大きくする 標準 小さくする
前ページ

2019年05月19日(日)更新

純洋酒喫茶 ・碧空

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

「台湾料理でも食べに行きましょう」と地元経営者にお誘いを受けて
今治駅界隈を育った幼稚園などを通り過ぎ道すがらの歴史を伺っていると
突如現れたゲート。


その奥に灯りが見えているが昭和の香りがここから感じずにはいられない。


純洋酒喫茶 ・碧空とあるが飲茶・台湾料理の老舗だということで中に入らせていただいた。


今は2度と作れないであろう桜の木作りの重厚な椅子に座りながらまずは料理の前に
手渡されるおしぼりを写真に収める。
目の前にはサントリーの歴史を感じさせるトレー(皿)缶のレプリカが並び
台湾の街並みが写真で紹介されている。

「ここのお店ののれんは何年になるんですか?」
と訪ねた一言をきっかけにこちらから話を進めることもないままに蝶ネクタイのマスターが奥さんと
掛け合い漫才のようにこのお店の歴史を語り出してくださった。


ここは以前は赤線地帯であって来年で70周年になりますということ。
かつて亡くなった創業者である父の遺志を引き継ぎやりだしたこと。
当時からメニューの価格はほとんど変わってないこと。
先代はは台湾出身の方で、蒋介石の下で働いていたという人物でハイボールをこの地で始めた方であるということ
などなど歴史の深さに驚きながら箸を進めていくことになる。


ダッチコーヒーの器具の目の前に座りながら喫茶の雰囲気も残すがマスター曰くはBARであり
本格台湾料理屋である。

仕込む餃子は舌を乱さぬように丹念に仕込みその他料理も自身で作り上げるというこだわり。

餃子に春巻きに腸詰めのソーセージにトロトロの老肉(ロバ)までどれを食べても美味しい。
そしてフィンガーで注ぐストレートウイスキーはグラスなみなみで昔からこのスタイルだというから
粋なものだ。


写真撮影は人物以外は大丈夫ということであったがマスターとママを遠目に撮影許可をいただいた。
本当に気さくな人柄で初めてきた私にも優しい。


ここのお店がどんなところだったのかをネットで調べようとして検索して出会う記事は
みなさん昭和の良きお店を回っているファンが多い。
そういう私もこの年になってきて
足を踏み入れる全国のお店は戦前戦後の老舗として残っているお店へ行くことが増えている。

そこに感じるノスタルジーとその場所の意味深い存在に酔いしれたい自分がいるのだと
改めて思う。


サントリー社の重厚な扉に又来ることを近いお店を後にした。

永くお付き合いできますように・・・。 ごちそうさまでした。








   

 

2019年05月18日(土)更新

旧宮崎タオル工場へ

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。





その昔、愛媛県朝倉村の山をダム作成を行われた際に赤土を必要とし拓けた敷地に

宮崎タオル創業者の祖父がこの地にタオル工場を建てられたという。





30年前まではここでタオルを製織し繁盛工場として経営をしてきたが

今は閉鎖し貸し倉庫として他社さんに任せているらしいが敷地には毎朝草刈りに来ているという

陽平さんに案内いただき歴史あるタオルの話や街の話を伺う機会をいただいた。





広大な山の敷地を一人で昨年より農機具や芝刈り機を買って山の中も伐採しながら

息を吹き返そうとしている。





頂上から見る景色は田舎暮らしに憧れる人にはなんと清々しいかといえる絶景であろう。

私も幼き頃は山に入りこのような景色を眺めていた記憶が蘇る。





コーヒーでも入れますわいっと土塀や地べたを剥がした小屋に入ると普段、ここで

休憩している陽平さんの空間に案内いただいた。

水も電気も通っていないこの場所で焚き火をしながら優雅が時間をつくることほど

贅沢なことはない。





コーヒーの生豆を買って土鍋で燻して豆を挽く。







少々大雑把な味の豆もこの景色で飲むと本当に美味しかったな・・・・。



たまに人が上がってくるがほとんど一人での時間になってしまい寂しくも感じるという

陽平さん。



しかしご先祖の土地を守り手入れすることで様々な恩恵を受けていかれるのは

間違い無いであろう。

誰もができそうでできないこと。



次回はここにお気に入りの本を持ってきて読む時間を作りたいな。



素敵な場所のご案内ありがとうございました。















   

2019年05月17日(金)更新

令和初のタオル産地訪問

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

令和元年、初のタオル産地である今治へ寄せていただき
お礼参りをしております。
今回は新しい取り組みをされている老舗タオルメーカーさんを中心に
訪問させていただくよう少しハードスケージュールでご訪問させていただきました。


