大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


買う理由作り

投稿日時:2018/12/05(水) 17:13rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

よく社員やスタッフにもそして講演させていただく際にも
ブランドとは買う理由作りであると話す機会を設けている。

小学校の修学旅行でお伊勢さんに行き
お土産ものを買う夜の街で
お土産物屋さんのおばちゃんに安くしておくねっと優しくしてもらいながら
お得感満載で家の家族へ土産を自慢げに広げた記憶がある。

関西と言えば値切り文化。いくら値切ったかが自慢だ。
 (関東はいかに定価で高いものを買えたかが自慢)
買い物先で値段交渉は買い物の楽しみでもある方も多いかもしれない。

私は大人になって商品を買う際に店先の方に価格は聞いても値切ることは少なくなった。
価格は買う理由にはなるがそこには商品価値に対しての自らの向き合う姿勢を
示せていない。

私は最近よくスーパーや商店街や露店や百貨店でも商品以上のものを
サービスでいただくことがある。
決してサービスしてよとは言ったからではない。
また店員さんも誰彼構わずサービスしているとは思えない。
そんなことをしていたら損するばかりだ。

逆に私も同じようにお客様に向き合う際にサービスをする方とそうでないかたも
ある。

ではなぜサービスする方とそうでない方がいるのか・・・?

商売はそこに人と人の行き交う金銭以外の流通があると思える。

今日も得意先様への配達で滋賀の琵琶湖のほとりを1周した。
久しぶりにハンドルを握り半日かけて営業に出かけたのだ。

夕暮れの湖岸で以前に家族でおいしいと評判になった鮎の甘露煮のお店の本店を偶然見つけたので
立ち寄った。


すると鮎の甘露煮を買ってお店を出る前に賞味期限が近くて申し訳ないが
「●●(有名店)で出しているドーナツなんだけど頂いて」と
サービスでくださった。初対面の店主さん。

初めて本店へ行ったのだが店主と仲良くなってまた来ますねっとお礼を言って帰路に向かう。
少しばかりのドーナツのサービスであっても心がウキウキするのは伝わっていただけるであろうか。

私はそういうお店には必ず次も行くし皆さんを連れて行くし案内もさせていただく。
もちろん行けばこのお店がドーナツをサービスしてくれるよという口コミをするのではなく
心がある店主さんから買いたいと思うからに過ぎない。
サービスを今後も求めているのではなくその人から買いたいという理由が
こころに直結するからなのだ。

買う理由作りは『心』であれば浮気はしない。

そのお店の方と仲良くなれるのは多分私は永年の経験と性格上、向いているのだと感じる。
私と同じようなタイプの方といると共通点があるのでわかるようになってきた。
その方も必ずといっていいほどそれ以上のサービスを受けたり名前で呼ばれるようになっていたり
完全にお店の方と身内化してしまっている。


なぜ、私にそのドーナツをくださるのか? なぜ身内化できるのか・・・?

それは相手を褒めるということが原点にある。
気持ちよく接していただいている方には私はうれしいと素直に褒める。
教えてくださって褒める。紹介してくださるから褒める。
いい対応してくださりありがとうとお礼をいう。
さらにその方の名札があれば名前で褒める。完全に店を出る際には他人ではなくなってる。

その方から買いたいと思えば私は商品もさることながら人から買うことに
満足を得ることの方がこの年になればうれしい。

食事をする場所の人も服を買う人も電気製品を買う人も
商店街のお店も全部、私は身内化した方がいる。
その人のところへ行けば顔見知りで名前を呼びあえる。
多分昔は全部そんな感じだったんであろう。 みんな家族のようなもの。
おかえりの声が待ってる安心感ほどうれしいものはない。

今や全国、枝豆ができてきたら連絡がある。
トマトが獲れたら連絡がある。魚が入ったとしても宿が空いても
生地が入ったとさまざまな縁者から連絡がある。
時には無理を聞いてくださる方もいる。

ありがたいことにすべて満足を得るサービスを価格以上に得ることができる。

人は褒めてもらい喜びが深いほどそれ以上のほどこしをしたいと思う。
最初は褒めて知り合う中でも気心がしれれば駄目なものも言い合える仲になるし
けんかもできる。

人によってはそれが面倒だからしないという方も多い。
今は個の時間やネットで空気の行き交いだけのモノの流通を楽しむ人が多いようだ。

それはそれで否定はしないしそれぞれだからありがたみの違いということだ。

しかし社員スタッフには経営者として私の生き方を伝える立場にいる。
弊社がネット通販業もする中でその買う理由作りを抜かしてしまっては
永続的な縁者が広がらないと危惧しながら経営をして全員に共有する時間を持つようにする。


高速化・利便性・価格の中にすべての価値を求めるのではなく
相手と感じる間(ま)こそがそこで買う理由になるのではないか・・・と。


 


赤の極み【GEN)】タオル 好評発売中


ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト 


 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
a8670e72a13f81e9b7ebb296f347d2fd.png?1544750934
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い