大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


キラキラ生きる 小室由歌利著

投稿日時:2018/06/30(土) 22:30rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。


生!由歌利(笑)ねーさんとあったのは2年前の2016年07月14日(木)台湾だった。

彼女の噂を知ってる私は壁もなく図々しいくらいに心を開いてくれるねーさんに

甘えるかのようにスニーカーを選んでもらったのが始まりである。

今年も同じ台湾の同じショップで厚かましくリュックを選んでもらっている。

 

ねーさんは買い物が好きでおしゃれでセンスがいいからすべて任せておけば

間違いないと私はいつもマネキンとなる。贅沢な話である。

 

ねーさんと普段の仕事場で一緒になることはないし年に数回しか会わないにも関わらず

会うといつも私を気にかけてくださる。

 

前回も私の初めての横浜の出張時のことを相談すると晩飯からランチの手配、ホテル選びまですべて

面倒を見てくれた。

ねーさんにしてみればやれやれって感じだろうがこれほど

人へ情を注ぎ込んでくださる人はまずいない。

だからすべてを委ねてしまう。

 

それは私に限ったことではない。

迷いが生じる隙間に意図も簡単に彼女は手を差し伸べる。

それが由歌利という女性の生きてきた中で身につけた感性なんだと

この本を紐解くとわかってくる。

 

私はひとりのユカリスト(今そう造語を作った)

ファンとして彼女に出会えたのは幸運である。

 

そんな彼女の本の出版。うれしい。おめでとうだ。

 

 


偶然にも前回の台湾の視察ツアーで一緒になった時に

本の表紙ができたと交差点で同じJOWWOW社の阪本氏と

うれしそうな顔で微笑んでいる由歌利ねーさんの写真を私は

納めていた。

 

 

そして予約していた本が届いた。

今回の本は世間でいう出版社を介さず自社であるJOWWOW社から

刊行された本である。

 

タイトルは『キラキラ生きる』

 

ねーさんらしいタイトルだ。

 

私は本が届いたらブログで書くねっと約束していた。

それがねーさんへの普段の恩返しであり正直に感想を伝えてこそ

の関係でありたいと思った。

 


まずは届いた本を見る前に

郵便局のスマートレター封筒に汚れ防止のビニール袋にマスキングテープで簡易に

留めただけの本に出版業界の簡素化がぬくもりを感じさせない・・・。

そんなことを

社員に話しながら少しな残念な気持ちを持ちながら本を開けながら

表紙に小さく「おめでとうっ」と言いながら1ページ目をめくる。


優しい手書きのメッセージカード。特別のサイン(笑)サプライズの瞬間!

 

ホスピタリティを持たせるためにJOYWOW社は出版業界に警鐘を鳴らしながら

出版部を立ち上げた経緯があることを知っている。

JOYWOW社にとって記念すべき本がこのキラキラ生きるのねーさんの本と

なっているからみんなへの感謝の気持ちがねーさんから伝わってくる。

今、旬の言葉を使えば半端ないっって。

 

 

もう一度、おめでとうと言いながら私は一気に彼女の世界へ

入って行った。

 

本は自分のDNAを兼ね備えた子供のようなもの。

その本に自分を包み隠さずオープンにすることで

生きているみんなが悩みや苦しみを手放す勇気と

それでいいんだと肯定する生き方になれるようにと

願いを込めてねーさんが書き記していく中身は

時には私自身の感情を抑えることができず涙する章もいくつかあった。

または言葉では表現しにくいが知ってしまうには痛すぎるという章もでてくる。

読み応えは十分にある222ページになっている。

 

 

5章 過去の家族のこと

という項目になると一気に彼女の心がローからセカンドを越して

トップギアに入って行く・・・。

 

そう、自身のお母様、歌子さんの章である。

 

Facebookで繋がっている中で本の出版前に

このお母さんのセピア写真が投稿に載っていたので

素敵なご家族なんだろうなっと思っていた程度だったが

彼女の今があるのも歌子さんへの気落ち(ここではその言葉にとどめておく)

があったからなんだろうと感じる。

詳しくは本を読んでいただくとして

ふと、この章を読んでいる際に

何気に私宛にいただいたメッセージカードの末筆に由歌利という名前を見た。

 

