大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


タオルの綿からタオルまでの工程

投稿日時:2018/11/22(木) 15:15rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

タオルはとてつもなく多数の工程を踏まえて完成する。
どれだけの人と時間を要しているかを理解するのはなかなか難しい。
生活に欠かせないタオルを如何にして消費者のところへ届いているかを
お伝えする意味で工場に協力をいただいた。

相当な工程のため簡単な説明ではあるが写真を添えることで理解していただけると
思っている。

綿はほぼ海外から輸入され開俵された原綿は空気を含ませるために工場でしばらく寝かしておく。


1俵(230kg)を30俵を混打綿機に入れて綿を混ぜ合わせる。
いわゆるウイスキーで言うブレンダーの仕事である。
混綿することで同じ品質に保つことが要される。


約12時間かかり混打された綿糸はスライバー工程へ移り細いロープ状に仕上がっていく。
綿繊維のムラをなくす重要な工程でもある。



スライバーに仕上げたドラム缶( cans(ケンス))の容器を移動させて今度は粗紡工程へ移る。



粗紡機に掛けられた糸は粗糸として大きめのボビンに巻き上がられていく。


綺麗に巻き上がられた粗糸は紡績工程の中で技術がそれぞれに違う精紡工程へと移る。



タオルの撚り回転や番手や双糸・単糸というのはこの段階で決定される。


巻き上げられた管糸をチーズと言い染色にしたり生糸のまま使用するなどここで
工程が分かれて糸自身の使い道が決まっていく。



途中でコーマ糸にするためにコーマ糸専用機にかけられる工程の糸もある。


写真のようなローラーを回すことで強度のある糸に仕上げるのである。


糸加工にはさまざまであるがここでは染色、または糊付や乾燥まで仕上げる工程を紹介したい。



タオルの製作ロットによって染色釜の大きさも高さも違う。


手前が染色前のきなりの生糸で奥が染色を終えた染め糸となる。


ロットの少ない糸の場合は染色と糊抜きと乾燥は分けて行うこともあるが
小ロットであると価格が割高になるのはそのためでもある。



製織されていくタオルの前に大事な工程を整経という。


たくさんのチーズがクレールとよばれる台座に設置されている。


デザインとなるデータをもとに糸を通しタイコに巻いていく。


テンションを調整しながら巻いていくのは技術を要する作業である。



タイコに巻かれた糸は次に上糸と下糸に分けてビームに巻き返される。


上記写真クレーンで各織機に掛けられていく。



糸によっては先に糊抜き工程をする場合もある。これをサイジングという。


製織現場に戻る。タオルはジャガードという織機で織り上げていく。


織り上げていく生地はこのようにまた筒状の棒に巻かれていく。


タオルの色を付けた写真で解りやすく説明する。
織り上がり巻かれているタオルが手間に完成しているが
上の部分は上糸が織機にかかっているのが見ていただけるであろう。
ちなみにこちら側は織機の表にあたる。


織機の裏から上糸を見た写真である。


ヨコ糸を入れながら織り上げることでこのような模様のタオルが織り上がっていく。


ヨコ糸とは手間左にチーズのまま刺さっているのがヨコ糸である。


織り上がったタオルを縦に切っていく作業をするかしないかによって加工方法は変わっていく。


この加工はタオルのサイズに先に裁断していく工程である。


ローラー状のカッターのような刃でミミと呼ばれる縦部を裁断する。



洗いの工程でも糊付や染めや乾燥はロットやピース(1枚もの)や連続反物の違いなどにより
加工する釜が変わっている。


タオルが痛まないように細心の加工を行うために大量の水を使用することはご理解いただきたい。

上記の加工までで製錬漂白されたタオルは
プリントされるもの縫製されていく商品に分かれていく。


途中でプリント加工を要する場合はプリント工場でプリント代に設置されて
オリジナルプリントを施す。


ほとんどの場合は1枚切りされたピースタオルを赤外線の幅に職人があわせて
台座に設置する。


プリントされる色数ごとにレーンの色を分けて色ごとにプリントしていく。


完成したプリントタオルはそのまま乾燥機にかけて乾かしていく。


連続生地でプリントしたタオルはそのまま洗いと乾燥を一緒に行う場合もある。


この工程は染料プリントにはあるが顔料プリントには行わない。


製織・プリント加工を終えたタオルは縫製工場へ進む。



タオルの短い辺を通常ヘムといいそこにネームをミシンで縫い付ける。



縦切りされたミミの部分は専用耳巻きミシンで縫製されていく。


それぞれの縫い子さんが一生懸命に膨大な数量の縫製をこなしてくださる。


一部自動ヘム機を使用することもあるがタオル特有のヘムの幅が違ったりネームのサイズや
質が違うなど人的な仕事である部分が多く残されているのが課題でもある。



縫製が終わると次は検品加工の工程に移る。



ここでは最終デザインの汚れや糸飛びや縫製ミスなどを見分けて
シールや袋入れなどの加工を受ける。









あらゆる加工を終えてお客様のもとへ流通しているタオルとなる。


もちろんたくさんの水を使用するため工場排水へのチェックは厳しく品質検査を絶えず行い
安全に留意しながら衛生的なタオルへ仕上げているのはいうまでもない。

タオル1枚が完成するという作業は思った以上に大変なことだと理解していただけたのではないか。

自らがタオル屋さんの道を選んだのはこのすべての工程を知ったことで
この上ないタオル愛が人を通じて感じたからである。

タオルは自らを犠牲にして人や商品を綺麗に快適にそして優しく包んでくれる。

そんなタオルであるのはこの人々の多数の愛をもって誕生しているかだと
私は思っている。

 


赤の極み【GEN)】タオル 好評発売中


ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト 





 

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
4e32be8d169ce12a233051e85622105c.png?1544753496
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年12月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い