大きくする 標準 小さくする

2019年03月04日(月)更新

Googleとパソコン管理

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

愛用品というカテゴリーに入れても不思議ではないくらいに
私のPC環境やスマホ環境はすべてアプリやアプリケーションソフトで成り立っている。

以前はフロッピーやUSBなどのデータ移行もしていたが今は
すべてcloud上にアップしたり同じログインIDで管理したパソコンやスマホへ
写真や書類やデザインデータまで移行が簡単にできるようになっている。

友達の管理や名刺管理やスケージュールもムービー動画作成も一元管理できることで
個人単位でも社内単位でも家族単位でも選択を変えることも可能である。

もはや閉ざされた環境とオープンな環境の境目はIDとパスワードによって
簡単に操作一つでできる時代になってしまった。

特にグーグル社のアプリは秀逸でどうしてもそこに頼ってしまうため
ビッグデータがなくなってしまうことを思うとバックアップも余念がない。

半面、デジタル化されたことで思い出がひっぱりだせないことがある。
それは写真やカセットテープのように形にないものである。

先日親戚のねーさんから送られてきたデータは昔の私たちの写真。

形にあるものをふとした拍子に見つけてしまうことはある。
しかし毎日のように仕事もプライベートも境無く写真をスマホで撮るようになった今
データは膨大にあるがすべてはcloudにアップされて手元に無いため
必要を要しない限り見直すことはない。

音楽も含めその瞬間にオーディオ機に差し込んだ風景や車の様子や
人物までリアルに特定できることがデジタル音源のpodから流れるシーンに
過去のシーンをなぞらえることが難しいくなっている。

便利さを追求していく中で今の子供たちはそのアナログ感を知る機会さえない。
電話のダイアルの回し方も手紙の住所の書き方も知らない。

時代はめぐるといわれ懐かしい商品がヒットすることもあり今はラジカセが小さな
ブームという声も聞く。

平成がまもなく終わり新たな元号の年になった時代の子供たちが
昭和に生きた私たちに対してどのように接してもらえるのだろうか・・・?

そんなことを思っている気持ちもこのブログというデジタルのログに書き込み
何十年後にも見直せることができるのかもしれない。

早くも手のひらサイズとなってパソコンが不要といわれてきた。
ウェアラブルコンピュータの時代も目の前だ。

さ、自分に問う。 受け容れながら明日を楽しもうと。


 


赤の極み【GEN)】タオル 好評発売中


ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!

<<  2019年3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31