今治タオル工業組さんにご挨拶させていただいた後に今治タオルのショップを訪問させていただき
現在の各メーカーさんの新作商品を拝見させていただき市場の動向とものづくりの
方向性をタオルソムリエとして把握させていただいてきました。


新社屋を昨年に完成された丸栄タオル社には実に6年ぶりに訪問するというお詫びと日頃の感謝を
お伝えに訪問させていただき最先端の設備を社長自らご案内してくださり
夜は一緒に一献交じあえる時間を設けていただきました。


100周年を期に社屋の改装と展示ルームのリニューアルをされた藤高社にも寄せていただき
日頃の感謝と新たな実案にむけての打ち合わせをさせていただきました。


いつもお世話になっている江原さんにはタオルのカッティング工場を見せていただく機会を
いただきタオルの裁断機を初めて知りました。

タオル産地の取り組みの進化と歴史あるものづくりの奥深さを知ることで
普段扱わせていただくタオルにしっかりと価値をお伝えしながら先様にご案内できるよう
したいと新たに思った次第です。

タオルを通じて繋がっていることに感謝いたします。







   
 

2019年05月16日(木)更新

オレンジフェリー おれんじおおさかで初乗船

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

タオル産地今治へフェリーで出張に行くようになってから
お世話になっているオレンジフェリーさん。
昨年8月より新就航されてから新しくなった船体に乗船する機会に
恵まれず今回、初めて経験することができました。


船上内をご案内したいと思います。
以前はネット受付の場合も決済は当日の船上受付窓口に行ってから
現金のみの支払いだったのに対してネット決済ができるようになっています。


22時大阪南港出航ですが20時より乗船できるようになっております。
私はいつも社用車を乗せて行くので20時になると指示に従い駐車するのですが
東予港到着6時に際し1時間滞船できるシステムがあるのでいつも活用してから
ゆっくりと降船するようにしています。
そのため一般車と違い滞船する場合の駐車位置は異なります。


以前は駐車場からはエスカレーターでロビーに上がって行ったのですが
新しい船はエレベーターの変わってました。3階から4階ロビーに上がります。


エレベーターの扉が開くと新空間のロビーが見えます。


エントランスは広く高級客船のイメージを膨らませる船内。


私はいつも2等室の大部屋を予約しているのですが今回は大部屋が無く個室のシングルルームと
いう部屋設定に変化しています。
シングルは5階へと上がります。


各客室へ向かう通路です。綺麗ですね。


客室表示板に従い私はシングルの55の扉を向かいました。


55の中にまた通路があり通路を挟んでシングルルームが区切られています。


以前の2等室はこんな感じでした。


今回は個室になって扉で区分けされていて完全プライベート化されていました。
電源も以前は数カ所しかなかったですがミラーと電源とイスにスリッパと各部屋に用意されていますので
快適です。
また館内放送の音量も各部屋で調整可能ですが空調温度は操作はできませんでした。



フェリーの楽しみであったあおさうどんでしたが定番から外されてなかったのが残念・・・。


それでもこれから続く長旅の中で一人祝杯の時間は格別です。
アルコールはレストランと別に以前は営業していましたが今回から同じ場所での
販売となっておりアルコールの自動販売機の設置もなくなっていました。

大浴場に入った後に室内でワインを買って飲みながら時間をくつろぐことは
可能でしたので販売22時30分までにアルコールは求めておくのがいいかと
思います。

wi-fi環境はフェリー内は以前と同様つながりにくいです。



2008年に初めてオレンジフェリーに乗船した時の写真が出てきました。
当時の2等船室ではテレビが設置してあり部屋も一人貸切ではしゃいでいたのを
覚えています。
また多数の人と頭をつきあわせて就寝した思い出もあります。

進化していくフェリーにこれからもお世話になりたいと思います。







   

2019年05月15日(水)更新

タオル推進委員会 会議

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。





3年目を迎えたタオルの日推進委員会の会議が4月29に以降初めて開催されました。



一年目の広報活動から二年目は周知活動を含めた参加型のSNSの活動やホームページの

タオル知識の充実を図るなどしてまいりました。

反省も含めて参加者11名が意見を出し合いながら2020年4月29日までの計画を出せていけるよう

進めてまいります。



組織だからこそ社会性がある公平ある活動を通じて皆さんにタオルを通じて

コミュニケーションできるよう努めてまいりたいと思っています。



タオルの日ってどういう意味?という問い合わせにお応えできる仕組みつくりが

今年のテーマです。



引き続きよろしくお願いいたします。



























   
«前へ
<<  2019年5月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31