大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


タオルを作る紡績工程 旭紡績社

投稿日時:2015/03/21(土) 16:15rss

こんにちは。【タオルはまかせたろ.com】タオルソムリエの寺田です。

海外から摘まれた綿花は商社を通じ世界から日本の紡績会社に集まる。


開俵された原綿は1俵で230kgで綿糸の種類ごとに採れた産地ごとに色も風合いも異なる。
背丈以上に詰まれた原綿は自然の空気をしばし含ませて待機する。


世界の綿花畑の大地の香りを放つ原綿にはまだ栽培時の綿カスや
枯れ葉などの夾雑物も混入しているのが分かる。 海を渡り優しいタオルになる前の自然の顔である。


旭紡績さんの原綿の輸入先はアメリカをはじめブラジル・メキシコ・オーストラリア・アルゼンチン
ギリシャ・ペルー・インドと北半球と南半球の栽培の異なる原綿を採用している。

どの商品も年間を通じて均等に使用するのが紡績会社の特徴である。
この均等に使用しいつでも同じ繊維に仕上げるのがプロの仕事なのである。



230kgの原綿10本を均等に混打綿機に入れて綿を混ぜ合わせる作業が第一工程である。
ここで原綿がある程度のごみが省かれ綿同士が混ざり合い均一化されていく。


混綿となった原綿はパイプラインをとおり梳綿(りゅうめん)工程機に降りてくる。


この梳綿機では上から降りてきた原綿を細いロープ状の形にそろえていく。


出てきたロープ状の形で写真向こうに見えるオレンジのcans(ケンス)とよぶ入れ物にらせん状に
巻いていく。 この状態の綿をスライバーと呼んでいる。


ケンスには約40kgのスライバーが入り8本のスライバーを8倍に伸ばす作業に移っていく。
この作業を連条工程と呼んでいる。
太細のムラのない綺麗なスライバーにしていくことで綿繊維の方向がある程度揃えられ平行になっていく。


スライバーの拡大写真だがロープ状になっているが糸になっているわけでなく
軽い力ですぐに引きちぎることができる。


巻き取られた糸に少しの撚りをかけてひも状にすると粗糸(そし)が完成する。
(写真は粗紡機表部)



(写真は粗紡機表部)
このボビンに粗糸が約2kg 長さ約2000mに巻かれて精紡工程に移っていく。


粗糸拡大写真


粗糸をさらに細く伸ばして撚りをかけて最終糸に仕上げる工程を精紡工程という。
写真装置の上の粗糸からリングを経由して下に管糸(かんし)として巻きつけられていく。
この方法をリング紡績という
管糸は約80g 長さ約1400mになる。


各紡績会社の特徴は精紡工程にあり1穴のコンパクト精紡をする旭紡績さんの
技術を工場長の許可を得てオープンにさせていただいた。




連条のスライバーから直接糸を作る工程を空気精紡という。
そのまま粗紡8倍に伸ばされたスライバーは約20kgのケンスに入れ替えられ空気精紡工程に移っていく。
(写真は空気精紡機裏部)


下のケンスの中に入ったスライバーが上に引っ張り上げられコーン状に巻きとっていく。
(写真は空気精紡機裏部)



旭紡績社の最新の空気精紡(オートコロ)の精紡機も見せていただいた。




最終精紡を終えた管糸を何本もあわせてチーズ(上記の巻き糸)となり検品を終えて
段ボール1箱に12個(8・24・18入りも可)出荷されていく。


上記が一連の紡績工程であるが
タオルの綿の毛羽落ちを極端に抑え一手間も二手間も加える工程をいくつかプラスしていくことも
ある。
下記の紹介はコーマ糸を作成する工程である。


スライバーからラップ状に巻き上げられた糸をコーマ糸専用機にかける。


機械のアップ写真であるがこの部分で綿糸を引っかきひっぱりくしをかけるようにとくことで
強度ある糸に仕上げ


出てきた均等のとれたスライバーを粗紡機にかけて巻いていく。
このひと手間を入れることでタオルは糸むらが少なく
毛羽が立ちの少ないタオルになっていく。







ご案内いただきました久山工場長(写真)ならびに藪内社長と営業の山本さんに
深く感謝いたします。






【タオルはまかせたろ.com】のビジネスはこのようにして誕生した!
寺田 元 処女作 好評発売中
201403091557_3.jpg
「売らない」から売れる!

