大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年09月15日(日)更新

AND SOUND に縁者訪問感謝

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


昨日オープンした都立大学駅前のギャラリーAND SOUND


タオルメーカーの藤高社さんからもお祝いのお花をいただきました。
ありがとうございます。



またフェイスブックの告知を見て久しぶりに会うことになる論田さんが
駆け付けてくださいました。

彼女とは2014年11月01日アクティブブレインセミナーに参加しているブログが
残っています。それ以来の再会ですから実に5年弱ぶりです。

たくさんのタオルをお買い求めくださいました。


ヨガをやっている彼女とヨガポーズで記念撮影。

わざわざお越しくださるつながりを大切にこの場がさらに
広まっていくよう努めていきたいと思います。




AND SOUND
‪〒152-0031‬
‪東京都目黒区中根1丁目5番2号‬
TEL ‪03-6421-1560‬

 

2019年09月14日(土)更新

AND SOUND 都立大学駅前にオープン

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。





ご縁がつながり東京都立大学駅から歩いて2分の立地に

弊社のタオルを置かせていただくことになりました。





16名のクリエイターの作品を揃え地域のコミニティースペースとして

本日オープンされたAND SOUNDさん。





弊社のタオルはこれからネット通販でも販売を開始する新作の

オリジナルカラータオルが一足先にお目見えしてます。







ヒト、モノ、コトを挟んで絆を作るがテーマにしたオーナーのこだわりが

店名に表現されています。































オープンスペースでイベントがされたい方も活用できるようになってます。

何か会議、即売会、講演やプレゼンされたいよって使いたい方は

ご相談ください。







お近くへお越しの際はぜひ、お求めいただけましたら幸いです。





AND SOUND

‪〒152-0031‬

‪東京都目黒区中根1丁目5番2号‬

TEL ‪03-6421-1560‬









 

2019年09月13日(金)更新

第17回グッドエイジャー賞

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

GOOD AGING OF THE YEAR 2019
第17回グッドエイジャー賞受賞者とMFUマイスター《技術遺産》認定者の
方々が下記の素晴らしい皆様になられます。


●第17回グッドエイジャー賞 受賞者
小林 幸子(歌手)
伊東 四朗(喜劇役者)
菊池 和子(「きくち体操」創始者)
岡崎 成実(DR.C医薬株式会社 代表取締役・開発者)
久保利 英明(日比谷パーク法律事務所 代表弁護士)
農口 尚彦(株式会社農口尚彦研究所 杜氏)
松尾 憲久(マツオインターナショナル株式会社 代表取締役社長)



MFUマイスター《技術遺産》認定者
渡邉文雄(東和毛織株式会社)
横山宗生(株式会社マイモード)

 敬称略

受賞の皆様、おめでとうございます。

昨年私がマイスター認定を受けて早1年となります。
今年もご招待いただき改めて皆様の受賞されます姿を見て
自身も認証に恥じない活動を続けて参りたいと思いました。







 

2019年09月12日(木)更新

パートスタッフさんのコーヒー焙煎が美味しい

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

弊社の永年お手伝いいただいているパートさんの息子さんが珈琲焙煎の
お店を今月オープンするために進めておられます。


本日見せていただいたメニューカードなるチラシは彼女のセンスが
たっぷり詰まった傑作。
普段からデザインセンスが高く色々と熱心に学ぼうとする姿勢をお持ちの
お母さんです。
息子さんと新たな屋代を持てるのはこの上ない幸せだろうなと
チラッしをも見ながらも感じます。

今日は社に焙煎して挽きたての豆でアイスコーヒーを持って来てくださいました。


そしてお豆の試飲も。
はじめてのお店で不安もあるでしょうが大きな楽しみの方が勝るショップにしてもらえればなって
応援しております。



 

2019年09月11日(水)更新

ご長寿タオルのデザイナーに御礼

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。



東京原宿Tokyo Fashion-technology Lab校のデザインアーチストの伊藤美映さんに
お会いしてきました。

本校を経営されている木内氏とはサラリーマン時代の同期であり
今回弊社の企画するご長寿タオルのデザインを学生に依頼できないかという
無理を聞いていただいたことにより実現しました。

伊藤さんの世界は素晴らしいの一言です。

彼女のデッサン帳を見せていただきました。
独特な等身大ならぬアニメちっくな作品は他校に在校中の際は
受け入れられないデザインであったそうです。

パステルカラーにどこに向かっているかさえ普通はわからないという
のが本音でしょう。


しかしTFL校へ転校して自身のデザインを貫通していくなかで
現在ラフォーレ原宿でショップを運営されるKOBINAIブランドの
アシスタントディレクターとして活躍されるまでになっているとのことです。

このファッションを見ても多様性の時代を感じますね・・・。

弊社の願いは現代の還暦以上のご長寿のお祝いに私は違和感がありました。
鶴や亀や花柄のデザインに赤いちゃんちゃんこの文化が若い現役のご長寿に
ふさわしいかという問いからスタートしてました。

できるだけ元気でユーモアあるお祝いをしてさしあげたいとう意味から
彼女のデザインセンスとマッチしたんです。

近々サイトオープンさせていただきます。





 
«前へ
<<  2019年9月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30