大きい場所です。



女性の観点からカラーチョイスをしてくださった小夜ちゃん。
長く検討していた配色がある程度イメージが出来ました。


後は阿部ちゃんのスタッフのところでカラーネーミングをお願いして
染色にかけていく段取りです。

9月オープンまでには仕上げたいきたいと思います。






   

 

2019年06月01日(土)更新

育児応援!ワッフルガーゼおなかケット

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


今回のモデルとなってくださった赤ちゃんです。
本当に気持ちよさそうにお昼寝中。

これからの寝苦しい季節に快適な眠りをしてもらえるようにガーゼ生地の
ケットをご用意しました。

洗濯も便利で乾きやすいので一家に一枚あるといいですね。

お求めはこちら








   

2019年05月29日(水)更新

オーガニック糸の残糸タオルが出来ました。

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

今治タオルの生産において先晒先染加工の中で余分に糸を染めて作成します。
そのために生じる残糸の処分はタオルメーカーの中でどのようにするかはテーマでした。

同じ糸が揃わないため100枚枚織り上げても同じ柄にはならないので
商品としては販売価値が薄いという感覚があったのです。

しかしインターネットの普及により他業種でも様々な産物がが生まれたように
この残糸タオルも革命がおきました。
限定品・他に売ってない・オリジナル性が出てる・デザインがいいなどなど。
一気に注文が増えました。

作り手の常識からいえば処分糸だから拭けるという用途のみ
満足しているだけの価格の付け方でしたが拭くというお客様に喜んでいただける要素は
他には考えていなかったのです。

弊社はメーカーのリスクを消費者にしっかりと伝えていくことで
残糸タオルとしてネット販売のスタートを早期に行いました。
すると価格もお値打ちだということも伴い上記のような
レビューをたくさんいただきお客様にご評価をいただいたのです。

かわいい・もっと欲しい・色が違うのがいいなどなどです。



今回は同じ糸のオーガニック糸が大量に余ってしまいました。
これは珍しいことでストライプに糸を紡いで織らなくてもデザインを生かして
織ることができました。

しかし本来は残糸扱いになるため従来と同じお値打ち価格でのタオル単価で販売は
可能です。
残しておいても仕方のない糸ですから数量は限定枚数でしかご準備できないですが
見つかられたお客様はラッキーな買い物ではないでしょうか?

ウイスキーやワインと同じくビンテージ品や限定品は巡り合った際に良かったと
思いながら伝えたい人に提案することとバーのマスターによく教えていただきます。

まさに今回の今治製のオーガニック残糸タオルは珍しいです。
今後、出てくるかどうか分かりません。

そのためにこだわりを持たせるために表ガーゼの裏パイルにしております。

通常の市販価格で800円から1,000円の既製品価格でしょうが
残糸タオル価格のまま280円でご案内開始いたしました。

ぜひ、自分用にご家庭用にノベルティにとご活用くださいませ。
なお、数量限定のため売り切れ御免となっております。
予めご了承くださいませ。

お求めはこちら







   



 
«前へ
<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31