大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


仕事とは何か?何のために働くのか?

投稿日時:2019/06/26(水) 16:54rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

昨日珍しく長男も含めて帰宅後にドラマを一緒に観ました。
連ドラと言われるトレンディドラマというテレビは私はもう何年も
観ていないのですが最終回のタイトルに【人は何のために働くのか?】
となっていたため子供に(といっても間もなく二十歳ですが)
「何のために働くか分かる?」と聞いてみました。

私は会社を経営している中で
仕事と働くという言葉を使い分けているつもりです。

仕事とは何か? 幾度かこのブログにも書いたことがあると思いますが
事を仕える(つかえる)と書きつとめるという意味から
私は与えられたことを事をさせていただき成長させていただけるものと
捉えています。

では働くとはどういうことですか?と聞かれた際には
はたらくつまり【傍を楽にする】ことを定義にしています。

少し人とは違いますが胃の働きは粘膜の・・・なんてありますが
傍の臓器を自分を楽にするために働いていると変えてみると分かりやすいかもしれません。


人は一人では決して生きていけません。
一人が好きかとか一人の時間がないといけないという論を投じているのではなく
絶えず人(傍を)楽にするために何らかの作用をお互いにしていると考えるとどうでしょうか?
社会に貢献している姿が見えてくると思います。

働くとは周囲に感謝しながら自らが行うこと。

弊社の社員はパートさんが出勤する前にストーブをつけたりエアコンを付けて作業しやすいように
してくれてます。
すぐに皆さんが仕事が出来るようにと休み明けの月曜日は2時間前から働いてくれてます。

事を仕えるのと傍を楽にする仕事と働くの違いはここにあると思うのですが
いかがでしょうか?

傍を楽にするために働き甲斐が出てくると自らの与えられる、要求される、期待される
嫌な仕事として捉えるのではなくどのようにして働けば楽しく喜んでもらえ楽になるかを
創造できるのではないでしょうか?

職場の環境はそれぞれ業種によっても違います。
規模も違えば仕事の内容も異なって当然でしょう。
しかし傍を楽にしたいという気持ちがあることが今言われている働き方改革に抜けてしまっているように
思います。

ストレス社会と言われて長い日本の労働という枠に時間軸ではなく五感軸で生きることこそ
定めないとゆとりや自分の時間を大切にという言葉だけが独り歩きしてしまい
本来の働くという意味がごっそりと抜けたまま仕事という仕える(辛さと置き換えてみてください)
人が増えてしまうのではないか思うのです。

本来は何のために働いているのか? 

もう一度、問うことも大切かなって思います。

弊社の面接でも今後は何のために働くのですか?と聞いていこうと思います。







   



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年7月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い