大きくする 標準 小さくする


小室由歌利×佐久真一  2017トークライブ in Nagoya

投稿日時:2017/04/22(土) 23:54rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

201704222359_1.jpg
小室由歌利×佐久真一 2017トークライブ in Nagoya 
~信じよう、しなやかにね~
と題し「成長」をテーマについて語られました。


経営はアートだ! そう発したのは河合電器製作所社長である佐久さん。

その会社に11年前JOYWOW社のコンサルタント由歌利さんが引き受けた会社は社長と社員の亀裂は散々たるものであったと振り返られます。

社長である佐久さんがどのように変化しこれまでの会社に立て直していかれたのか!

お二人が本日皆さんの前で明らかにされました。
赤裸々な内容も社員も役員もいる中で裸になった佐久社長の生の声をみんなで噛みしめるように聞きました。

誰も信じられない。ちゃんとやっているのになぜ私の会社なのに私を受け入れてもらえないのかともがく日々が続いていたようです。

社員の意見も聞かず論破していく自分と社長の顔色ばかりを伺う社員の間はどんどん広がるばかり。

そんな自分を唯一強い綱として繋いでくれていたのは由歌利さんだったと振り返られます。
だけど当時はそんな由歌利さんの言葉にも疑いを持ち自分の考え方を変えられなかった佐久さんがおられたようです。

その挙句の果てが心の病となって現れ出します。
不眠障害、パニック障害…。

そこから一人でできないことを任せていく道を選ばれ出しました。

いくつもの教育費をかけての社員教育の場を増やし一緒に語り合う寄り添う会議や経営方針説明会などをはじめられます。
社員の気持ちが見えるとともに自らの心が解放されていく喜びを感じ出したことによって佐久さんは手放す勇気を手に入れられたのです。

発言したらいけないという空気から
発言してもいいのだという社長も喜びとやる気を会社に感じ出します。

社長対従業員が仲間になっていったと振り返られる佐久さんの素敵な笑顔。

200人全員嫌っていた。
言われたことをやることが正しいという製造業だったと誤解していた。
仕事は辛いもの休みのために楽しむという社員の考えはおかしいと思っていた社長の価値観が変わっていくことは聞く以上に心の変化が
なくてはならない。
それをいつもそばで由歌利さんはみておられた…。

なぜそのように変わっていったのか?
その質問にはほぼ記憶がないと佐久さんは言われます。それほど悩んでおられたのでしょう。

自らを振り返るにあたり佐久さん自らは、大変勉強家で著名経営者の昔の本を読んでガチガチになってリーダたるものを模範しようとされてきました。責任を取るのに思いどおりにならないのはどこが彼らと違うのかと疑問を持ちながら…。

今を思えば
自分が学んだことが邪魔して他を受け入れられないようになっていたのだと見つめ直されたのです。凄い!

頑張れば報われると思っていたことが頑張れば報われるかもしれないなんだということに徐々に気づいた時に頑張ることを手放されたことが心の解放に繋がられたのでしょう。

勉強したらいいというループにはまって抜けられなかった自分への終焉だったのです。

側から見たら痛々しくて怒った顔になってた社長は自分ではちゃんとしたいと思ってだけなのにそうは写ってなかったとも言われます。
辛い表情は表に出るものです。

痛点があるのでそこを突かれると10倍の反撃に出る。負の連鎖だったことも認められ、自分でそこを認めないといけないと気づかれたと言われ私は自らの経営にも置き換えながら聞いてました。

バカにされたくないからやろうとしていた。
上から見られると反抗したくなる。
それも先代の呪縛からちゃんすべきがあったことで自らを苦しめていたのでしょう。

みんなわかってほしいと思っているのにどう対応していいかわからない。

寝られなくなる。

その連鎖は私も経験をしてきてとても心に密接に響きながら振り返ってました。

由利里さんは物事は垢を出して広めないと沈静化しない。と。
どこまでもコンサルタントとして諦めず佐久さんに寄り添われたそうです。

それでもまだ心にゆとりの持てない3年前までは相手を喜ばせようという気持ちはなかった。
自分でいっぱいいっぱい。
自分に余裕がないと人に喜ばせられないことに気づけなかったそうです。

今自分の喜びは人が育つのが栄養源と言い切られました。
戦うことをやめた。

経営者と経営人が通じ合わないと会社はうまくいかない。
そういう意識が役員にも社員にも広がりを加速させ表彰されるまでになられたのです。

ここも響いたな…。
経営者が気づいていない大きな落とし穴は社員はスタッフは
処理能力は長けているが
新しいものを作ろうとすると無理だと理解してあげることだと由歌利さんが言われハッとしました。
アイデアを浮かばせるのは無理。
そのためには思考できる能力。考えられる力を作らなければならない。
そこには教育が必要だと言われます。
私は猛省するのです。
私は社員にもアイデアを求めて同じ土俵に考えていました。
行き渡る教育を受けてもらうこともせずにです。

私はセミナーいくと常にハッピーをいただいてかえります。
ありがたい!

最後のまとめの由歌利さんから佐久さんへの愛ある質問。

社員を教育するとはどう言うことか?

待つという姿勢でいること、と佐久さん。

ある程度経験を積めば人間は哲学が、ないといけないと思う。
それを持つことで考える力がついていくと補足される由歌利さん。

経営とはアート、
経営はツール。
世の中を、よくするのはあかん
周りいる人を豊かにすること。

愛とは?

肯定する力!

経営者とは?

そこにいるだけでオッケー。

万歳!おおきに!


【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】

オーダータオルもおまかせください!
オーダータオルもまかせたろサイト

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
da1d905a8b182b23a7b52f8063536d2d.png?1495543179
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2017年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い