大きくする 標準 小さくする

2019年05月10日(金)更新

阿部さんと京都探訪

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

東京で弊社のタオルの販売を一緒に手掛けてくださる阿部さんが京都へお越しになるということで
ご案内させていただく大役をいただきました。
食べログならぬ阿部ログで食レポを毎日ブログで紹介されている阿部さんを
ご案内するのは気を遣いますが普段通りの行きつけのお店をご紹介させていただきました。


まずは朝一番に予約しないと売り切れてしまうナカジマ小麦店さんの食パンを予約したので
京都駅から市バス205系行きで下賀茂神社を目指します。
バスに揺られること1時間。


世界遺産の下賀茂神社を抜けて糺の森を散歩いたします。
ゴールデンウイーク明けとあって普段より観光客も少なくゆったりとした時間を満喫いただきました。


使用の御朱印帳がちょうどいっぱいになられたこともあり令和元年最初の参拝に
御朱印帳に記されて満足いただけました。


京都の庶民感あふれる出町柳商店街を探索。


京都の銘菓として知られる阿闍梨餅さんの本店は並ばずしてホカホカの出来立てを召し上がっていただきました。
作り立てならではのおいしさは格別です。


河原町今出川まで京都の町を歩いていただきお連れさせていただいたのは
甘味処【みつばち】さん。


ここの杏子入りの白玉あんみつはとても美味しいんです。
黒蜜たっぷりに天草のかんてんをシタシタに浸して召し上がっていただきました。
情緒ある店内がレトロチックで京都ならではの雰囲気です。


バスに乗り継ぎ河原町の繁華街へ戻ります。
大通りから中へ入ると柳小路の路地裏に長屋をリメイクした場所がございます。


昼の13時から飲める場所として私の定位置がありそこで一献いたします。


朝採り生レバーが贅沢な大きさで絶妙の焼き加減で食べるのですが本当に美味しいんです。
立ち飲みですからリーズナブルなのも人気の秘密でここもいつもは満員なのですが
連休明けで大将とゆっくりとお話ししながら楽しみました。


路地を抜けて大阪のなんば花月の横では長蛇の列であるたこ焼きわなかさんが
京都にも進出。


とろっとろの出汁のきいたたこ焼きを二人で一船頼んで缶ビール1本で再び乾杯。
二階席は1時間仕事も途中にしながら貸し切りでした。



天気が気持ちいい気候となったので鴨川へ降りて床をみながら四条を歩きます。
食べた分、しっかりと運動を兼ねて優雅な時間を観光気分も入れながら探索いたしました。



花見小路を抜けてご案内したのは建仁寺さん。
大きな庭の前でくつろぐと時間を忘れしまうほど素晴らしい場所です。
東京にはないねっと阿部さんも大満足でした。


800年の歴史の建築物に合掌しながら食事会場に向かいました。



接待の会場としてご案内したのは京都もち料理【きた村】さん。
木屋町の老舗もち懐石のお店です。
大将の北村さんには来月宮城県南三陸で講演もお願いしておりますので
打ち合わせも兼ねて寄せていただきました。


最初から圧巻のパフォーマンスで阿部さんは大満足いただきました。
中でも大将の創作料理が続く中、旬のタケノコのカツサンドには歯ごたえに香りも広がり
最高に美味しかったです。




そして今日は滋賀の事務所まで来ていただきタオル談義。


唐崎の松も観ていただきました。

さてさて、楽しいつきあいはまだまだ続きそうです。














   
<<  2019年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31