自由と由と利他の心を持つ利の文字の間に

歌子さんの歌が文字を挟んで形成されていることに

はっと気づく・・・。

いただかれた名前にはいつまでも母が生きておられるから

その思いを忘れずに自分らしくキラキラと輝いているんだと

改めて思いながらこの章を読ませていただいた。

(個人的な見解でありご本人には全くをもって聞いていない)

 

さらに読み進めながら

私が個人的に心がキラキラさせていただいた章は

喫茶・虹の章である。

 

この章は由歌利ねーさんが高校の同窓会に行った出来事から

同窓生の生き様や自分の心のあり方をストレートに書き上げて

自分の人生を上書きしていく生き方の章である。

喫茶・虹は同級生といった喫茶店の名前。

(中身は本を読んでもらうことにしよう)

 

私も高校時代に深い環世界の更新があったため

卒業後は毎年のように感謝の気持ちをこめて

全学年の大同窓会の幹事長を私は永年努めさせていただいていた。

(今はそんな人やったん?っと言われるほどになっているが笑)

 

同窓会を開催していた際は同級生からは喜びや感謝の声も多かったが

人集めも苦労したし、そんなしても誰も行きたがらないと言われたりもして

徐々に幹事をすることが辛くなってきて一切色々な幹事もしなくなってしまったというのが

今の私の率直な気持ちである。

 

しかし幹事は大変だったがこの章に出てくる由歌利ねーさんが

感じた「由歌利に会いに来たの」という再会の心にツーンと沁みたという

感想があったり一夜を同じ時間の共有の中で生まれる

同窓会ならではの本来の本質に巡り合われている出来事を聞くと

私がしてきた同窓会の幹事もそれぞれの同級生の環世界の更新に役立てていたんだと今更ながら

自分を解放してやろうと思えた。

 

これが私がもしかしたらこの本でキラキラ生きる元の自分にさせてもらえるキモの

ところだったように思う。

自分を許してやろうと・・・。

(かといってこのブログも同級生が多数読んでくれているので

記載しておくが同窓会幹事をもう一度しようとは思わないからね。)

やはり正直に今は生きていたいし私には向いていないと自分が一番知っている。

 

この本はそれぞれの読者がキラキラ生きるためのスイッチを入れてくれるところが

詰まっている。

 

次の章は名も知れぬねーさんの娘さん。(彼女はムスメちゃんと書いておられる)

戦わない無敵の女性が母性という女性の中でしか生まれない見えない(もしくは見えすぎている)

愛の葛藤が素直に描かれていて可愛いい(失礼)

男性から見えば通常に見えることだけど可愛い由歌利ねーさんに会えるシーンである。

この章も数々の女性の背中を押すことであろう。

 

 

さ、読み終えた。

久しぶりに心を綺麗なスポンジで磨き上げた感じになる。

 

 

ぜひ、自分を見失ってしまいそうな感じで今を何気に生きていると

いう方がいれば一度手にしてほしい本である。

由歌利ねーさんがそっと背中を押してくださるはずだ。

 

そして由歌利ねーさんも一人の女性であり強いところも弱いところも

陰も陽も兼ね備えて私たちと一緒であるという部分もあるということに

私たちの目線まで降りてきて書いてくださっている。

私でも自分を一歩進めることができると教えてくださった。

 

ありがとうねーさん、

素晴らしい本でした。

 

 

 

追伸:

そうそう、私がねーさんに2度も言われたことがあるんです。

眉毛剃りなって!

今は美容院の方も何も言わないでも剃ってくれるようになりました(笑)

 

ありがとう。

 

 

 




【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中




ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】
オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト 

 

トラックバック一覧

コメント


げんちゃんからの大っきなエール、受け取りました!ありがとうっ😆😊😆❤️❤️✨

Posted by 由歌利 at 2018/06/30 23:28:05 PASS:

由歌利ねーさん、出版おめでとうございます!すべて起きてることはいいこと! 人生楽しみます。 感謝

Posted by 寺田 元 at 2018/07/03 18:06:09 PASS:
名前:
メールアドレス:
コメント:
ファイル
d0a4e6d8cfc2311cf18bf280878f22e8.png?1542454693
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2018年11月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い