大きくする 標準 小さくする
前ページ 次ページ

2019年06月20日(木)更新

実践!社員の取り組み

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

社員が外部セミナーに行きだしてから様々な学びを実践しようと
してくれてます。


その一環に他のスタッフに相談してお客様にレターを入れるという内容があります。
新しく物事をスタートする際は人は億劫になってしまいますが
しっかりと説明することで社員への意気込みに応じようと
スタッフも協力的に取り組んでくれるようになりました!

経営者が親方日の丸でトップダウンで伝えても動かないことでも
社員同士が楽しみながら行うことで前へ進むことは意外と多いと思います。

よくある経営者像では経験から話をしてしまうことで
失敗を未然に防ごうとしたり圧力をかけてしまい企画の腰を折ってしまいがちです。

最終に責任を取ることがトップの役目であるという自覚を態度で示し
やりたいことをやれる環境にするように私は挑戦しています。

これは諦めるということです。

社員たちスタッフたちに対して諦める境地にいこうと考えるようになりました。

諦めるという言葉は世間では誤解を多く持たれていますが
漢和辞典で「諦」を調べると悪い意味はひとつもありません。

諦めるとは明らかにすることであり悟りを開くことだと書かれています。

まさに!  諦める!


取り組みの過程の真理・真髄を明らかにして本質を知ることで悟りを持ち
任せていくことこそが人の成長になると思えるようになりました。

諦めるとすべてがうまくいきます。


自分本位で経営をしてしまいお互いが息苦しい環境になるのは
経営者がボトルネックになっていることが多いです。

自らがボトルネックだと伝えていくことで自発的に行動をとろうとする社員を見ていて
思いました。
人の環境変化は自身の反省から始まります。

手段はそれぞれありますが手段はどうでもよく
その先にある行動の目的をしっかりと見据えて諦めることこそ
前へ進む健全たる経営に導かれていく思いますがいかがでしょうか・・・。









   

 

2019年06月19日(水)更新

第14回 タオルソムリエ資格試験

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。



今治タオル工業組合および今治商工会議所による
第14回 タオルソムリエ資格試験の受付を7月1日からスタートします。
(申し込み期限:7月31日)

タオルソムリエ資格試験は、タオルに関する「歴史」「文化」「技術」「製品」「顧客サービス」「ブランド」等多岐にわたり「タオルに関する習熟度」を認定する資格試験制度です。

認定により、日常生活の中で、身近な存在のタオルについて「正しく理解」し、その知識とスキルを活かして、
より良いタオル文化の普及につなげていただけるプロフェッショナルな人材を育成するとともに、全国に「タオル」の魅力を発信していくことを目的として実施します。

■ 試験日
2019年 9月12日(木)
■ 試験時間
14:00 ~ 15:30(入場は13:30から)
■ 受験票発送日
2019年 8月23日(金)
■ 合否発送日
2019年 9月27日(金)
■ 申込受付期間
2019年 7月1日(月)~ 7月31日(水)
※ 締め切り当日の消印有効。

 ■ 試験方法
択一方式 / 全50問(制限時間:1時間30分)
■ 出題範囲
テキストとして「タオルソムリエ教本」を販売します。
希望者は今治タオル工業組合(tel:0898-32-7000)までお問い合わせください。

注:テキストが変更していますので、これまでの「タオル読本」をお持ちの方は「タオルソムリエ教本」のご購入をお願いします。なお、試験問題は、主に「タオルソムリエ教本」から出題されます。

【 主な出題内容 】

    タオルの歴史
    タオルの製造過程・・・綿花からタオル製品が完成するまでの製造過程
    タオル関係用語・・・専門用語の理解
    タオルの種類・・・タオルの種類、用途、特徴
    タオルの流通・・・メーカーから消費者までの流通過程
    タオルをお客様にお勧めする方法(サービスの在り方)
    その他(テキスト以外からタオル関連問題が一部出題されることがあります)