ヨタヨタやけどお気に入り!
そこまで使ってほしいタオルがあります
【タオルはまかせたろ.com】



 

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

タオルオンリーの通販サイト     【タオルはまかせたろ.com】 http://www.makasetaro.com オリジナルタオル製作専門サイト http://www.e-towel.net/

詳細へ

個人プロフィール

地元滋賀に拠点を置き、217局ある郵政公社を全て配達する独自ビジネスを展開。2009年第1回ECショップホームページコンテスト・エビス準大賞 受賞2008年経済産業省認定 関西IT百撰優秀企業2008年タオルソムリエ資格認定2007年全省庁統一資格入札取得2006年日本初のブログによるタオルオ...

詳細へ

バックナンバー

<<  2019年3月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

コメント一覧

最新トラックバック

  • 「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」 from フレキシブルチューブ、ベローズの三元ラセン管工業株式会社 高嶋 博 社長の日記
    今朝は直行だったので、いつものように朝一番にブログを書くことが出来なくて、昼になってしまいました。 先日ブログデ紹介させていただいた、新刊書「会社を強くする習慣」の出版記念パーティーが天王寺都ホテルで「熊本復興支援チャリティー&出版記念感謝の夕べ」が開催され、招待を頂き出席してきました。 北は青森から南は沖縄まで全国から古芝会長さんから縁を頂いている方たちがお祝いに駆けつけて素晴らしい
  • 『本当にわかる地球科学』著者・鎌田浩毅氏 出版記念講演会のお知らせ from 酒井俊宏の「こんな社長さんに会ってきました!」
    このたびの熊本地震で被災された方に、心よりお見舞い申し上げます。 一刻も早く、もとの暮らしに戻れるように、ただただ願うばかりです。 今回は、弊社より『本当にわかる地球科学』を上梓(共著)されました、 京都大学教授・鎌田浩毅氏の講演会のご案内を申し上げます。 出版を記念しまして、鎌田先生のお膝元の、京都で講演会を開くこととなりました。 いうまでもなく、日本は火山列島
  • 経営者会報ブログに掲載していただきました! from チョコレート好き大学生の、おいしい優しい素晴らしいチョコレート
    授業でお世話になっている日本実業出版社の前川さんに、経営者会報ブログに掲載していただきました! 【学生・社会人との毎週一問百答】第274弾は「リズムを保つこと」について http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6&id=131 何度もトラックバック…
  • 旅すること from それでもチョコレートを食べたい!!~チョコレートの表と裏と~
    反応が遅くなってしまいましたが、 僕が受講している「ブログ起業論」でお世話になっている、日本実業出版社の経営者会報ブログの企画「学生・社会人との毎週一問百答」で、僕の質問を取り上げていただきました! http://editors.keikai.topblog.jp/blog_detail/blog_id=6…
  • レ・ミゼラブルと般若心経 from 株式会社創 eエヴァンジェリスト 村上 肇 の思考
    話題の映画、レ・ミゼラブルを観てきました(^^) 「Les Miserables(悲惨な人々)」は、私が書くまでもないですが、ヴィクトル・ユーゴー原作の歴史的小説、そして超大ヒットミュージカルの映画化。 19世紀のフランスを舞台に、徒刑囚のジャン・バルジャンが人としての正しい道を模索し、偉大なる聖人として生涯を終えるまでの物語である。 私は元々、ミュージカルは嫌い