タオルソムリエ資格試験の申込ダウンロード用紙はこちら



詳しくは組合まで










   

 

2019年06月18日(火)更新

電車のおもちゃ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

25年ほど前に電車好きの近所のおっちゃんが5歳の息子に
電車のおもちゃをくださった。



紐を引っ張るとぶるぶると震えて進む電車のぬいぐるみグッズである。
今はわが社の朝礼の際に緊張をほぐすために当番が握りしめて緊張をほぐるためにと
12年前からこのおもちゃんを使用している。

紐を引っ張ってももちろん動かなくなり絵柄は剥がれ落ちて手あかで
ボロボロだけど、交換しようという声がスタッフからも上がらないのは
愛着を感じているからであろう。

商品はいつからか汚くても少々痛んでいても剥げていても
捨てられない他の商品とは代えがたいものに成長していくものがある。

歴史を知り人間の思い出も商品に宿らせてしまうと
子供であれ大人であれ捨てることの選択肢は極端に少なくなる。

そんな代表格にタオルも位置付けられているとお客様の声をいただくと
感じる。
毎日使ってきたタオルを交換するのはなかなか忍び難い方も多いようだ。

私は人より物持ちがいいということで知られている。
小学校の給食で食べた献立のプリントも残っている。
それは母が大切に残してくれていたものから派生していつしか
思い出を大切にする慣習がついてしまった。
有難いことに商品ごとに私は過去へタイムスリップしては前を向いて生きていける。

過去を見る必要はないという方もいるしそれぞれだが私は
生きた過去を見て未来を見つめ創造し今を精一杯生きていくバランスが
性に合っているといえよう。

皆さんにとっても捨てがたい品は何かあるはずであろう。
その魂が宿った品にお礼をいうことで人生は楽しい方向へ向かうように思う。







   

2019年06月17日(月)更新

介護施設のリユースタオル活用方法

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

皆さんの善意で届けられるリユースタオルを介護施設へ依頼を受けて
お送りさせていただいております。
施設内で使用される主は汚物の始末ですが綺麗なタオル類は
別雄用途でも活用くださっています。


利用者の方が縫製されて雑巾。


入浴時のバスタオルとして


職員さんも雑巾を作成されている様子です。


入浴時の足マットに一人に一枚使用、清潔を保っています。


ベッド柵カバーとして
入眠中にベッド柵に当たり、傷等を作る事があり、カバーで保護されるそうです。


様々な活用方法をいただき感謝です。







   

2019年06月16日(日)更新

白鳥君来社

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

経営者の勉強会で仲良くなった白鳥君。 しらとりとは読まないで
はくちょうという苗字の白鳥君は自らの持ち物はひとつのカバンのみで
生活ができるといいコンサル業を営む際には委託者は金が無いから頼むので
お金ではなくクライアントの商品と交換するというスタイルであるため
靴もシャツもカバンも車も全部コンサルしたクライアントさんのものだと
言ってました。


そんな彼も同じ勉強会の仲間を通じて一緒に仕事をするようになり
ステイタスが上がったのかお金で対価をいただくスタイルに変更し
自らが買ったジャケットを着て本日は弊社の会社を見学に来られました。

仲間になった会社へ実際に行き自身にインプットアウトプットさせながら
コンサルをしていくことにしているそうです。

以前の私が通ってきた同じような生き方を見ているようで応援したい気持ちで
弊社の取り組みで伝えられることはすべて見てもらいました。

今は自らをコンサルタントとは言わずアクセラレータ(加速請負人)という言葉で自分を表現していこうと
しています。


気づけば昼から夜までずっと弊社に居てくれました。
私がお世話になった方々も思い返せばこのように接してくれてたと思います。
自然と私が白鳥君にできるようになれたのも皆さんのおかげと感じるいい機会になりました。



またおいでね。







   
 
«前へ 次へ»
<<  2019年6月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30